目次へ
山梨県(28湯) ※マークについての説明はこちら
山梨県

17年10月29日入浴
施設名 黄金温泉  キャンプ日記を見る
源泉名 岩間井戸工業(株)保養所源泉
住所・電話 山梨県甲府市上小河原町1244-1  Tel:055-241-8115
アクセス 中央道甲府昭和IC〜R20〜石和方面へ。右側に目立つ看板の建物が見えてくるので、測道を左へ降りる。荒川を渡ったら行き過ぎ。
営業時間 9:00〜24:00(木曜日は午後5時より営業。祝祭日は通常営業)
定休日 無休
料 金 大人500円
泉 質 ■泉質:ナトリウム-炭化水素塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
■源泉温度 46.0度  ■ph 7.4  ■成分総計 1.446g/kg
■湧出量 384g/分
効 能 浴用の適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消火器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病等
飲用の適応症:慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病
施 設 男女別内湯各2、うたせ湯1、備品なし、休憩所あり
駐車場 超ロングサイズ・トレーラーは無理。クラスCやAのキャンピングカーだったら入っていけるかも。
備 考 甲州街道沿いにあって、かなり目立つ建物だ。温泉ファンの間ではかなり有名な温泉で、かねてより行ってみたかったわたしは、今回思い切って入ってみることにした。
建物の外見はかなり立派な印象。だが、一歩中に入っていると・・・。かなりなアヤシ系である。
ロビーはまるで人んちのリビングのような生活感に支配されていた。雑然としたソファの向こうにはスナックのようなカウンターがあり、受付の女性が。犬は他にも2匹おり、かなりの老犬と思われるワンちゃんがよろよろと出迎えてくれた。
お金を支払い、脱衣所へ向かう。ここもかなり生活感いっぱいの空間で、ロッカーの上には常連さんたちの洗面道具が置かれていた。
雰囲気としては、石川県によくある温泉銭湯の脱衣所とそっくりだ。お湯の質も濃い茶褐色で、「野々市温泉美人の湯」や「三河温泉元湯ほんだ」「金城温泉」などの金沢周辺の温泉と非常に似ている。
豊富な湯量がざんざかと惜しげもなく掛け流しにされているのは凄い。わたし独りだけなのに、とてももったいないような気分になった。
丸いメイン浴槽は湯温がとても高く、なかなか肩まで浸かれない。中央の噴水から飛んでくるお湯が顔にかかるのもちょっと不快だったので、すぐにジャグジーへと移った。
そちらはプールにあるようなポリ浴槽。湯温はメイン浴槽より少し低めだが、わたしにとってはちょっと高温だ。
一番奥にある打たせ湯でも温泉が贅沢に使われており、広くて浅い湯船のせいでとてもぬるい。皮肉にもここがわたしにとっては最も適温だった。
お湯は透明感のある赤褐色で、ほんのりと木の香が漂うモール泉。泡付きなどは見られず、この手のモール泉に特有のヌルヌルした肌触りもなかった。
こういう赤褐色のモール泉は冷鉱泉であることが多く、ここもてっきり沸かしだと思っていた。だが、あとで温泉分析表を見てビックリ。実は46度もある高温泉だった。熱いメイン浴槽は別に無理して加温しているわけではなかったらしい。甲府の盆地にありながら46度のモール泉というのは非常に珍しいのではないだろうか。
ロビーの雰囲気にはちょっと引いてしまう所のある、ちょっと「怪しい系」の温泉。お湯には少々インパクトが足りない点があるものの、湯量豊富で素晴らしいと思う。
ただ、脱衣所には灰皿が置かれており、これは頂けない。湯上がりの一服をしたい人にはいいだろうが、吸わない者には大迷惑だ。石和温泉の「ホテル平成」でも脱衣所で一服している人がおり、地方ではたまにあることだが、灰皿は撤去すべきだ。
山梨県

H17年8月14日入浴
施設名 源泉湯 燈屋  キャンプ日記を見る
源泉名 和こしの湯
住所・電話 山梨県甲府市上阿原町590-3 Tel:055-236-3515
アクセス 中央道甲府昭和ICまたは一宮御坂ICから7km、約10分
営業時間 10:00〜25:00(受付は24時で終了)
定休日 無休
料 金 大人700円 小人380円
泉 質 ■源泉名:和こしの湯
■泉質:カルシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
■源泉温度 46.9度  ■pH 8.2  ■成分総計 1.026g/kg
■湧出量198リットル/分
効 能 [浴用] 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性等
[飲用] 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、通風、肝臓病
施 設 ■男女別内湯1、露天風呂1、樽風呂等
■備品あり、休憩所あり、ボディケア、アカスリエステ等あり
駐車場 奥まっているが広い。超ロングサイズ・トレーラーは無理。
備 考 国道20号線から一本入った、比較的広い道路沿いにあるのだが、入り口はちょっと見つけづらい。やぐらが目印となるものの、入って突きあたりにあるのが「養老の滝」だから、なおのことわかりづらいのだ。
手前側の駐車場は10台位のスペースがあり、さらに奥に広い駐車場がある。しかし、わたしたちはグランドサーベイヤーを牽いて細いS字のカーブを通って奥へ進むことができず、駐車場の利用は断念した。ちなみに一緒に行ったウィネベーゴは入っていけたので、普通のキャンピングカーなら大丈夫だろうと思う。
建物の中に入ってみると、広くて新しくて豪華だ。
今はやりの「ネオ・ジャパネスク感覚」とでもいうのだろうか。最近どこでもこの手の施設が多い。
例えば埼玉県だけで挙げてみると、「和光温泉極楽湯」や「行田天然温泉 古代蓮物語」、「おがわ温泉 花和楽の湯」といったような、新しくできたスーパー銭湯系である。いずれも木をふんだんに使用した和風な造りで、くつろぎのための気遣いが色々となされている。
浴槽は広くて数種類を備え、掛け流しかそれに準ずる半循環オーバーフローの浴槽が一つでもある。そして、こういった施設はえてして名湯である場合が多い。
さて、お湯の方はさておき、近年建てられたスーパー銭湯系はどこも和風チックな高級感を目指しているようだ。こうしたイマドキの最先端を行った造りは木がふんだんに使用され、茶系でまとめられていて落ち着く。
浴室は非常に混んでいるが、洗い場の数も多く、浴槽も広いためそれほど混み合っているという印象は残らなかった。
「温快の湯」という名前の付いた内湯は高温、低温、水風呂と3箇所に区切られている。季節により加水することもあるそうだ。
露天風呂も掛け流し。他に信楽焼の壷湯、内湯には座湯もあり、涼みながらのんびり過ごすのにうってつけ。
ただ、甲府には個性豊かな温泉銭湯などがあまた点在している。それら強豪と比較検討してみると、ここがお湯の面で特に抜きんでているとは言い難い。湯質は確かに優れているが、少し薄いかなという印象は否めない。それだけ甲府の温泉群が強烈な個性を放っているということだろう。
しかし、その中にあっても、この「燈屋」は新しくて意欲的な温泉施設として一定の評価はできると思う。
山梨県
施設名 遊亀温泉  キャンプ日記を見る 
源泉名 遊亀温泉
住所・電話 山梨県甲府市太田町11-5  TEL:055-232-0947
アクセス 中央道 甲府南ICより約20分
営業時間 13:00〜21:00(日曜日は7:00〜21:00)
定休日 不明(要問い合わせ)
料 金 大人 350円 小人 170円 幼児70円
泉 質 単純温泉  源泉温度 25.4度  成分総計 214.3mg/kg   湧出量73.3L/min
効能  神経痛、リューマチ、神経痛、運動器障害等
施 設 男女別内湯3、備品なし、休憩所なし
駐車場
備 考 車のナビに登録されていたので簡単にたどり着けたが、本当にわかりづらい場所にあるらしい。遊亀(ゆうき)公園の裏手の隣りにあるので遊亀温泉というのかな。昔ながらの銭湯温泉という風情で番台がある。広い脱衣所にはカギ付きロッカーもある。
浴槽は3つに分かれており、女湯では左手奥の浴槽が最も熱い。44度くらいに加熱されているようで、入らなかった。その熱い湯がいちばん手前の浴槽に溢れてきて、少し温度が下がっている。右手奥の浴槽がいちばんぬるい湯で、わたしには心地よい温度。
肌ざわりはツルツル、ややヌルヌル感あり。緑茶色というか、緑がかった茶色い透明の湯で、木の匂いがほんわか香る。ライオンの湯口がいい雰囲気。どばどば注がれ、完全な掛け流し。低温槽では泡付きもあると聞いてきたが、夜で見にくかったためか、この日は不調だったのか、泡は付いてこなかった。
見かけはナトリウム泉のようだが、これで単純泉とは不思議。とてもよく暖まるので、洗い場の真上にある窓を全開にしようとしたが、固定されていて10センチ以上は開かなかった。見上げるとすぐ隣りが民家で、2階の窓からこちらが丸見えになる。
脱衣所には常連客の洗面道具がたくさん置かれている。わたしも洗面道具をキープして毎日通い詰めたいなぁと思うほど。シャワー・カランからも源泉が出るのもよい。湯上り後、脱衣所の洗面所で水を飲んだが、甘みのあるおいしい水だった。
山梨県
施設名 大滝温泉おふろの国   キャンプ日記を見る 
源泉名 大滝温泉
住所・電話 山梨県甲府市大里町4144-4  TEL:055-243-1126
アクセス 中央道 甲府南ICから8km、約15分
営業時間 10:00〜24:00
定休日 不定休
料 金 大人 【平日】 480円 【土・日・祝日】 580円
小人 300円 幼児100円
泉 質 ナトリウム−炭酸水素・塩化物泉(低張性中性高温泉)  源泉温度 48.4度
成分総計 1,769mg/kg   湧出量317L/min
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、持病、冷え性、病後回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病等
施 設 男女別内湯1(水風呂は別)、サウナあり、備品あり、休憩所あり
駐車場
備 考 自噴温泉掛け流しを高らかに謳うスーパー銭湯風の温泉施設。以前は「やすらぎの湯」といったのだが、2年ほど前に名称変更されたという。
遊亀温泉と似たような印象の温泉なので、比べてしまうと少しインパクトが弱い気も。でも掛け流しにこだわる姿勢は大いに評価できる。24時まで営業しているのもいい。入り口で飼われていた2匹のワンコがおとなしくて可愛かった。
山梨県
施設名 石和温泉 ホテル平成   キャンプ日記を見る 
源泉名 ホテル平成
住所・電話 山梨県笛吹市石和町市部789-14 Tel:0552-63-5511
アクセス 中央道 一宮御坂IC〜R20経由で約15分
営業時間 11:00〜21:00
定休日 無休
料 金 大人500円
泉 質 ■泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ低温泉)
■源泉温度 38.6度  ■ph 8.5  ■成分総計 0.2736g/kg
■湧出量 157.9g/分(自噴)
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、冷え性、疲労回復、健康増進、切り傷、やけど、慢性皮膚病等
施 設 男女別内湯各2、備品あり、駐車場あり
駐車場 ロングサイズ・トレーラーは無理。普通のキャンピングカーなら可。
備 考 ごく普通の小ぢんまりとしたビジネスホテル。「立ち寄りの湯」の看板を掲げて敷居が低い印象で、受付の応対も丁寧だ。
自噴温泉だが、お湯は循環だった。それでも女湯では少しオーバーフローしている。タイルの色なのかなんなのか判別しづらいが、お湯にやや黄色っぽい色が付いている。
非常に熱めに加熱されていて、ちょっと沸かし過ぎじゃない? と思った。
特徴といって何もないお湯だが、黒い湯の花がチラホラと浮いていた。他にサウナと水風呂があり、せっせと往復している人もいて、けっこう賑わっていた。
山梨県
施設名 石和温泉   キャンプ日記を見る 
源泉名 ホテル平成
住所・電話 山梨県笛吹市石和町市部1091-2 Tel:055-262-3441 
アクセス 中央道 一宮御坂IC〜R20経由で約15分
営業時間 15:00〜23:00 (日曜は13時から)
定休日 月曜日
料 金 大人350円 小学生170円 6歳未満70円
泉 質 ■泉質:アルカリ単純泉(緩和低張性高温泉)  ■源泉温度 44度
■ph 8.2  ■ラドン含有量 0383マッヘ
■成分総計 11,580mg/kg  ■湧出量 848g/分
効 能 リウマチ、神経痛、慢性皮膚炎、ヒステリー等
施 設 男女別内湯各3、休憩所あり(食堂)、駐車場なし
駐車場 駐車場はない
備 考 石和温泉唯一の共同浴場らしいが、組合の経営なのか民間経営なのか不明。看板には「入浴と食事 石和温泉」とあるだけで、「共同浴場」とか「銭湯」とかの文字はない。
それでも玄関脇には「銭湯大好き」と題された、子どもたちが銭湯に入っている銭湯広報ポスターが貼られている。やっぱりここは銭湯なのかと思う。
玄関を入ると、すぐに食堂だ。庶民的な雰囲気と言えば聞こえはいいが、なんだかいきなり人んちの台所に入り込んでしまったような一抹の気まずさを覚えた。
源泉としては非常に古いらしく、脱衣所に掲げた温泉分析表の日付は昭和37年だ。
いかにも銭湯らしく、浴室の壁には富士山の絵が描かれている。
浴槽は3つに別れている。左端は冷たい源泉浴槽が掛け流し、真ん中は電気風呂、右端が加熱浴槽。源泉浴槽は水のように冷たいということもないのだが、この季節にはちょっと厳しい。分析表には源泉温度44度とあるが、嘘だろーという印象。44度にははるかに及ばない、30度ほどではないだろうか。長い歳月で源泉温度が下がってしまったのか。それとも、源泉じゃなくてただの水風呂? だが、硫化水素か硫黄の匂いがほのかに匂い、やっぱり冷鉱泉らしい。
加熱浴槽はかなり熱く加熱されており、無味無臭無色透明。せっかく良い源泉なのに、特徴がなくなるほど加熱するのはちょっと考えもの。もっと源泉を大事にして欲しい。
ちなみにここではお金を払えば毛染めしていいことになっている。実際、一緒になったおばちゃんの一人が髪を染めており、ちょっと驚いた。
場所はわかりづらいが、小林公園のある通りから反対側の小路をちょっと入った所にある。公園の前には足湯もある。
山梨県
施設名 紅薔薇温泉 みさかの湯   キャンプ日記を見る 
源泉名 ホテル平成
住所・電話 山梨県東八代郡御坂町成田2200(住所が変わっています。確認してからお出かけください)
 Tel:55-261-6166
アクセス 中央道 一宮御坂IC〜R20経由で約15分
営業時間 10:00〜20:30(最終受付は7:30まで)
定休日 火曜日、年末年始等
料 金 大人700円 小学生400円 幼児は無料
※5時以降割引
泉 質 ■源泉名:御坂町温泉
■泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ高温泉)  ■源泉温度 47度
■ph 9.2  ■湧出量 78.5g/分(自然湧出)
■成分総計 0.734g/kg  ■湧出量 848g/分
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動マヒ、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、皮膚炎病後回復期、疲労回復、健康増進等
施 設 男女別内湯各3、露天1、備品あり、休憩所あり
駐車場
備 考 建物前のローズガーデンは本当に見事。オンシーズンにはこれだけ見学に訪れてもいいくらいだ。
施設内は典型的な村営・町営温泉の造り。
たいへん多くの人が利用していて、賑わっている。温泉は完全循環で塩素臭が強い。
公式HPには「飲用可能な源泉」と称した画像があったので期待して訪れたが、実は入浴できない小さな槽だと知ってガクゼン。ものの見事に騙されてしまった。
露天は庭の広さに比べて妙にせせこましい浴槽だ。ここもやっぱり循環。
循環のお湯に浸かっていてもつまらないので、サウナに出たり入ったりして1時間ほど過ごした。面白いことに、サウナには山盛りの塩が置かれている。皆さんそれを相撲取りのように鷲掴みにして、体にすり込んでいた。 他にミストサウナやジャグジーなどもあり、お湯の質を気にしなければなかなかゆっくり楽しめる。
山梨県
施設名 はやぶさ温泉   キャンプ日記を見る 
源泉名 はやぶさ温泉
住所・電話 山梨県東山梨郡牧丘町隼818-1  TEL:0553-35-2611
アクセス 中央道勝沼ICよりR411〜県道38経由、牧丘方面へ20分
営業時間 10:00〜21:00
定休日 火曜日
料 金 大人 500円(2時間まで)
泉 質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)   ph9.95
源泉温度 42度    成分総計 260mg/kg    湧出量500L/min
効 能 疲労回復、神経痛、慢性消化器病、冷え症等
施 設 男女別内湯1、露天1、備品あり、休憩所あり
駐車場
備 考 地元の方たちの憩いの場となっている、のどかな雰囲気の温泉。立派な民家風の建物の入り口に鯉の置物が。内湯の浴槽の湯口も大きな鯉で、鯉の口から豪快にお湯がほとばしっている。その下に入りこんで肩や腰に当てると気持ちよいのだが、お湯がものすごく飛び散るので周りに誰もいない時にしましょう。
お湯は高アルカリらしくツルスベな美肌系。やっぱり「洗顔したい!」という誘惑には勝てず、昼間っから化粧を落としてざぶざぶ洗顔してしまいました。
お湯は無色透明、かすかな硫化水素臭。飲むと卵のような味がする。もちろん掛け流し。露天風呂は石段を降りた先にあって、立派な造り。おばちゃんたちの交流の場となっている。カラオケの設備もある休憩所は家族ぐるみやグループで来ている、おじちゃん、おばちゃんたちでほぼ満席。ここでおそば、うどん、うな重などを食べて帰途につきました。
山梨県
施設名 天空の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 勝沼町ぶどうの丘温泉
住所・電話 山梨県東山梨郡勝沼町菱山5093 Tel:0553-44-2111
アクセス 中央道勝沼IC〜R20経由で約10分
営業時間 8:00〜22:00
定休日 無休
料 金 大人600円 小人300円
泉 質 アルカリ単純泉/41.1度/ph9.5
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施 設 男女別内湯2、露天1、ミストサウナ1、備品・ドライヤーあり
駐車場
備 考 標高500メートルの小高い丘の上に建つ、新しくて綺麗な施設。展望が自慢の露天風呂は、甲州盆地や雪を頂いた山脈などが眺められる見晴らしのよいものだが、塩素の匂いがキツイのには辟易。それでも肌触りはそこそこツルスベする。
内湯は低温のジャグジーと高温の浴槽とに分かれており、いずれも塩素臭はしないが、生臭い匂いがする。高温湯の方は、わずかながらも温泉らしい匂いがする。少しは新鮮な湯が足されているのかもしれないが、循環なのに消毒していないというのも、かえって気持ちが悪い。
壁に掲げられた山梨地学会会長・田中教授の推奨文を読むと、ここの湯は高アルカリ性でありながらマイルドな成分で、世界的に非常にユニークなんだそうだ。どんなに珍しくても循環させたお湯なんて温泉とは呼べないと思うのだが、教授、ここの温泉がどんなに素晴らしいかやけに力説している。
時間帯が早いためか、日曜日でも「ほったらかし温泉」のように混まなかったので、まぁまぁリラックスできたのはよかった。が、長湯してもあまり暖まらなかったのは、循環湯のため温泉の特質が損なわれているからだろうか。これで掛け流しだったら、P泊できる駐車場も備えたパーフェクトな施設なのに、とても残念なところである。
※最近、駐車場が夜間閉鎖されたという情報がありました。
山梨県 施設名 アクアリゾート清里 天女の湯   キャンプ日記を見る 
源泉名 清里温泉
住所・電話 北巨摩郡高根町清里3545-5 0551-48-5551
アクセス 中央道須玉IC〜R141経由で約18`
営業時間 10:00〜19:00(7/20〜8/31は9〜21時、最終受付はそれぞれ1時間前)
定休日 第1火曜日(8月は無休)
料 金 750円(温泉利用のみ。時期により変動あり)
泉 質 弱アルカリ性単純泉
効 能 神経痛、関節痛、筋肉痛、慢性消化器病、冷え性、やけど、慢性皮膚炎など
施 設 内湯1、露天1。ボディ・ヘアソープ、ドライヤー等あり
他に水着着用のレジャープール、子供用プール、ジャグジーがある。(料金別)
駐車場
備 考 二度目のキャンプで雨に降られ、子どもたちを連れてプール遊びに行った施設。だいぶ前だったし、今ほどの温泉マニアでもなかったので、どんな内容だったかまったく記憶がない。
山梨県
施設名 奈良田里温泉女帝の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 奈良田温泉
住所・電話 山梨県早川町奈良田486 0556-48-2552
アクセス 中央道 甲府南I.C〜笛吹ライン(R140)→R52→飯富の交差点を右折→早川町 35Km/約1時間
営業時間 9:00〜19:00(12〜3月は18:00まで)
定休日 毎週水曜日と年末年始各2日
料 金 大人(中学生以上)400円 小学生200円 幼児無料
泉 質 ナトリウム・塩化物炭酸・水素塩泉/ 42.5度/pH8.6/40g(毎分)
効 能 神経痛、リウマチ、皮膚病、胃腸病、婦人病
施 設 男女別内湯1、シャンプー等の備品あり、ドライヤーなし、休憩室有料
駐車場 温泉の前の道路は狭いが、下に広い公共駐車場がある。そこから歩いていく。
備 考 非常にヌルヌルする温泉だと以前から聞いていたので、ずっと行ってみたかった噂の秘湯。朝一番乗りで受付したが、続々と人がやってくる。噂にたがわず有名な秘湯らしい。
木の浴槽は大変雰囲気がよい。二つに区切られていて、向かって右側から源泉が注ぎ、左の浴槽へと流れている。
まず左側のぬるめの浴槽に入る。肌をなでると大変ヌルッとして、期待を裏切らない心地よさ。もちろん掛け流し、少々の泡あり。ぬるい方と右側の少し熱い方とをかわりばんこに入っていると、いつまでもまったりしていられる。
毎分40リットルと湧出量が少ないため、注ぎ口からの量が物足りない。次第にお湯の汚れが目立つようになってくるので、やはり早い時間帯に訪れるのがいいだろうと思う。
ここの温泉の歴史は古く、はるか天平時代にさかのぼる。健康に優れなかった第46代天皇孝謙女帝(718〜770年)がご神託を受け、この地を訪れたという伝説がある。しばらく湯治した女帝は健康を回復するが、この地を愛し8年も滞在したという。
山梨県
施設名 山口温泉  キャンプ日記を見る 
源泉名 山口温泉
住所・電話 中巨摩郡竜王町篠原477 055-279-2611
アクセス 中央道甲府昭和IC〜R20経由で約2`
営業時間 9:00〜21:45(最終受付20:30、日曜は21:15)
定休日 月曜日
料 金 500円
泉 質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
効 能 神経痛、筋肉痛、打ち身など
施 設 男女とも内湯1、露天1、休憩所は有料、ボディ・ヘアソープあり
駐車場 わりと広め。住宅とぶどう畑が混在する一角に立地し、道路は曲がりくねっている。ロングサイズ・トレーラーは困難。自走式なら入っていける。
備 考 普通の住宅街の、普通の民家のような敷地と建物で、ぶどう畑のオーナーが経営しておられる。ごくらく温泉で知って訪れたが、期待通りの気泡をたくさん含んだ素晴らしい温泉だった。加温せず、循環させないお湯はかなりぬるめ。注ぎ口から盛大に注ぎ込まれ、そこから少し離れたお湯が白濁している。なにかと思ったら、炭酸ソーダのような気泡で白く濁っているのである。そこに身を沈めると、体じゅうにツブツブの泡がたくさんついてきて、とても楽しい。お湯の感触も、ツルツル感がある。湯温が低いので冬場は浸かってても暖まらない気がするが、上がって服を着たとたん、ぽっかぽかに。とっても不思議! 時間がなくてゆっくり浸かれなかったのが残念。今度は初夏に訪れてみたいと思っている。
山梨県
施設名 フカサワ温泉 キャンプ日記を見る 
源泉名 フカサワ温泉
住所・電話 中巨摩郡昭和町西条1961-1 055-275-3651
アクセス 中央道勝沼IC〜
営業時間 09:00〜22:00
定休日 木曜日
料 金 400円
泉 質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施 設 男女とも内湯1、露天1、備品なし、休憩所あり
駐車場
備 考 小さな建物で、シンプルなつくり。個人の経営で、ロビーもアットホームな雰囲気だ。やはりごくらく温泉で知ったところ。
内湯はそうでもないのだが、露天風呂は炭酸シュワシュワの素晴らしい温泉。ツルスベ感は山口温泉の方が勝っているが、からだに付着した泡をサァーッと払いのけるのが楽しくて、いつまでも長湯をしてしまった。お客は地元の農家のおばちゃんたちばかりで、うちはもう大根を漬けたとか、農作業の話題が飛び交う。
受付の女性はここの主人で、明らかに地元の人間ではなさそうなわたしたちに、どこから来たのかとか、ここをどこで知ったのかと尋ねてきた。東京から来たこと、インターネットのHPで知ったことなどを話すと、たいそう驚いて、わざわざ奥からおばあちゃんまで出てきた。よほど珍しい客だったのだろうか。
山梨県
施設名 国母駅前温泉健康ハウス  キャンプ日記を見る 
源泉名 掲載なし
住所・電話 中巨摩郡昭和町西条251  TEL:055-275-7132
アクセス 中央道 甲府昭和ICよりR20経由〜
営業時間 10:00〜24:00
定休日 無休
料 金 1日:大人1,000円/小人500円
3時間:大人500円
泉 質 アルカリ泉 源泉温度 45.9℃  ph7.51 成分総計 14.72g/kg 湧出量 363リットル/min
効 能 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、関節のこわばり、冷え性、慢性消化器病、痔症、病後回復期、疲労回復、健康増進など
施 設 男女別内湯3、ラドン室・サウナあり、備品あり、休憩所あり
駐車場
備 考 当初ここではなく「大滝温泉」をめざしていたのだが、受付終了時刻の23時までに行き着けそうになかったので、偶然前を通りかかったこちらに入ることになった。「完全自噴温泉」という謳い文句に魅かれて決めたのだが、期待にたがわず薄い黄色っぽいお湯が掛け流し。ツルスベ感もあり、うっすらとモール臭も感じる。
小さなラドン室もあり、入ってみると熱気むんむん。説明書きには、ラドン発生装置でラドンを発生していると書かれてある。
ちょっと小ぶりのスーパー銭湯といった印象だが、駅前あたりにこんなパワー溢れる温泉があるなんて、本当に甲府って素晴らしい。値段も安いし、うちの近所のバカ高い温泉にも見習って欲しいものだ。
山梨県
施設名 ほったらかし温泉 中心の湯 キャンプ日記を見る 
源泉名 ほったらかし温泉
住所・電話 山梨市矢坪大沢三1669-18 пF0553-23-2001
アクセス 中央道勝沼IC〜R20経由で約18`
営業時間 11:00〜22:00(最終受付20:30、日曜は21:15)
定休日 無休
料 金 500円
泉 質 アルカリ性単純泉
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施 設 男女とも内湯1、露天2、休憩所は屋外
駐車場
備 考 笛吹川フルーツ公園の園内を通り抜け、さらに登った先にある日帰り温泉施設。露天風呂からの展望は抜群。正面に富士山が見え、遮るもののないパノラマビュー。編み笠が置かれているので、晴天の日はお肌のために被った方がいい。露天はぬるめと熱めの木の浴槽が二つ並び、下のほうに岩風呂がある。木の浴槽の方は塩素の匂いがして、湯上り肌が突っ張るほどだ。お湯の質にはこだわらず、あくまで展望を楽しむためにのんびりするところだろうと思う。
山梨県
(未湯)
施設名 赤松の湯ぷくぷく  キャンプ日記を見る 
源泉名 不明
住所・電話 山梨県山梨市大工2589-13  TEL:0553-23-5656
アクセス フルーツ公園内富士屋ホテルの上側
営業時間 10:00〜21:00(7月〜9月は22時まで)
定休日 第1・3月曜日
料 金 大人 【山梨市民】 500円 【市外】 600円
小学生以下 300円
泉 質 アルカリ性単純温泉   源泉温度 43.2度  成分総計260mg/kg   湧出量182L/min
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進等
施 設 男女別内湯1、露天1、休憩所あり
駐車場
備 考 2002年10月に完成した、フルーツ公園内の日帰り温泉。甲府盆地が一望でき、露天風呂での景観はさぞ素晴らしいだろうと思う。周囲を赤松に囲まれているから「赤松の湯」というのだそうだ。偵察のみで、未湯。
山梨県
施設名 韮崎旭温泉  キャンプ日記を見る 
源泉名 韮崎旭温泉
住所・電話 山梨県韮崎市旭町上条中割391 0551-23-6311
アクセス 中央自動車道 韮崎IC〜約5キロ
営業時間 10:00〜20:00
定休日 火曜日
料金 大人500円 小人300円
泉質 ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉/源泉41℃/湧出量毎分400g/弱アルカリ性
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施 設 男女別内湯1/休憩室(飲食物持込OK、何時間でも可)
駐車場
備考 地下1,200メートルの石英閃緑岩の岩盤から湧出した、透明薄緑色の湯。沸かし、循環、薄めなど一切しておらず、源泉100%の掛け流し。
特筆すべきは、その泡の量。炭酸の細かい気泡が体にびっしりとまとわりつく。湯の注ぎ口周辺では体が白くなるほど泡が付着し、離れたところでは仁丹のような銀色の粒がたくさんついて楽しい。顔を湯に浸けると、プチプチと炭酸が弾けるのがわかる。
炭酸成分は湯温が高いと飛んでしまうので、ぬるめの湯に多く存在する。また、重曹成分が肌の角質や分泌物を乳化させるため、ツルツルになる。なにより、大きな浴槽であるにもかかわらず、惜しげもなく掛け流しにしている点が素晴らしい。経営者は近くで老人ホームを経営している方とのことで、温泉に対する造詣の深さを感じる。
ガラス窓の外に露天風呂を造れるスペースがあるので、もしかしたら計画中かも。が、あまり大きな露天を造って、循環、あるいは水増しするという愚は犯さないで欲しい。
山梨県

内湯の一部は半循環のようだ
施設名 ゆーぷる韮崎  キャンプ日記を見る 
源泉名 韮崎市健康ふれあいセンター
住所・電話 山梨県韮崎市中田町中條条1800-1  TEL:0551-20-2222
アクセス 中央道 韮崎市ICより国道141号線で約8分
営業時間 10:00〜21:00(4月〜9月)
10:00〜20:00(10月〜3月)
定休日 毎週月曜日、祝祭日の翌日、年末年始は12月31日から1月1日まで
料 金 市内利用者:大人 300円/中学生以下 200円
市外利用者:大人 500円/中学生以下 300円
泉 質 ナトリウム・炭酸水素塩-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度 48.5℃   ph7.9  蒸発残留物 1,550mg/kg   湧出量 401L/min
効 能 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、関節のこわばり、冷え性、慢性消化器病等
施 設 男女別内湯3、露天1、サウナあり、備品あり、休憩所あり
駐車場
備 考 ぶどう狩りの後プール遊びにたっぷり2時間はかけ、長男の顔色がちょっと悪くなってきたので、冷えてきたかな? と、お風呂へ。「よく暖まるお湯なので長湯しないように」という張り紙がある。
入るとすぐ肌触りがツルツルする。ずっと浸かっていると、だんだんツルツルがヌルヌルに変わってくる。肌の角質が次第に乳化してきているのだろう。上がる際にはもう、にゅるにゅるになっていた。だが、残念なことに露天風呂は塩素臭の強い循環湯。オーバーフローしているが、浴槽の底に吸い込み口あり。内湯にも吸い込み口があるものの塩素の匂いはせず、かなりオーバーフローしている。ここは半循環かもしれない。大好きなヌルヌル湯だけに、もったいない温泉。
しかしながら以前1,000円だった入場料が半額に値下げされており、この値段でプールと温泉が利用できることは評価したい。
山梨県
施設名 天恵泉 白根桃源天笑閣  キャンプ日記を見る 
源泉名 桃源天恵泉
住所・電話 山梨県南アルプス市駒場147-18  TEL:055-280-7021
アクセス 中央道 韮崎市ICより国道141号線で約8分
営業時間 10:00〜20:00
定休日 月曜日、年末年始
料 金 市   民:大人 300円/小人 150円
市民以外:大人 610円/小人 300円
※入浴のみの料金
泉 質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ低温泉) 源泉温度 28.8℃    ph10.72
湧出量 71.1L/min
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、関節のこわばり、冷え性、痔症、疲労回復等
施 設 男女別内湯2、備品なし、休憩所あり
駐車場
備考 御勅使川のほとり、山あいの自然に包まれた環境にある。財団法人峡西都市振興公社が経営するレジャー施設のひとつで、プール、乗馬公園、オートキャンプ場、テニスドームなども近くにある。
日本有数の高アルカリ温泉として有名で、ヌルヌル湯が好きなわたしがずっと行きたかった温泉である。訪れてみると、同じ山梨県は奈良田の里とよく似た河原と、間近に迫る山の風景だ。
建物に入ると、左右に下駄箱、正面に受付がある。入浴券を購入し、受付で渡す仕組み。浴室は地元のおばあちゃんたちで、なごやかな雰囲気である。大きな木曽さわら材の浴槽は、源泉そのままの28.8度の温泉が注がれる小さな浴槽と、加熱された温泉の大きな浴槽と、二つに分かれている。いずれも掛け流し。
まず加熱槽に体を浸してみる。高アルカリだから必ずヌルヌルするわけではないとは知っていたが、最初の印象は「ん、まぁまぁのヌルヌル度だな」だった。やはり高アルカリで知られる白馬八方温泉がph11.3で、もっとヌルヌルしたのに比べると、普通のヌルヌル具合である。
せっかく源泉浴槽があるので、入ってみた。わたしは水風呂はあまり好まないのだが、ここは一大決心をして足を入れる。お尻くらいまでならOKだが、お腹から上を浸けるにはちょっとした気合がいる。よくサウナから出てどっぷーんと水風呂に浸かる人がいるが、よくできるなーと感心してしまう。
時間をかけ、胸まで入る。入ってしまうと大丈夫なのだが、やっぱり冷たい。源泉温度は28.8度ということだが、ここへ辿りつくまでに温度が下がり、26度くらいになっているのではないだろうか。ヌルヌル度は、両方の浴槽で大差はないように感じた。
最初のうち指がにゅるにゅる、しばらくするとしなくなった。どうやら古い角質が完全に溶けてしまったらしい。顔を洗ったらさぞ美肌になるだろうと思い、外はカンカン照りながらもメイクを落とし、ざぶざぶ源泉で顔を洗ってきた。湯上り後はもちろんお肌ツルツル。膝頭もピカピカになって、おじいさんのハゲ頭みたいだった。
湯口に「ここで飲まないでください」と書いてあるので、湯口でちょっと味見する程度に舐めてみたが、少なくてわからない。脱衣所の飲泉口で飲んだみると、舌先に甘さが広がるおいしい水だった。ペットボトルに汲み、冷蔵庫で冷やすと甘みが感じられなくなった。「胃腸のためにphを1、下げてあります」という張り紙がある。浴室の湯口で飲めないのはphが高いからだろうか。
山梨県
施設名 正徳寺温泉 初花   キャンプ日記を見る
源泉名 正徳寺温泉
住所・電話 山梨市正徳寺1093-1 0553-22-6377
アクセス 中央道勝沼IC〜R20経由で約14`
営業時間 10:00〜21:30
定休日 無休
料 金 600円(3時間)
泉 質 低張性アルカリ自噴温泉/40.2℃/800リットル(分)
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛など
施 設 男女とも内湯2、露天2、休憩所あり
駐車場 奥まっており、細い道なので大型キャンピングカーは無理かも。
備 考 周囲をぶどう畑と民家に囲まれた一角にある。140号線にある小学校の所から奥へと進んでいくわけであるが、非常にわかりづらい立地だ。外からはまったく見えず、看板がなければ辿り着けない。
看板を頼りに駐車場に入っていって、初めて建物の姿を見ることができた。それもごく普通の民家と変わらないような佇まいだ。
もともと鰻の養殖をなりわいにしていたご主人が、ここの井戸水でウナギを飼育すると調子がいいことに気づき、さらに掘り進めたら良泉が沸いた。そこで、鰻屋さんを併設した日帰り温泉を建てたのだという。
中の雰囲気はとてもよい。玄関を入って左側が鰻を食べるお食事処、右側が温泉へ続く廊下になっている。
前回は家族揃って行ったので、湯上がり後みんなで鰻を食べた。今回は独りでの入浴で、お風呂のみの利用となった。
脱衣所はちょっと狭い感じだ。浴室は換気が悪く、湯気がこもっていた。
黄褐色のお湯を溢れさせた浴槽は二つに分かれていて、女湯では左手が源泉浴槽、右の露天側が加熱浴槽となっていた。源泉浴槽はほぼ体温と同じ36度。熱くもぬるくもなく、まことに心地よい。
加熱浴槽の方は42度。わたしには少々熱いので、ずっと源泉の方に浸かっていた。
お湯の中で肌を撫でると、とてもヌルヌルする。湯口にコップがあるので、お湯を口に含んでみる。匂いはあまりない。舌の中央に強い甘みを感じるが、飲み干してみるとあんまり甘くない。
よく肌に泡がつくと評されるが、わたしのときはあまり付着しなかった。(腕や足のムダ毛を処理したのがいけなかったかな?)
露天風呂は加温しているようだが、雰囲気はよい。樽風呂、鉱泉風呂、サウナなども備え、広々としている。
内湯、露天ともに掛け流しで、洗い場のシャワー、カランからも源泉が出てくる。
非常にヌルつくお湯のため、髪や体を洗った後いくらすすいでも、いつまでもヌルヌルが続く。まだ洗い流せてないのかと、延々すすぎを繰り返すので、腕が疲れてしまう。でも、この泉質は素晴らしい。ヌルヌル度では長野県・白馬八方尾根温泉や、あららぎ温泉湯元館に匹敵する。 
それにしても「@nifty温泉情報」の口コミには初花に対する数々の悪評が書込まれているが、いったいなんなんだろうか。
曰く、従業員の態度が悪い、社長と何度もすれ違ったのに挨拶もない、終了時間になると客がいるのに電気を消して従業員がさっさと帰ってしまう、などなど。
確かに、わたしのときも受付の女性に今ひとつ愛想が足りなかったり、帰るときの「ありがとうございました」のタイミングがとっても遅く、あとから思い出したように付け加えていたりと、あれ?と思うようなことがあった。
あとでこの口コミを読んで、なんとなく納得がいった気分。社長に仕事や従業員への愛がないと、こういうことになってしまうんだよね。泉質はとてもよいし鰻も美味しいのに、後でこんな悪評を接するととてもガッカリしてしまう。早く評判に気づいて、体質を改めてもらいたいものだ。
山梨県 施設名 野天風呂 天水 キャンプ日記を見る 
源泉名 河口湖温泉
住所・電話 南都留郡河口湖町河口湖水口2217-1 0555-76-8826
アクセス 中央道河口湖IC〜R139・137経由で約4`
営業時間 10:00〜22:00(7・8月は24時間営業)
定休日 無休
料 金 1,000円(2時間)
泉 質 カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、切り傷など
施 設 男女とも内湯2、露天1、休憩所あり
駐車場 奥まった所にあるので、ロングサイズ・トレーラーは無理かも。普通のキャンピングカーなら問題ない。(と思う。要確認)
備 考 河口湖北岸の地底1500mから湧く天然温泉。野趣あふれる露天風呂が魅力。
山梨県 施設名 ロイヤルホテル河口湖 開運の湯 キャンプ日記を見る 
源泉名 河口湖温泉
住所・電話 南都留郡河口湖町船津大池ポプラ公園前 0555-73-2228
アクセス 中央道河口湖IC〜R139経由で約8`
営業時間 11:00〜23:00(最終受付22時)
定休日 無休
料 金 1,000円(2時間)
泉 質 カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性皮膚病など
施 設 男女とも内湯1、露天2、休憩所は有料
駐車場
備 考 ロイヤルホテル内にあり、たいへん風情のある造りになっている。特に露天風呂に渡っていく木の通路が能の舞台のようだ。
山梨県 施設名 温泉寺 キャンプ日記を見る 
源泉名 河口湖温泉
住所・電話 南都留郡河口湖町船津6677  0555-72-6111
アクセス 中央道河口湖IC〜R139経由で約5`
営業時間 11:00〜22:00
定休日 無休
料 金 大 人(中学生以上)2,200円 小 人(中学生以下)1,700円 
泉 質 カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉
効 能 慢性便秘、肥満症、通風、冷え性、神経痛、筋肉痛など
施 設 男女とも内湯3、露天1、ミストサウナ、ボディ・ヘアソープ、ドライヤーあり
駐車場
備 考 いろんな種類の浴槽があり、富士山も見え、長い時間にわたって楽しめる。夕暮れ時の露天風呂浴槽内の照明が美しい。建物の作りも庭なども和風情緒に満ちている。
山梨県

H16.12.13
入浴
施設名 山中湖平野温泉 石割の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 山中湖平野温泉
住所・電話 山梨県南都留郡山中湖村平野1450  0555-20-3355
アクセス ■東名自動車道 御殿場I.〜R138〜諏訪I.C〜山中湖
■東名自動車道 河口湖I.C〜東富士五湖道路〜山中湖
営業時間 10:00〜21:00(最終受付 20:30)
定休日 木曜日(7〜8月および祭日を除く)
料 金 ■大人700円  ■学生500円  ■小人200円
泉 質 ■泉質:アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性低温泉)
■源泉名:山中湖平野温泉  ■成分総計:221.8mg/kg  ■源泉温度:25.6度
■ph10  ■湧出量:185リットル/分
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、美肌、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等
施 設 男女別内湯1、露天風呂2、備品あり、休憩所あり。
駐車場
備 考 山中湖にもう一つある日帰り施設「紅富士の湯」に比べると規模も小さく、場所も目立たないため、「紅富士」ほど混んでいないように思われる。ここは山中湖に別荘を持つタレント・奈美悦子のお気に入りの温泉とのことである。内湯はややオーバーフローしているものの、底面からの強力な吸水&塩素臭もあり、完全循環と思われる。湯温はやや熱め。奥にはカーテンを引いて使用する打たせ湯もある。
少し内湯に浸かった後、露天に移動。最初は岩風呂に入ったが、鼻が曲がりそうなほどの強力塩素臭に早々に退散し、檜風呂に入ってみた。ここは岩風呂からドアのある通路を通り、ちょこっと離れた場所にある。湯温がぬるめで塩素臭があまり気にならなかったので、もっぱらこの檜風呂で長話しをしていた。注ぎ口からは源泉と思われる冷たい水が注がれており、最初のうちはちょっと寒く感じられた。「ぬるい、寒い」と連呼していたら、そのうち底から熱い湯が注ぎ込まれだして、出る頃にはかなり熱めの湯になっていた。
この温泉はphが10もあるのに、まったくヌルヌルしないのはかなり物足りない。凄まじくにゅるにゅるした「あららぎ温泉」はph9.4である。phとぬめりは比例しないことも多いのは興味深い。
あとから「関東周辺日帰りみしゅらん」という温泉紹介HPを見たら、掲示板常連・うつぼさんによる「石割の湯」レポが掲載されていた。それによると、この檜風呂のお湯はごく微かな石膏臭と弱いキシキシがあり、泡つきもあって、「ここがいちばん温泉らしいお湯」とのことだった。これはしまった、大失態。おしゃべりがあまりに楽しかったせいか、そういったことにまったく気づかなかった。循環だから塩素臭以外の匂いも肌触りもなく、当然泡つきなどないとハナから決めつけていたのである。やはり達人・うつぼさんの域にはまだまだほど遠いわたしだった。
内湯には「源泉ぬる湯」もある。冷たい源泉が注ぎ込まれていて、この時期入るにはちょっと辛い。「飲まないでください」という注意書きがあり、脱衣所の分析表には「源泉ぬる湯は掛け流し」と書かれていたので、なぜ飲めないのか気になって後でロビーの従業員さんに尋ねてみた。すると、タンクに2週間ほど溜めてから使用しているので飲めないんです、という返事だった。玄関を出て左手にある飲泉所からは新鮮な源泉が飲め、温泉スタンドもある。なぜ2週間も溜めておくのか疑問に思ったが、そこまでは訊かなかった。湯量が足りないので、夜間も休館日もずっと溜めておいているのではないかと推測されるが、どうだろうか。ちなみに外の飲泉所で飲んでみたら、口に香ばしさの残る硫黄味だった。こういう良泉が湧出しているのに、そのままの状態で楽しめないのは非常に残念なことだと思った。
山梨県

H16.12.13
入浴
施設名 山中湖温泉 紅富士の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 山中湖温泉
住所・電話 山梨県南都留郡山中湖村山中865-776  0555-20-2700
アクセス 東名自動車道 御殿場I.〜R138〜諏訪I.C〜山中湖
東名自動車道 河口湖I.C〜東富士五湖道路〜山中湖
営業時間 10:00〜21:00(最終受付 20:30)
※12月〜3月(土日・祝日のみ)午前6時より営業
定休日 火曜日(7〜8月および祭日を除く)
料 金 大人700円  学生500円  小人200円
泉 質 泉質:アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性低温泉) 源泉名:山中湖温泉
成分総計:177.4mg/kg  源泉温度:25.6度  ph9.7  湧出量:243リットル/分
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、美肌、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等
施 設 男女別内湯1、露天風呂2、備品あり、休憩所あり。
駐車場
備 考 こちらは「石割の湯」より規模が大きく、はるかに豪華な施設。内湯にはジェットバス、寝湯、源泉ぬる湯の3つ。「石割の湯」同様、源泉ぬる湯には「飲まないでください」との文字があった。また「泳がないでください」とも書いてあるが、かなり広めなので、あれほど注意しておいた娘がちょっと目を離した隙に泳いでました。(おいおい)
この源泉ぬる湯を除いて、内湯、露天風呂ともに循環。露天の「檜の湯」はかなりキツイ塩素臭で、数秒しか浸からなかった。「岩の湯」も塩素は匂うが、まだ少しは我慢できる程度。誰も入っていないので、わたしはもっぱらこちらの「岩の湯」に入っていた。お湯に関してはまったく特筆すべき事柄もない。
昼間であれば雄大な富士山が望むことができるが、改めてまた来ようとは思わないお湯だなぁ。まあ、露天風呂から紅富士は見たいけれど・・・。
※新年、「2005年元旦の早朝、富士山が紅富士にならなかったら、早朝の入館者に無料招待券をプレゼント」という企画がある。その日は朝6時からの営業となります。
山梨県

H17年8月13日入浴
施設名 富士展望の湯ゆらり  キャンプ日記を見る 
源泉名 富士眺望の湯ゆらり
住所・電話 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5  Tel:0555-85-3126
アクセス [中央道]河口湖IC〜国道139号を本栖湖方面へ15分
[東名道]御殿場IC〜国道138号を山中湖、富士吉田方面へ30分
営業時間 10:00〜22:00
定休日 無休
料 金 ■大人1,200円(貸バスタオル・タオル付) 小人600円(貸タオル付)
■19時以降は大人1,000円に割引
泉 質 ■泉質:カルシウム・マグネシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
■源泉温度 33.2度  ■pH 7.9  ■成分総計 1.2466g/kg   ■湧出量 103.8リットル/分
効 能 神経痛、筋肉痛等
施 設 男女別内湯各1、備品なし
駐車場
備 考 16種類のお風呂が売りの、大型日帰り温泉。いわゆるスーパー銭湯系である。お風呂がいくつもあるのが好きでお湯の質は問わないという人にはいいだろうが、料金が高い。そして、週末はむちゃくちゃ混んでいる。
最近、関東にも増えてきた掛け流しを売りにするスーパー銭湯ではなく、昔ながらの循環型温泉だ。五右衛門風呂だの洞窟風呂だの数だけは色々あるが、どれも塩素臭くて本当の癒しからは程遠い。
入り口から入ってすぐのところに源泉足湯のようなスペースがあるが、有料の塩マッサージをしており、気軽に足を浸けられるような雰囲気ではなかった。なんだが商売っ気が強すぎて、げんなりしてしまう。
キャンピングカーで乗りつけると、駐車場の警備員があらかさまに嫌な顔をするという噂である。二度と行きたくないワースト5に入る。
山梨県

H17年8月13日入浴
施設名 富士河口湖西川温泉 麗峰の湯   キャンプ日記を見る 
源泉名 西川温泉麗峰の湯
住所・電話 山梨県南都留郡富士河口湖町河口字湖辺2720-2  Tel:0555-76-7222
アクセス 中央道 河口湖IC〜河口湖畔へ、猿まわし劇場東
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜日
料 金 大人 500円
泉 質 ■泉質:カルシウム・ナトリウム-硫化塩温泉(アルカリ性低張性低温泉)
■源泉温度 33.7度  ■pH 9.36  ■成分総計 1.616g/kg
■湧出量 151リットル/分
効 能 [浴用] 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病
[飲用] 慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、通風
施 設 男女別内湯各3、備品なし、休憩所あり
駐車場
備 考 河口湖の温泉は、平成12年に河口湖畔でキャンプをしたときにあらかた入ったと思っていた。そして、その多くは循環だと思いこんでいた。そのため掛け流しのここを教えられたときは、かなり意外な印象を抱いた。
河口湖には源泉が4つあり、ここはその一つ。2004年にオープンした、新しい源泉である。
入ると小さな受付があるが、管理人不在の時用に料金箱が置かれてある。お金を入れ、入り口を開けるともうそこがいきなり絨毯敷きの休憩所になっている。テーブルが2つ3つあるだけの小さな部屋だ。そして、すぐ女湯、男湯のドアがある。
脱衣所も狭く、ロッカーは見あたらない。カゴに脱いだ衣類とバッグを入れる。
浴室は内湯のみで、露天風呂はない。暗めでかなり狭い。人が一人ずつ入れるくらいの浴槽が三つ並んでおり、洗い場も3つ。
右手前が加温していない、33度くらいの源泉浴槽。左奥が42度に加温している浴槽。いずれも掛け流しにされている。源泉浴槽は非常にぬるく、ほのかに硫化水素臭が漂っている。植木鉢にコップが置かれてあったので飲んでみると、飲みやすい卵味である。
夏なので入っていられるが、冬は厳しいだろう。冷えてきたら、加温浴槽に移動。熱くなったら源泉浴槽。代わる代わる行き来して、けっこう楽しかった。
だが、途中から年をとった親子連れが現れ、それぞれ一個ずつ浴槽を独占してしまった。体を洗ったり浴槽を移動したりしてくれればよいのだが、ちっとも動いてくれない。(もっと譲り合ってくれないかなぁ。)
しかも娘さんの方がわたしのことをじーっと見つめてくるので、どうにも落ち着かない。残念だったが、心残りのまま出ることにした。
それにしても狭いので、混雑してきたらどうにもならないのではないだろうか。洗い場も狭く、浴槽のすぐそばなので、シャンプーの泡がお湯に落ちてしまいそう。できれば、お湯使いはそのままで(循環にはしないで)、ぜひ拡張していただきたいものだ。
山梨県

H17年8月13日入浴
施設名 下部温泉会館   キャンプ日記を見る 
源泉名 下部厚生組合共同泉
住所・電話 山梨県西八代郡下部町1030-1  Tel:0556-36-0124
アクセス 中央道河口湖ICよりR300〜約60分
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜日
料 金 大人300円、小人200円、幼児100
泉 質 ■泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)  ■源泉温度 31.6度
■pH 8.52  ■成分総計 0.545g/kg   ■湧出量 182.2リットル/分(自噴)
効 能 神経痛、筋肉痛等
施 設 男女別内湯各1、備品なし
駐車場 ロングサイズ・トレーラーは置き場がない。普通のキャンピングカーなら可。
備 考 本栖湖キャンプ場から30分以上もかけて行った下部温泉だったが、お目当の「源泉館」での入浴を断られてしまった。いくらお盆休みで混んでるからって、せっかく来た入浴客をすげなく断るなんて。最悪。
しょうがないから行った温泉会館も最悪。塩素消毒し、完全循環した最悪のお湯。 こんなの温泉とは言えない。
窓の下には川が流れており、眺めは悪くない。清々しい風が入ってきて、熱い湯にほてった体を冷やしてくれた。
これでお湯が原形をとどめていたら良かったのだが。それにしても、なんだってこんなに熱く加温しているんだろう。夏の暑い盛りにこんなに熱くちゃ、体に悪いんじゃなかろうか。

  


[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。