目次へ
          和歌山県(9湯)
和歌山県

H17年12月31日入浴
施設名 ホテル浦島   
住所・電話 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1165-2  Tel:0735-52-1011
源泉名 ホテル浦島 温泉集中タンク(岩窟湯、赤島湯、赤嶋2号線、浦島湯、金湯の混合泉)
アクセス 伊勢道 勢和多気IC〜R42にて約4時間30分
営業時間 9:00〜19:00
定休日 年4回不定
料 金 大人1,000円 小人500円(お正月料金は割高となる)
泉 質 ■泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
■源泉温度 48.0度 ■湧出量 358リットル/分 ■ph値 7.7
備 考 那智勝浦漁港に突き出した半島に位置する、超巨大ホテル。名前の通り、そこへ入ったが最後、浦島太郎みたいに時が過ぎるのを忘れるほどだ。
6箇所の温泉めぐりが楽しめるが、最大の売りは「忘帰洞」という露天風呂。大正初期にかつての紀州藩主・徳川頼倫公がここを訪れ、「帰るのを忘れるほど」 と賞賛し名づけられた名前だという。熊野灘の荒い波風に浸食されてできた天然の洞窟にあり、お湯に浸かりながら大海原を眺めることができる。
本館から長いエスカレータに乗って登った先にも「山上館」というのがあり、全部のお風呂にはいるとなると結構時間を費やす。余裕のあるときに湯めぐりを楽しみたい。
今回はあまり時間もなく、「忘帰洞」と「山上館」のみ入浴。詳細は画像入りページをどうぞ。
和歌山県

H18年1月1日入浴
施設名 ゆりの山温泉   
住所・電話 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河8  Tel:0735-52-5106
アクセス 阪和自動車道みなべICから国道424号〜42号〜那智勝浦方面へ107km
営業時間 9:00〜22:00
定休日 無休
料 金 大人300円 小人200円
泉 質 ■泉質:硫化水素泉 ■泉温 38.5度 ■湧出量:126リットル/分
施 設 内湯1、備品なし
備 考 南紀勝浦温泉とは「ゆかし潟」を隔てた反対側にある。温泉地としては湯川温泉に近い。ちなみに「ゆかし潟」は望郷の詩人・佐藤春夫が名付け親なのだそうだ。
「ゆりの山温泉」は、その「ゆかし潟」の横にある坂を少し登った所にある。看板の案内に従って歩いていくが、民家が並んでいて温泉があるような雰囲気ではない。歩いていてちょっと心細くなり、犬を散歩させていたおじさんに尋ねてみた。すると、「そこの山をちょっと登ったところだよ」と言われ、「えー、山?」と思いつつ、ようやく辿り着いた。「ゆかし潟」から徒歩5分弱だろうか。
なんとなく奥ゆかしい感じの施設だが、すぐ前には大きな駐車場もある。我が家のトレーラーはちょっと途中の道が厳しそうなので入って行かなかったが、クラスCのキャンピンカーなら大丈夫だ。
番台には、実に愛想のよいお婆ちゃんが座っていた。ここへ来るにあたってあらかじめ確認の電話を入れた時、「今日はやってますか?」との問いに、「やってますよぉ、あんたぁ♪」と飾りっけのない返事をしてくれたお婆ちゃんである。
浴槽は大きいのがでーんと一つあるだけ。お湯は無色透明だが、硫黄の匂いがぷーんと漂う。浴槽内に吸い込み口はないし、正真正銘の掛け流しだ。
お湯はぬるめで、いつまでも入っていられる心地よさ。あまり時間がないのでゆっくりしていられないのが残念なくらい。浸かっていると、ほんのり汗が浮かんでくる。
熱いお湯ばかりが温泉じゃない。お湯がぬるいと怒るおじさん・おばさんに、ぬるめの極楽があるということを知ってもらいたいものだ。
度肝を抜かれたのは、洗い場のカラン。なんと蛇口がなくて、源泉がどばどば出っぱなしなのだ。思わず「もったいない」という感想が湧いてくる。湧出量が毎分126リットルというと、温泉施設としてはそんなに多い感じはしない。それなのに、こんなに湯量豊富な印象を受けるのは、ここがちょうどよい器だからだろう。
このどばどばーっと出る音を聞きながら、ぼーっと湯船に浸かっていると時間を忘れるほど。もっとずっといたかった。
和歌山県

H18年1月1日入浴
施設名 湯の峰温泉 公衆浴場くすり湯   
住所・電話 和歌山県田辺市本宮町湯峰  Tel:0735-42-0074
アクセス 熊野本宮大社から車で10分ほど
営業時間 6:00〜22:00
定休日 無休(清掃による不定休あり)
料 金 ■公衆浴場:大人250円、小人130円
■くすり湯:大人380円、小人190円
■つぼ湯:大人750円、小人450円(ただし午後9時半まで)
泉 質 ■泉質:含硫黄-ナトリウム・炭酸水素塩-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
■源泉温度 89.6度 ■ph値 7.8 ■湧出量:87リットル/分
施 設 内湯1、備品なし
備 考 夕暮れが迫る時刻に辿り着いた湯の峰温泉。目的は有名な「つぼ湯」に入ることだったが、渡された番号札で入れるのは2時間も先のこと。
そこで、まず公衆浴場の「くすり湯」に入ることにした。「つぼ湯」にしても「くすり湯」にしても、入るにはまず受付の券売機でチケットを買う必要がある。「一般湯」、「くすり湯」、「つぼ湯」に分けられたボタンがあるので、入りたい所のボタンを押す。「一般湯」と「くすり湯」とはどこが違うかというと、「くすり湯」の方は薄めず冷ました源泉をそのまま投入しているらしい。
また、「つぼ湯」を購入すると、同じチケットで「くすり湯」にも入ることができる。最初、そのことを知らずに「くすり湯」を買ったわたし、「つぼ湯」にも入ることを告げたらお金を返してくれた。 
浴槽は10人も入れば一杯になりそうなのが一つだけ。白濁しており、最初はかなり熱く感じる。
自然保護のため石鹸、シャンプーの類は禁じられているため、ひたすら浸かるだけの温泉である。
わたしたちが来たとき、ちょうど団体さんが帰る直前だったのでごった返していた。その波が引いた後は静寂が訪れ、じっくりと「くすり湯」を堪能することができた。
天井は高く、湯気が登っていくようになっている。なかなか鄙びていて、マニア心をくすぐる温泉である。
この湯の峰温泉は、奥熊野本宮温泉郷(湯の峰、渡瀬、川湯)のひとつ。約1800年も昔、成務天皇(在位121年〜190年)の代に大阿刀尼によって発見されたとされる、日本最古といわれる温泉地である。
温泉名は、湯の花でできた薬師如来の胸から温泉が湧いていたことに由来し、「湯の胸」転じて「湯の峰」となったそうだ。
大きなホテルなどは一軒も建っておらず、古い旅館や民宿が建ち並ぶ小さな温泉場だ。
熊野詣での「湯垢離場(ゆごりば)」として栄え、河原には日に7回色が変わるという共同浴場「つぼ湯」がある。
和歌山県

H18年1月1日入浴
施設名 湯の峰温泉 つぼ湯   
住所・電話 和歌山県田辺市本宮町湯峰  Tel:0735-42-0074
アクセス 熊野本宮大社から車で10分ほど
営業時間 6:00〜22:00
定休日 無休(清掃による不定休あり)
料 金 ■公衆浴場:大人250円、小人130円
■くすり湯:大人380円、小人190円
■つぼ湯:大人750円、小人450円(ただし午後9時半まで)
泉 質 ■泉質:含硫黄-ナトリウム・炭酸水素塩-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
■源泉温度 89.6度 ■ph値 7.8 ■湧出量:87リットル/分
施 設 内湯1、備品なし
備 考 上の「くすり湯」から上がり、1時間ほど待つ間、「つぼ湯」の順番が来るまで周りをウロウロしたり、「筒湯」で卵を茹でたり、茶屋でお茶したりして過ごした。
「つぼ湯」ではドアの左側に、受付で渡される番号札を掛けて入る。それを見れば、あとの人は現在何番が入浴中だとわかる仕組みなのである。
湯小屋の裏側には「小栗判官湯治場」と書かれている。小栗判官とは、浄瑠璃、歌舞伎、人形芝居などでヒロイン・照手姫とともに親しまれてきた伝説上の人物である。(詳細は画像入りページにあります)
1回の入浴につき30分の制限時間が設けられているが、グループごとに入浴できる。そのため、夫婦やカップルで入る人たちが多い。わたしたちの前のグループも、浴衣を着たカップルだった。
自然石をくりぬいた風趣満点の湯船である。川底に設えてあるため、非常に切り立った室内構成になっている。
「世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道」の登録地域にある温泉であるため、つぼ湯は世界遺産に登録されている公衆浴場として世界唯一である。
1日に7回色が変わるというお湯、このときは青みがかった白濁湯。
大の大人が2人も入れば一杯、我慢すれば3人、無理すれば4人入れるかなというくらい小さな浴槽だ。奥の方は岩が覆い被さるように迫り上がっている。
浸かっていると、岩の隙間や底からお湯が湧出しているのがわかる。それもけっこう熱い温度だ。で、人が浸かるとこんな感じ。成人男性が3人も入ったら大変なことになりそう。
ここはテレビで紹介されたこともあり、現在大変な人気。30分しか入れないのが残念だ。ぜひまた入りに来たい。できれば旅館に泊まってみたいと思った。
和歌山県

H18年1月1日入浴
施設名 川湯温泉仙人風呂   
住所・電話 和歌山県田辺市本宮町川湯  Tel:0735-42-0735(熊野本宮観光協会)
アクセス 東名阪道〜伊勢自動車道勢和多気IC〜新宮〜R168〜
営業時間 6:00〜23:00
定休日 基本的に無休。天候や清掃のため利用できないことがあるので、HP等で要確認。
料 金 無料
泉 質 ■泉質:単純泉 ■泉温 73度
施 設 混浴露天風呂(女性専用脱衣所あり)
備 考 仙人風呂は、大搭川を冬期間限定(11月〜2月)で堰き止め、混浴の露天風呂とした川湯温泉の名物である。夏季は普通の河原の状態で、自分でスコップなどを使って掘るようになっている。
関東では群馬県の尻焼温泉が同じように河原に湧く温泉として有名だ。前々から行ってみたいと思っていたが、比較的近いということもあって、なんとなく先延ばしにしてきた。
今回は滅多に来られない和歌山ということもあって、気合い十分。女性専用脱衣所で、わたしは一人服を脱いだ。照明がついてないので真っ暗。足元には先客のブーツや靴などが転がっていて、間違って踏みつけてしまった。
男性は「仙人風呂」と書かれている柵の向こうで脱ぐ。よしずの柵に脱いだ服が何枚も掛かっているのが見える。
ゴロゴロした石の上を歩くので、足の裏がとっても痛い。ビーチサンダルを持ってきたら良かったと思った。
カップルや家族連れなどは皆、等間隔を保ってそれぞれの場所で楽しんでいる。川底からぽこっ、ぽこっとお湯が湧出してくるのが面白い。お湯はなんとなく生臭いような、川の水らしい匂い。とりたてて臭いというほどではない。
お湯の質は取りたてて書くべきことはがないが、湯温が低いのでのんびりできるのがいい。それでも10分も浸かっていれば、ほんのり汗が浮かんでくる。今度来る機会があれば、昼間、水着で入ってみたい場所だ。
和歌山県

H18年1月2日入浴
施設名 天然温泉串本    
源泉名 串本温泉
住所・電話 和歌山県東牟婁郡串本町串本1820-3 Tel:0735-62-5792
営業時間 13:00〜22:00   
定休日 無休
料 金 大人(高校生以上)600円、小中学生400円、小学生未満300円、2歳以下は無料
泉 質 ■泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
■泉温 27.4度 ■ph8.2 ■湧出量 108リットル/分 ■成分総計 6.148g/kg
施 設 男女別内湯各1、リンスインシャンプー、石鹸あり、休憩所あり(ソファがあるのみで、おじさんたちの喫煙談話コーナーと化していた)
備 考 かつお茶漬けの「萬口」へ行く途中、看板だけチラと目撃、帰りに行こうと目星を付けておいた温泉。
本当は「サンゴの湯」でナトリウム系の温泉に入りたかったのだが、月曜日定休ということで開いていなかった。
ここは隣りに建つ「ビジネスホテル串本」の併設。宿泊客は無料で入浴できるそうだ。ここが循環か掛け流しかはほとんど賭けだったが、入り口からロビーに入るなり硫黄の匂いがプンと鼻をくすぐり、掛け流しだと直感した。
浴室は小さくシンプル。無色透明な硫黄泉が満たされていた。どこにも湧出口がなく、不審に思って壁に二つ並んでいる蛇口の一方をひねってみたら、冷たい硫黄泉がドバッと出てきた。もう一方の蛇口からは加熱した硫黄泉が出る。浴槽のお湯が熱いので、冷鉱泉がなんともちょうどいい心地よさ。冷たいながらも硫黄の香りプンプンで、嬉しい限りだ。
ちょうど夕食時だったためか、誰も入ってこなくて貸切状態。通りすがりに飛びこんだわりにはいい温泉だった。
浴室は狭いしロビーも落ち着かない感じだが、こんな温泉に入れるビジネスホテルだったら泊ってもいいかも。
和歌山県

H18年1月2日入浴
施設名 リヴァージュ・スパ ひきがわ    
源泉名 串本温泉
住所・電話 和歌山県西牟婁郡日置川町日置1013-25  Tel:0739-52-2370
アクセス 阪和自動車道、湯浅御坊道路 みなべIC〜R42を南下〜田辺、白浜を経由〜日置川町。みなべICより38km。
営業時間 11:00〜21:00(火・金曜日は15:00〜21:00) 
定休日 無休
料 金 大人500円、小人300円大人(高校生以上)600円、小中学生400円、小学生未満300円、2歳以下は無料
泉 質 ■源泉名:日置川温泉渚の湯 ■泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
■源泉温度 38.1度 ■湧出量 195リットル/分 ■ph値 10.3 ■成分総計 0.225g/kg
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
施 設 内湯5、露天風呂1、備品・ドライヤーあり
備 考 ホテルだが、日帰り入浴も広く受け入れている。非常にヌルヌルするお湯と聞き、楽しみに訪れた。
大きくて綺麗なわりには料金が安いせいだろうか、家族連れの入浴客で非常に混雑していた。小さな子どもが浴室を走りまわり、ぬるい源泉浴槽で泳ぐ。なんかリラックスできない。小学校高学年の女の子が長い髪を束ねもせず泳いでいるのを見たときは、さすがに注意しようと喉元まで声が出かかった。だが最後の勇気が出ずに見送ってしまい、かえってストレスが溜まってしまった。
浴槽には薬草風呂だの足つぼ湯だのと色々あるが、源泉掛け流しは一つだけ。加熱せずそのまま注がれているので、とてもぬるい。冬場などはほとんど水風呂のような感覚だ。でも、隣の加熱浴槽は消毒臭がするし熱いので、わたしはほとんどこの源泉湯に浸かっていた。
お湯は期待通りのヌルヌル系。ph値が10.3と高アルカリ性である。湯口で硫化水素の匂いがする。
露天風呂は加熱した源泉がおそらく半循環で利用されているようだ。こちらもぬるぬるするが、やっぱり源泉湯の浴槽が一番ぬるぬるして心地よい。
もっと空いていればよかったが、訪れた時間帯が悪かったかもしれない。まあ、非循環の源泉浴槽を設けているのは非常に良心的で評価できる。
ホテルでありながら夜も入れるのも嬉しい。機会があれば再訪したい。
なお、わたしたちは隣の道の駅「志原海岸」にトレーラーを置いて入浴したが、「リヴァージュ・スパ ひきがわ」にも大きな駐車場が備えられている。大型キャンカーでも大丈夫だ。
和歌山県
施設名 黒潮温泉    
源泉名 和歌山マリーナシティ ホットスプリング
住所・電話 和歌山県和歌山市毛見1517 TELL:073-448-0008
営業時間 10:00〜22:00(最終21:30)
定休日 不定休
料 金 大人800円 小人500円
泉 質 単純泉(低張性・中性・高温泉)/46.8度
陽イオン・・・ナトリウムイオン、カルシウムイオンなど
陰イオン・・・塩素イオン、炭酸水素イオン、硫化イオンなど
効 能 神経痛、筋肉痛、関節炎、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、
痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進等
施 設 男女別内湯1、露天1、サウナあり
和歌山マリーナシティの真下、地下1,500mから湧き出した源泉を使用しているそう。和歌山浦の展望が自慢。
和歌山県
施設名 花山温泉     
源泉名 花山温泉
住所・電話 和歌山県和歌山市鳴神574 Tel:073-471-3277
公式サイト http://www.yakushi-yu.co.jp/
営業時間 8:00〜23:00
定休日 木曜日
料 金 大人1000円 小人500円(午後5時より割安)
泉 質 含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム塩化物・炭酸水素塩泉
効 能 神経痛、リウマチ、慢性胃腸炎等
施 設 男女別内湯2、露天1
源泉は無色透明だが、鉄分が多いため湯船で茶褐色に変化する。源泉掛け流し。露天風呂はときどきボボボボ〜という音とともに噴き出してくるため、常に掛け流しという状態ではない。そのため、底に薄い板状の析出物がたくさん沈殿している。浴槽のフチにも温泉成分が分厚くこびりついていて、さながら鍾乳洞のよう。内湯の注ぎ口にコップが置いてあるので一口飲んでみたが、想像を絶するまずさ。しょっぱくて、とても飲み込めない。
1200年前に自然湧出しているのを発見されたが、その後、天変地異による地質の変化から止まってしまう。昭和40年、掘削により地下501メートルからガス圧により自然湧出させることに成功したという。
 

     

[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。