目次へ
         神奈川県(9湯)
神奈川県

H18年1月15日入浴
施設名 野川温泉 王冠の湯   
源泉名 野川温泉王冠の湯
住所・電話 川崎市宮前区野川851 Tel:044-755-3939
アクセス 東急東横線の武蔵小杉駅、または東急田園都市線の鷺沼駅から車で約2〜30分
※送迎バスあり
営業時間 10:00〜翌9:00
※温泉入浴コースは10:00〜21:00
定休日 無休
料金 ■1日コース:[平日]大人1,500円、子ども800円
         [土日・祝日]大人1,700円、子ども800円(会員割引あり)
■天然温泉入浴コース(3時間まで):
 大人850円(会員750円)、子ども500円、幼児200円
泉質 ■泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性低温泉)
■源泉温度 30.2度 ■ph値 8.1 ■成分総計 3.712g/kg
効能 [一般適応症]神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進進
[泉質別適応性]きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
施設 内湯4(うち温泉は1箇所)、女湯に露天なし、男湯は露天風呂1、備品・ドライヤーあり
駐車場 建物の隣りに立体駐車場、裏手に大型車も可の平地駐車場あり。
元もと「クラウン健康センター 」と称していたが、近年温泉が湧出したため「野川温泉」という名称に変わったという。建物は、古い健康ランドの見本のような造りだ。てっぺんにパチンコ屋みたいな看板が乗っているのは、ひょっとしたら系列ということなのだろうか。
フロントで「温泉入浴コース」と告げて料金を支払う。健康ランドとして1日利用するには高いが、温泉だけの利用なら850円。ちょっと高いが、まずまず妥当な料金設定だ。バスタオルや館内着は付かず、ハンドタオルのみ手渡される。「ポイントカードをお作りしますか?」と聞かれたので、作ってもらった。
わたしと娘は女湯、長男は一人で男湯と、それぞれ別れての利用となった。後で聞くと、息子の方には露天風呂から流れるプールまであったという。男性優位の、典型的な昔ながらの入浴施設である。
女湯の方はジャグジー、ラドン風呂、イベント風呂などがいくつかあり、仕切られた薄暗い区画に温泉の浴槽が一つある。
この温泉がいかにも関東の黒湯という感じで、濃いコーヒー色。腕をこすると肌触りがヌルヌルする。匂いはかすかなモール臭と砂ぼこり臭。「新宿十二社天然温泉」とよく似ているが、モール臭と猛烈なぬるぬる感はあちらの方が優っているような気がする。
浴室の最も奥に白い彫像が置かれ、その下から加温されたお湯が注ぎ込まれている。三角形の浴槽から下の段の広い方にお湯が流れ落ち、さらに小さい排水口を経て掛け捨てられている。さらに、浴槽内のどこからか熱い湯が注入されているようだ。
浴槽の隅にはイルカの絵が描かれた箱形の機械が置かれている。なんのためのものかは不明だが、おそらく殺菌装置ではないだろうか。
まったくの循環ではないものの、お湯の一部を加熱循環していることは間違いないだろう。低温温泉なのでやむを得ないと思う。
それにしても浴室の薄暗さ、閉塞感はどうしようもない。男湯の方は露天風呂に温泉があるとのことで、羨ましい。ここは工事をして平等にするか、せめて日替わりで男女交代にするべきだろう。
ラベンダーの入浴剤入りのイベント風呂の他、本当にラドン物質が入っているかどうか大いに怪しいラドン風呂などがある。
シャンプー、ボディソープ、ボディタオルなどの備え付けがあり、化粧台には綿棒、化粧水なども置かれ、温泉施設としてはまずまずだろう。
神奈川県
施設名 有馬療養温泉   
住所・電話 神奈川県川崎市宮前区東有馬3-5-31  044-877-5643
アクセス 東名自動車道 川崎ICより車で15分
田園都市線鷺沼駅より東急バスか川崎市営バスで約5分。「中有馬」下車。
営業時間 11:00〜22:00(最終受付21:30)
定休日 水曜日
料金 大人 1,700円(2時間以内)、3時間以内は2,500円
泉質 ■単純炭酸鉄冷鉱泉  ■源泉温度 17度  ■ph6.7
効能 心臓神経症、神経痛、慢性関節と筋肉のリューマチ、婦人病、月経異常、不妊症、腸カタル、四十肩、痔、食欲不振、不眠症、神経衰弱、男子生殖器病、三叉神経痛、膝水たまり、打ち身、打撲、腰痛、火傷、痛み、しびれ、めまいを伴うむち打ち症等の後遺症、アトピー等
施設 ■男女別内湯各1、休憩所(ロビー)あり
■ボディソープ、リンスインシャンプーあり、ドライヤーあり
有馬温泉に行ってきた。といっても、太閤秀吉も入ったという、かの有名な有馬温泉ではない。兵庫県ではなく、神奈川県川崎市の有馬温泉である。
この有馬療養温泉の源泉自体は非常に古くからあるものだそうで、こんな言い伝えがある。

「天平10年(738年)に、のちの孝謙天皇である阿部内親王が病気になったおり、この療養泉で治療したところ病が癒え、以後、皇族がよく訪れるようになったという。のちに、源頼朝や北条時頼などの武将も、この湯で療養したと伝えれている」

またも孝謙天皇の登場である。実は山梨県の奈良田の里温泉「女帝の湯」にも、孝謙天皇が療養に訪れたという伝説があるのだ。「女帝の湯」を訪れたあと、興味を持って調べてみた。そのときの考察はこちら

それにしても鎌倉に住んでた源頼朝(※1)や北条時頼(※2)ならともなく、奈良から皇族がはるばる川崎にやってきたというのは、かなり信憑性に欠ける。と思うのは、わたしだけではないはずだ。

泉質は本家・有馬温泉「金の湯」と似た、不透明な茶褐色のにごり湯。他には伊香保温泉、くらぶち相間川温泉、まえばし駅前温泉、白寿の湯などが似た印象だ。

右奥のライオンの湯口から、透明で冷たい冷泉がちょろちょろと注がれている。下にそれを受ける金物製のコップが置かれている。一緒になった女性によると、今日はたくさん出ている方だと言う。
飲んでみると、鉄の味が口いっぱいに広がる。他の味に関しては、あまり感知できなかった。ただ鉄の味しかしない冷たい水で、匂いもほとんど感じなかった。

浴槽から5センチくらいの所で水位がとどまっており、それ以上あがってくることはない。だから掛け流しにはなっていない。加熱されたお湯が浴槽内のどこからか出ているようだ。お湯かさが増えて溢れる前に、ライオンから出る冷泉が止められちゃうと、先の女性は言う。また、洗面器に冷泉を溜めておいたり、ペットボトルで持ち帰ろうとするのを経営サイドに発見されると、怒られるそうだ。
お湯の湧出量が減っているので、最近は販売も止めてしまっているという。危機的状況なのだろうか。心配である。

ところで最初の受付のところで飲泉用プラコップを渡されるのだが、そこには入浴時間から2時間後の時間がマジックで書かれるという話だ。なんだか検尿コップみたいで妙な感じ。
それを手に湯舟を出たり入ったりしながら、しばし時を過ごす。
湯舟のヘリに腰掛けていると、肩から腕にびっしりと玉のような汗が浮かぶ。泉温は40度ちょうど。さほど熱い温度ではないのだが、非常に汗をかく。

(※1)「いい国くつろう鎌倉幕府」でおなじみ、鎌倉幕府を開いた初代将軍。
(※2)鎌倉幕府第五代執権。NHK大河ドラマで主役となった北条時宗のお父さん。
神奈川県

ただし加熱循環していそう
施設名 綱島ラジウム温泉東京園     
源泉名 横浜温泉(東京園源泉)
住所・電話 横浜市港北区綱島1-8-11  045-531-0003
アクセス 第三京浜 都筑ICより約20分
営業時間 10:00〜20:45
定休日 年末年始
料金 10:00〜17:00 800円(1時間以内で入浴の場合は、後で410円が返金される)
18:00〜20:30 600円
泉質 ナトリウム・炭酸水素塩泉(純重曹泉、弱アルカリ性低張性冷鉱泉)/源泉18℃/ph7.9
成分総計1750r(1kg中)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施設 男女別内湯2、リンスインシャンプー・ボディソープあり、ドライヤーあり、休憩所あり(食事は17時まで)
横浜市にある実家から車で20分ほどのところにある、東急東横線 綱島駅近くの日帰り温泉。綱島といえば、中学生の頃、学校帰りに綱島行きのバスに乗り、親に内緒で松本零士の漫画を買いに行った思い出の地だ。小学生の頃は親と毎週のように綱島のスーパーに買い物に行っていたものだが、まさかそんなところにこういう温泉があるとは思いもしなかった。
HPで事前にリサーチをしてから、夜、二人の子どもをつれて実家を出発。昔ながらの細い街道筋なので、駅前は車の渋滞がひどい。
東京園は黄色い目立つ建物で、綱島街道沿いに建つ。専用駐車場はないが、隣りに大きな有料駐車場がある。ぱっと見には、ボーリング場かスポーツ施設のような外観だ。入って右側に受付があり、そこで料金を支払う。一段高くなっただけの休憩所を右に見ながら通路を進むが、どうにも温泉という雰囲気が感じられない。やっぱりボーリング場とかスポーツ施設のような、ガランとした印象だ。
脱衣所は横長に広く、浴室はガラス張りになっている。円形の浴槽が中央にあり、壁に面して洗い場がずらりと並んでいる。想像以上に大規模な印象で、人も多い。壁はタイル張りで、なんともサイケで奇抜な色合い。
コーヒーか醤油のように真っ黒なお湯で、透明度は10センチもない。匂いはほとんどしないが、非加熱源泉は土のような香り。冷鉱泉なので沸かしだ
が、いちおう掛け流されているようだ。ただ、加熱循環をしているのではないかと思う。
浴槽の出入りする箇所に蛇口があり、ひねると冷たい源泉が出る。舐めてみるが、ほとんど味はない。
奥に冷たい源泉浴槽があり、「足だけでも効果があります」と書かれている。加熱浴槽が熱めですぐのぼせてしまうため、源泉に足だけ付けて涼み、また熱い湯に浸かるということを繰り返した。大きな円形の浴槽は歩行浴、電気、ジェットエステ、寝湯などに区切られており、すべてひと続きになっていて同じ黒湯。洗い場の数は多く、混んでいても待つことはなさそう。しかし、シャワーが固定式で、使いにくい。特に子どもの洗髪には使えないので、洗面器でシャンプーのすすぎをした。

ラジウム温泉を謳っているが、成分表にラジウムがどれだけ含まれているかという表示はない。0.64マッヘ含有ということで、現在の温泉法の基準では放射能温泉にはならないそうだ。

【綱島温泉の歴史】

大正3年(1914年)、鶴見川の堤防建設に伴い、加藤順造氏が家を移転して井戸を掘ったところ、赤水が出てきた。飲用に適さないため風呂用に使用していたが、そのうち持病のリウマチが治ってしまったので、成分を分析してみた。内務省温泉研究所の石原博士の分析によると、ラジウム沃土エマナチオンの含有量が日本で3番目に多いということが判明。これを契機に、最初は樽町に温泉旅館が開かれ、次に綱島でも温泉旅館が建てられた。東京横浜電鉄でも今の東京園の場所に浴場を設け、往復切符の購入者には無料で利用できるようにした。駅名も綱島温泉とつけ宣伝に一役買っていたという。戦中は、軍隊の宿舎や軍需工場の保養所となり、戦後また一時賑わった。

神奈川県

ただし、男湯の源泉は掛け流しのよう
施設名 日吉湯    
源泉名 横浜温泉(日吉湯)
住所・電話 神奈川県横浜市港北区日吉本町4-15-19  045-561-5315
アクセス 第三京浜 都筑ICより約10分
営業時間 平日14:00〜24:00
土日・祝10:00〜24:00
定休日 4・14・24日(土・日・休日にあたる場合は営業し、翌日休業)
料金 入浴のみ(大人)400円 (小人)180円
入浴+サウナ650円 手ぶらセット(サウナ付き)750円 
泉質 ナトリウム・炭酸水素塩泉(純重曹泉、弱アルカリ性低張性冷鉱泉)/源泉17.5℃/ph8.34
成分総計 1,121r(1kg中)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施設 男女別内湯2、露天風呂1、備品なし、有料ドライヤーあり、休憩所あり
住宅街のど真ん中に挟まれるようにして建っている。駐車場完備なので、利用しやすい。二階建ての造りで、フロント、浴室ともに2階にある。 ロビーも休憩所も小ぶり。男女の浴室は日替わりで交代するのだが、今日の女湯は露天風呂のみ源泉の黒湯。男湯は露天風呂がただの沸かし水道水で、内湯に黒湯という構成だった。わずかに掛け流しされており、吸水口は見つからなかったそうだ。
露天の黒湯はまったく溢れておらず、明らかに循環湯。表面に脂が浮いていて、なんだか不潔そう。内湯は沸かし水道水で塩素臭く、いずれもなんだかパッとしなかった。
おまけにシャワーは綱島温泉と同じ固定式。頭が洗いにくい。おまけに備品がないんだなぁ。昨夜行った綱島温泉と比較してみると、レトロな雰囲気といい、豊富な湯量といい、満場一致で綱島温泉に軍配です。
 ←男湯の内湯↑
神奈川県
施設名 弥坂の湯     キャンプ日記を見る
源泉名 箱根湯本温泉
住所・電話 神奈川県足柄下郡箱根町湯本577 0460-5-5233
アクセス 厚木自動車道から約10分
営業時間 9:00〜20:30
定休日 木曜日
料金 大人500円 小人250円(洗髪する人は100円追加)
泉質 アルカリ性単純温泉/源泉51℃/Ph8.5
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施設 男女別内湯1、シャワー1、備品なし、休憩所あり(有料)
備考 かなり古びた、小さな地元用の公共温泉施設。洗い場もシャワーが一つだけで、ほとんどの客は洗面器で髪を洗っていた。
大きなタイルの浴槽がレトロな雰囲気をかもしだして美しい。湯はかなり熱めで、掛け流し。無味無臭無色、特徴がない。インターネット情報では、塩素臭のするときがあるそうだ(今回は匂わなかった)。
手術後、湯治のため引っ越してきたというおばちゃんは、ここは水を一切加えない掛け流しだと自慢していた。情報が古いか誤りであることを祈る。すごくよく暖まるため、上がってからクラクラした。暑がりさんと貧血持ちは要注意です。この手の施設で500円はちょっと高い。さすが高級旅館の居並ぶ箱根。
神奈川県
施設名 姫の湯      キャンプ日記を見る
源泉名 大平台温泉
住所・電話 神奈川県足柄下郡箱根町大平台538 рO460−2−2057
アクセス 厚木自動車道から約20分
営業時間 9:00〜22:00
定休日 第1、3、4木曜日
料金 大人350円
泉質 ナトリウム塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)/源泉69.3度/Ph8.3
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施設 男女別内湯1、シャワー数基あり、備品なし、休憩所不明
備考 湯元の「弥坂の湯」はアルカリ性単純泉だが、同じ箱根でもここは泉質が違う。泉温も「弥坂」以上に高く長湯できなかった。比較的新しく、他の地域の共同浴場と比べると、大きくて綺麗で設備も整っている。それでも料金は「弥坂」より安いのが不思議だ。庶民的できさくな「弥坂」と比べると、ちょっと雰囲気が違う印象。泉質はこちらの方が良いみたいだが、「弥坂」のひなび系に惹かれる。
神奈川県

施設名 マウントビュー箱根      キャンプ日記を見る
源泉名 仙石原温泉
住所・電話 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原842 0460-4-8404
アクセス 東名自動車道 御殿場IC〜乙女峠を越え仙石原交差点右折(車で約1時間30分)
東名 厚木IC〜小田原厚木道〜R1〜宮ノ下〜R138仙石原交差点左折400m
営業時間 9:00〜20:00
定休日 無休
料金 大人1,000円
泉質 酸性−ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉/源泉67.9℃/Ph2.6
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施設 男女別内湯1、露天1、シャワー数基あり、備品あり、休憩所はロビーのみ
備考 「箱根にごり湯の会」会員のホテルのお風呂。内湯は循環した真湯のようだが、露天風呂の硫黄泉は掛け流しでとてもよかった。屋根と箱庭があり、なかなかの雰囲気。
ここ奥箱根と呼ばれる仙石原ではもともと温泉に恵まれず、お湯を大涌谷から引いている。大涌谷では貯水池に貯めた温泉用水を、毎朝その日に使用する温泉の総量分だけタンクに送り込み、高温の水蒸気ガスを吹き付けて温泉を作り出している。温泉法の定義では、火山性ガスも温泉と認めているため、これも立派な天然温泉ということらしい。自然に湧出している温泉は総湯量の約30%で、できあがった温泉と混ぜて温泉荘・仙石原・強羅に送り出している。
神奈川県
施設名 太閤湯   キャンプ日記を見る
源泉名 宮下温泉
住所・電話 神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下223 Tel:0460-2-4756 
アクセス 小田原厚木道路小田原西ICよりR1経由、箱根方面へ20分
営業時間 7:00〜21:30(受付は21:00で終了)
定休日 毎月1日・11日・21日
料金 大人200円
泉質 ナトリウム-塩化物泉
源泉温度 71.0℃  ph7.6  残留蒸発物 3,487g/kg
効能 神経痛、筋肉痛、婦人病、動脈硬化症等
施設 男女別内湯1、備品なし、シャワーなし、駐車場5台
備考 箱根七湯のひとつ宮下温泉にある、自治体が運営する共同浴場。名前に「太閤」とついている通り、豊臣秀吉が小田原城攻めの際、兵士をねぎらうために開いたと言われる太閤石風呂を源泉としている。石風呂は少し離れた所に遺跡として見学することができる。
入浴客のほとんどが地元の人たち。建物も浴室も廊下も、みなこじんまりとしており、庶民的な雰囲気だ。
箱根湯本から登ってくる国道1号線沿いに建っていて、場所は見つけやすい。ただし小道の坂沿いにある駐車場は狭くて、夜間はすぐにいっぱいになる。停められなくて困っていたら、温泉から出てきた地元の方が、親切に他の場所を教えてくださった。
お湯は「本当に温泉なのかな」と思うほど薄くて特徴のないもの。味も匂いもない。湯温が高いため水で薄めているせいか、塩素の匂いが鼻につく。ただ掛け流しで、ナトリウム泉だけあって、湯上り後はポカポカ感がいつまでも持続したのはさすがに温泉の面目躍如か。
行ったのが夜、しかもどしゃぶりの雨。おまけにお財布にはお金が入っていなかったというハプニングもあり、精神的にも時間的にもまったく余裕がなく、写真を撮ることができませんでした。外観、浴槽などご覧になりたい方は、「関東周辺立ち寄り温泉みしゅらん」のこちらのページをご覧ください。
神奈川県 施設名 ぶなの湯      キャンプ日記を見る
源泉名 中川温泉
住所・電話 神奈川県足柄上郡山北町中川645-8 0465-78-3090
アクセス 東名自動車道 大井松田IC-国道246-御殿場方面へ-清水橋の交差点を右折
営業時間 平日10:00〜16:00(土日は〜19時、夏休み期間は20時)
定休日 水曜日、年末年始
料金 大人700円 小人400円 幼児無料
泉質 アルカリ性単純温泉/pH10.1
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛等
施設 内湯2、露天1
備考 中川温泉は、武田信玄の隠し湯といわれているらしい。「ぶなの湯」は比較的新しい町立日帰り施設で、豊かな自然に囲まれている。登山、ハイキング、キャンプの帰りらしい客がたくさん訪れていた。
 





[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。