目次へ
         静岡県(27)
静岡県

H18年.2.26
入湯
施設名 千人風呂 金谷旅館  キャンプ日記を見る 
源泉名 河内温泉オボウの湯
住所・電話 静岡県下田市河内114-2  Tel:0558-22-0325
アクセス 伊豆急線連台寺駅より徒歩4分。バス停「河内温泉」前。
営業時間 9:00〜22:00(お問い合わせください)
定休日 無休
料金 ■大人700円
泉質 ■源泉名:河内温泉オボウの湯  ■泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
■源泉温度 55度  ■ph 8.2
■ナトリウムイオン86.2mg/kg、カルシウムイオン22.8mg/kg、塩素イオン61.2mg/kg、硫酸イオン107.2mg/kg
効能 リウマチ性疾患、運動器障害、神経麻痺、神経症、病後回復期、疲労回復
施設 混浴内湯1、女性専用内湯1、混浴露天風呂1、女性専用露天1、備品あり、ドライヤー有料、休憩所あり
備考 大型車2台がすれ違うには難儀するバス通りに面した、実にさりげない佇まいの金谷旅館。千人風呂などという仰々しい温泉があるとも思えない、普通の旧家といった雰囲気だ。
玄関のドアはガラスのスライドドア、中も鄙びた雰囲気でなかなかレトロ。
女性専用の浴室「万葉の湯」に入った。まだ時間が早いせいか、人が少ない。浴槽の幅は約5m、長さは約11m。混浴の「千人風呂」より少し長さが足らないだけで、じゅうぶん広い。浴槽は4つに仕切られている。酒樽の形をした湧出口からはけっこう熱いお湯が注ぎ出ている。
一番端にもっともぬるい浴槽があり、とても快適だった。泉質は単純泉で、あまり強い特徴はない。しかし、注ぎ口近くにいると硫化水素臭がほんのり香る。加熱したお湯独特のボイラー臭などはしない。源泉そのままの非加熱で提供しているのだ。泡付きや肌のぬめりなどはなく、味もほとんどない、おとなしめのお湯と言える。
この浴室の雰囲気は百点満点。浴槽も床も壁もすべて檜で作られており、木のぬくもりに包まれる感じがする。
ところで、脱衣所の奥に鍵がぶら下がったドアがある。混浴の「千人風呂」への入り口だ。鍵の一つを持ってドアを押し開けると、奇妙な三角形の小部屋に出る。そこにもお湯が満たされ、混浴内湯と木戸一枚隔てて繋がっている。鍵を持たずに混浴へ行くと、戻れなくなるので要注意。
混浴内湯の方は空調が悪く、湯気がもうもう。女湯の方はすっきり視界がクリアである。
ひとつだけ残念なのは、脱衣所のすぐ前が喫煙所になっていること。脱衣所の中にも煙が入ってくるし、出たところで煙を浴びるのは不快だ。ぜひとも改善していただきたい。
静岡県
施設名 駿河の湯 坂口屋  キャンプ日記を見る 
源泉名 駿河の湯 坂口屋
住所・電話 静岡県沼津市岡宮1265-3 Tel:055-926-4126
アクセス 東名道 沼津ICより800m(約2分)
営業時間 10:00〜231:00
定休日 第3木曜日(8月は無休)
料金 ■平日午前 大人730円、小人400円/午後 大人950円、小人500円
■土日祝日3時間 大人10,50円、小人550円/1日券 大人1,470円、小人750円
■平日夜9時以降 大人500円 小人300円
泉質 ■源泉名:駿河の湯 坂口屋 
■泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(等張性アルカリ性)
■掘削深度 1329.75m(愛鷹山1188mより深いそうだ)
■源泉温度 45.5度  ■ph 7.7
■ナトリウムイオン2,208mg/kg、カルシウムイオン1,498mg/kg、塩素イオン5,639mg/kg、硫酸イオン536mg/kg、成分総計 5,206mg/kg
施設 内湯2、露天風呂3、備品・ドライヤーあり、休憩所あり
備考 沼津インターを降りてすぐのところにある「駿河の湯」。料金は高めだが、平日の夜は500円で入れる。
浴室は3階で、せっせと階段を登るはめになった。駐車場スペースを広くとるため、こういう構造になったのではないだろうか。
お湯は循環で塩素臭く、まったく特徴が残っていない。貼り紙ではさかんに泉質の良さを自慢していたが、温泉に詳しくない人はそういうものかと思ってしまうだろう。泉質重視派としては髪と体を洗う銭湯だと割り切って行くしかない。
露天風呂のメインは駿河湾を一望できる岩風呂だが、夜だったので湾は見えなかった。他に、ジャグジー、小さな滑り台のついた子ども浴槽、水風呂、氷穴サウナなどがある。
静岡県
施設名 富士山の温泉 天恵 キャンプ日記を見る 
源泉名 富士山の温泉
住所・電話 静岡県駿東郡小山町須走112-171  0550-75-2681
アクセス 東名道御殿場IC〜R138経由で約12`
営業時間 10:00〜21:00
定休日 無休
料金 900円(土日・祝日は1,500円)
泉質 アルカリ性単純泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、アトピー性皮膚炎など
施設 男女別浴場:内湯2、露天2
バーデゾーン(小さい浮き輪ならOK):ぷーろ、檜風呂、打たせ湯、ジャグジー、ハーブサウナ、露天風呂等、ボディ・ヘアソープ、ドライヤー、休憩所あり
備考 裸浴エリアと水着着用のプールエリアが、同じ更衣室から行き来できる。草津のテルメテルメや渋川スカイテルメなど、プールと温泉が離れているケースが多い中、これは非常に便利。だが残念ながら、温泉の方は循環湯。おまけにダイヤのピアスを無くしてしまって、もう散々だった。
静岡県
施設名 ごてんば高原 御胎内温泉   
源泉名 御胎内温泉 富士山金明の湯
住所・電話 静岡県御殿場市印野1380-25  пF0550-88-4126
アクセス 東名道 御殿場ICから車で20分、裾野ICからは25分
営業時間 10:00〜21:00
定休日 火曜日、12/30・31
1/1〜1/3は夕方6時まで
料金 土日・祝日
 ◎〜15:00 大人1,300円 小人700円
 ◎15:00〜 大人1,000円 小人600円
 ◎18:00〜 大人700円 小人400円
平日
 ◎〜15:00 大人1,300円(割引券利用で1,000円) 小人700円
 ◎15:00〜 大人800円 小人500円
 ◎18:00〜 大人700円 小人400円
泉質 アルカリ単純泉(低張性アルカリ性温泉)  源泉名:御胎内温泉 富士山金明の湯
源泉温度 35.8度  pH 8.6  湧出量:105.0リットル/分  掘削深度:1500m
効能 神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、慢性消化器病等
施設 男女別内湯各2、露天各2、ボディソープ・ドライヤーあり
備考 御胎内温泉の「御胎内」とは、富士山の噴火によってできたといわれる溶岩隧道「御胎内」が人間の胎内に似ていることから、その名前がついたのだという。
夜の8時過ぎに訪れたが、近くにキャンプ場があるせいだろうか、小さな子ども連れなどでかなり混んだ状態だった。
内湯の浴槽内はライトアップされており、幻想的な雰囲気でなかなか綺麗。お湯は塩素臭が強く、特徴のまったくない循環湯。露天には富士溶岩の湯という洞窟状の浴槽があり、お湯もぬるめで落ち着ける。「御胎内」という名前から、母の胎内を連想させるよう造ったのだろうか。晴れていれば、露天から富士山が拝める。
静岡県
施設名 御殿場高原 気楽坊   
源泉名 御胎内温泉 富士山金明の湯
住所・電話 静岡県御殿場市神山719  пF0550-87-3700
アクセス 東名道 裾野ICから車で10分
営業時間 【4〜10月】 10:30〜23:00(最終22:00)
【11〜3月】 10:30〜22:00(最終21:00)
定休日 無休
料金 ■平 日
 ◎1日券 大人1,500円 小人 700円
 ◎カラスの行水券(50分) 大人700円 小人 無料
 ◎夜間券(18時以降) 大人1,300円 小人600円
■土日・祝日
 ◎1日券 大人2,000円 小人1,000円
 ◎カラスの行水券(50分) 大人900円 小人無料
 ◎夜間券(18時以降) 大人1,500円 小人800円
※おむつの取れていない子どもは入浴不可
泉質 ■アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性温泉)  ■源泉温度 28.5度
■成分総計 0.264g/kg
効能 神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、慢性消化器病等
施設 男女別内湯各2、露天各2、ボディソープ・ドライヤーあり
備考 温泉は循環、塩素臭で特筆すべき湯ではない。面白かったのは「塩の湯」。死海の塩を輸入して溶かしているもので、体がぷかりと浮く。ただし、かすかなかすり傷でもかなりしみる・・・というか痛いので、長いことは浸かっていられなかった。
山の方に別途設えてある「天神の湯」があり、急な木の階段を登っていくようになっている。入るといきなり脱衣所で、すぐに露天風呂になっている。囲われていて、景観はゼロ。お湯も塩素臭くて、早々に退散した。
周囲は桜の木がたくさん植えられており、桜のシーズンに訪れるとよいかも知れない。ここのバイキングレストラン「麦畑」のビールは美味しく、料理もなかなか。温泉だとは考えず、食事帰りに立ち寄るお風呂だと思えば、なかなか楽しい施設だろう。
静岡県
施設名 ヘルシーパーク裾野    
源泉名 静岡県すその美人の湯裾野3号
住所・電話 裾野市須山3408 0559-65-1126
アクセス 東名道裾野ICより約5`
営業時間 10:00〜21:00(11〜3月は20時まで)
定休日 木曜日(夏休み期は無休)
料金 500円(3時間)
泉質 カルシウム・ナトリウム・塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)
源泉名:すその美人の湯 裾野3号  源泉温度 45.6度  pH 7.6
総成分:14360.90g/kg
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、打ち身、慢性消化器病など
施設 内湯1、露天1、水着着用のバーデプールあり(別料金)
備考 ながおねキャンプ場のすぐそばにある、新しい市営の日帰り温泉施設。内湯の方は記憶がないが、露天風呂は広くて気持ちがいい。天気がよければ、富士山を望める。プールは子どもが喜んで遊んだ。大人はもっぱらジャグジーや寝湯、体が吹っ飛ぶほどの勢いのジェット水流などでのんびり健康増進を図る。比較的低料金で遊べ、プールとお風呂の更衣室も同じなので使い勝手はいい。
平成17年4月再訪:4年ぶりに入浴して、富士周辺の日帰り温泉の中ではもっともマシな部類ではないかと感じた。露天風呂のお湯はやや黄色がかり、湯口では硫化水素臭がほんのり香る。
静岡県
施設名 朝霧高原グリーンパーク 朝霧高原温泉   キャンプ日記を見る  
源泉名 朝霧グリーンパーク温泉
住所・電話 富士宮市麓浅野146 0544-52-0101
アクセス 東名道富士IC〜R139経由で約25`
営業時間 10:00〜17:00
定休日 無休(12〜2月は火曜休み)
料金 1,000円(15時以降800円)
泉質 カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
効能 神経痛、筋肉痛、消化器病など
施設 内湯1、露天1、休憩所あり
備考 朝霧高原オートキャンプ場を利用した際、入湯。浴場は2階にあり、テラスのような露天風呂から富士山が拝める。富士山から最も近い温泉と言われている。お湯はやや緑がかっており、岩も一部緑色に変色している。
静岡県
施設名 風の湯温泉  キャンプ日記を見る 
源泉名 不明
住所・電話 富士宮市上井出3470-1 0544-54-2331
アクセス 上井出ICより約10分、ミルクランドの近く
営業時間 10:00〜22:00
定休日 火曜日(年末は休館)
料金 大人800円 小人500円、午後5時以降 500/300円
泉質 活性石温泉・ラジウム温泉
効能 神経痛、冷え性、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺等
施設 内湯1、露天風呂1、サウナ1、シャワーあり、備品あり、休憩所あり
備考 そんなにゴージャスではないが、今どきの日帰り温泉施設。内湯は活性石温泉ということだが、おしっこの匂いがして気持ち悪かった。小さな子どもが多いせいか? 露天はイオン化(電離作用)されたラジウム温泉で、掲示にはマナジウム温泉とも書いてある。天然温泉なのかなんなのか意味不明。混んでいるので洗い場は行列。終業30分前の9時半には内湯の照明が消され、露骨な追い出し作戦で不愉快。
10分前には早々と掃除のおばさんが入ってきて、そのときには電気がついた。内湯に浸かっていた友だちが上がって脱衣所に向かおうとすると、お湯が汚れてるからシャワーを浴びるように注意してくれた。やっぱりキタナイのね・・・といった感じである。
静岡県
施設名 天母の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 不明
住所・電話 静岡県富士宮市山宮3670-1 0544-58-8851
アクセス 東名道より西富士道路終点地点〜奇石博物館近く
営業時間 10:00〜20:00(夏季は午後9時まで、入館締め切りは1時間前)
定休日 月曜日(年末年始は休館)
料金 大人400円 小人200円(1時間)
泉質 天然トロン温泉
効能 神経痛、冷え性、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺等
施設 内湯1、露天風呂1、シャワーあり、備品あり、休憩所あり
備考 かなり豪華な日帰り温泉施設。内湯は大きな浴槽で、ジェットバスや寝湯を備えた天然トロン温泉。トロン温泉とは、地下水がトロンを放射する鉱石の間をくぐり、地底のマグマに温められて地上に湧出したものをいうのだそうだ。この大きな浴槽では完全に循環だろう。
露天は強烈な香りの薬湯風呂。ちょっと期待していただけに、超期待はずれだった。しかも終業時間になると、ハエを追い払うがごとき手振りで玄関から追い出そうとするのだ。そりゃ従業員だって早く帰りたいだろうけど、靴下履こうとしてるお客に「そんなの外でやって!」と手ぶりつきで無理やり追い出すんだから。外は雨なのに、犬以下のひどい扱い。町営か市営か知らんけど、サービス業なのに手で追い払うなんて考えられない。一見の観光客相手ならそれでもいいってことなのかな。富士周辺の温泉は、お湯も従業員もサイテー。二度と行きません。
静岡県

施設名 スパヘルス日金の湯(2湯入湯)  キャンプ日記を見る 
源泉名 湯河原温泉 熱海温泉
住所・電話 静岡県熱海市泉西山413-333 пF0465-64-2611
アクセス 東名道より小田原厚木道路〜R135〜湯河原温泉街を経て、万葉公園のさらに上
営業時間 10:00〜22:00(その後変わっているらしい)
定休日 木曜日(年末年始は休館)
料金 840円(一日料金。平日・土日とも)
泉質 弱アルカリ石賁泉(湯河原温泉)
ナトリウム・カルシウム硫酸塩−塩化物泉(熱海温泉)
効能 疲労回復、神経痛等
施設 内風呂1(源泉:湯河原)、露天1(源泉:熱海)、サウナ1、外にプール、ジャグジーあり、シャンプーなし、ボディシャンプー・ドライヤーあり
備考 水着着用のアメリカン・ゾーン(源泉:熱海)、ヨーロッパゾーンがある。子どもは流れるプールで楽しく遊び、大人はジャグジーでのんびり過ごせる。これでこの価格はきわめて安いと思う。
静岡県
施設名 駒の湯源泉荘 
源泉名 駒の湯3号泉 奈古谷16号泉
住所・電話 静岡県田方郡韮山町奈古谷 055-9490-3091 
アクセス 東名道 沼津ICよりR1〜R136経由、約17キロ
営業時間 9:30〜19:00(18時受付終了)
定休日 無休
料金 大人300円 小人200円(カラスの行水コース:40分)
泉質 アルカリ性単純泉  源泉温度 38.8℃ ph9.1  湧出量209リットル/分
効能 疲労回復、美肌効果、高血圧、手術、ケガの後遺症等
施設 内湯 男性5つ、女性3つ
男女別露天風呂各4
混浴露天風呂(冬季は休止)
備品なし
備考 沼津インターチェンジから熱海温泉に車を走らせると、「畑毛温泉」の看板がある。それに従って進むと、こじんまりとした温泉街に行きついたが、気軽に日帰り入浴できそうな宿が見あたらない。あとで調べてみたら、畑毛温泉は源頼朝が馬の疲れを癒したという、知る人ぞ知る名湯だそうだ。
そのまま走りすぎたところで、「駒の湯源泉荘」の大きな看板。「日帰り300円から」という文字に、そちらにすることに決め、さらに1キロほど走る。田園地帯を抜け、山のほうへ少し登っていく。「源泉荘」の隣りには廃業したらしい「奈古谷温泉」という看板の旅館もある。
「源泉荘」には斜面に作られた駐車場が3つある。意外なほどたくさんの車が停まっていて、驚く。温泉を汲みだすタンクを写真に撮りながら、旅館の建物へ。玄関は広く、人の出入りも多い。
料金を支払って浴室へ。廊下を進んで左に露天風呂への階段、右側に女湯がある。まず内湯だが、ぬるめと熱め、泡風呂の3つがある。いずれも塩素の匂いが鼻につくが、オーバーフローされている。循環させているような吸水口は見つからない。「源泉掛け流し」を認定する表彰状が飾られており、どうやら非循環のようだ。箱根の弥坂の湯がそうだったように、保健所から無条件に塩素投下を指導されているのかもしれない。浴室の張り紙には、「全部の浴槽は同じお湯」というようなことが書いてある。
お湯の質はどうということもない特徴のないものだが、露天風呂の雰囲気はまあまあよい。女湯には薬湯の「はっか湯」と2つの浴槽。山に接しており、ただ木の幹が眼前にあるだけの景色だが、それなりに野趣に富んでいる。
静岡県

たぶん循環か、半循環でしょう
施設名 高原の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 対馬50号泉
住所・電話 静岡県伊東市八幡野1180 Tel:0557-54-5200
アクセス 伊東からR135を下田方面へ、左側
営業時間 10:00〜22:00(ラスト9時)
定休日 第1・3木曜日(祝日・繁昌期は営業)
料金 大人(中学生以上)900円 小人(小学生以上)400円
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)/41.4度/ph8.8/総成分0.840g(1s中)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
施設 男女別野天風呂2、内湯1、サウナ1、水風呂1、ボディソープあり、シャンプーなし、ドライヤーあり
備考 独特の匂いがある他はこれといった特徴のないお湯。フロントで聞いたら加温はしているとのこと。半循環かなという気はするが、露天でも一応掛け捨てられている。露天風呂の雰囲気はよくて、ひとりだけだったら何時間でもぼ〜っとしていたい。ただお湯はいまひとつ物足りないものがある。
玄関、休憩所など広くて、高級旅館のような趣。しかし、玄関には「静かにしていられないお子様のご入館はご遠慮ください」という注意書きがあり、人を萎縮させる表現には違和感をおぼえた。たぶん休憩所で走り回るのが迷惑だからということなのだろうが、それなら休憩所にその辺の注意を促す掲示をすればよいのでは。またオムツの取れない子どもの入浴を禁止する断り書きも見られ、高級感を大事にする姿勢は理解できるが、いかがなものだろうか。子どもの騒がしいのも困るが、喫煙が野放しなのはもっと困りもの。たばこの煙害は子どもの騒音より重大な問題だと思うが、その点、なにか履き違えてはいないだろうか。
静岡県
施設名 伊東マリンタウン・シーサイドスパ  キャンプ日記を見る 
源泉名 伊東マリンタウン白石源泉 湯川68号
住所・電話 静岡県伊東市湯川571-19 0557-38-3811
営業時間 10:00〜22:00(最終受付21:00)
定休日 無休
料金 ■大人(中学生以上)1,500円 バスタオル・フェイスタオルつき
■小人(小学生)750円 フェイスタオルつき
■幼児(3歳以上)400円
※3歳以下無料、ただしオムツをつけた乳幼児は入浴不可
※ナイト料金(夜7時以降)は半額
泉質 ■ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性アルカリ性温泉)
■泉温37.7度  ■源泉名:伊東マリンタウン白石源泉 湯川68号
■成分総計2,878g/s
施設 男女別内湯各3、露天1、サウナあり、休憩所あり
備考 道の駅にある豪華な日帰り温泉。受付の女性もとっても親切である。
お風呂は2階。内装が南国の島風なバリ調で統一されている。ロッカーや赤ちゃん用のベッドまでラタンなのは凄い。浴室の壁の絵も南国調で、南の島の女性が描かれている。
いろいろ南国調なのは素敵だが、かんじん要のお湯のほうは水で薄めてあるのか、やや薄い塩味。浴槽から少しオーバーフローしているものの、お湯に鮮度が感じられず、ほとんど循環させているように感じた。露天風呂ではやや強い塩素臭を感じた。
内湯からも露天風呂からも海が一望できるそうだが、夜だったために何も見えなかった。昼間だったら素晴らしかったかも。しかし、家族揃って利用するには料金の高さがネックだ。半額になる夜7時以降、車中泊の際に利用するにはよいかもしれない。だが、翌日行った「みなと湯」のお湯の濃さ、鮮度とは比べるべくもない。
静岡県

掛け流しだけど塩素を入れているという印象
施設名 毘沙門天芝の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 伊東温泉
住所・電話 静岡県伊東市芝町2-3 Tel:36-3377
営業時間 14:00〜22:00
定休日 火曜日
料金 大人200円 小人100円 家族風呂1000円
泉質 単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
効能 神経痛、胃腸病、筋肉痛、関節痛、慢性リウマチ等
施設 男女別内湯1、備品なし、貸切風呂4室、駐車場有
備考 子どもの頃から「伊東に行くならハ、ト、ヤ〜」というCMソングを毎日聴いて育ったせいか、熱海温泉と並んで伊東温泉はとても親近感のある温泉地。熱海温泉を訪れた後、どうしても伊東温泉にも行ってみたくて、インターネットの地図で一番わかりやすかった「毘沙門天の湯芝の湯」を訪れる。広い駐車場、新しくて近代的な建物。中に入ると正面に貸切風呂の鉄のドアが並んでいて、受付やロビーの様子が今まで経験したことのない雰囲気だ。なんか学生会館みたいな感じで情緒もなにもない。
券売機で入浴券を購入し、浴室へ。ものすごい湯気がたちこめ、同時に塩素の匂いが鼻をつく。浴槽はわりと大きめ。熱い湯に浸かると、確かに塩素臭がする。透明無味の湯で、しょっぱさはない。
浴槽の底の穴からは熱い湯が出ており、吸水口らしきものは見当たらない。湯は掛け捨てられている。循環だとしたら、どこからまわしているのだろう? お湯は新湯だが塩素を投下しているのだろうか。そもそも200円以下の温泉で循環なんて、あまり聞いたことがない。不思議だった。
静岡県
施設名 湯川第二浴場 湯川弁天の湯  キャンプ日記を見る 
源泉名 伊東温泉
住所・電話 伊東市湯川2-9-9  Tel:0557-36-7594
営業時間 14:00〜22:00
定休日 水曜日
料金 大人170円 小学生100円 幼児50円
泉質 単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
効能 神経痛、胃腸病、筋肉痛、関節痛、慢性リウマチ等
施設 男女別内湯1、備品なし
備考 非常にわかりづらい住宅街の中にある。駐車場はなく、前の道路にも車を停められない。
中へ入ると番台があり、おじさんがいる。意外に広くて開放的な脱衣所だ。番台はいわゆる銭湯でよく見られる高い座席ではなく、バーのカウンターのように広くて、なんともレトロな雰囲気だった。
浴室では大勢の人が体を洗っていて、みんなご近所さんのようだ。子どもの受験の話やら健康の話などが行き交っている。真ん中に楕円形の浴槽があり、掛け流しのようだ。湯に浸かり匂いをかいでみると、ほとんど無臭。お湯には特徴がないが、熱くていい湯だった。
静岡県
施設名 赤沢日帰り温泉館  
源泉名 赤沢温泉対馬73号
住所・電話 静岡県伊東市赤沢字浮山170-2  TEL.0557-53-2617
アクセス 東名厚木IC〜小田原厚木道路終点よりR135方面へ
小田原から箱根ターンパイク〜伊豆スカイライン終点天城高原IC〜R135方面へ
営業時間 9:00〜22:00(最終入館21:00、平日は10時から営業)
定休日 月に4日間、6月に3日間の休館日
料金 土曜・休日・トップシーズン 1,600円
平日 1,200円
泉質 ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性弱アルカリ性泉)  源泉名:赤沢温泉対馬73号
ph7.5  源泉温度 34.3
効能 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、慢性婦人病、慢性皮膚病等
施設 内湯3、露天1(男女別)、サウナ、シャンプー、ドライヤーあり、休憩室、マッサージあり
備考 取引先との旅行で伊豆へ行ったパパが入浴した、2003年7月にできたばかりの「赤沢日帰り温泉館」。
見どころは、遮るもののない絶景な露天風呂。浴槽から掛け捨てられたお湯がそのまま海へなだれ落ちていくような錯覚にとらわれる。化粧品のDHCが経営するリゾート施設の一つで、DHCの湯とかいうのもある。
露天風呂のお湯は塩素臭が強く、海に向けて掛け捨てられているが、完全な循環と思われる。内湯も吸引あり、浴槽内注入あり、オーバーフローなしで、循環と判断した。「高原の湯」と同じ対馬源泉を使用している。
タオル&バスタオルは使い放題、シャンプーなどの備品類にはDHCの製品が並ぶ。休憩所にはちゃんと仕切られた喫煙コーナーがあり、しっかり分煙されている。設備的にはたいへん質の高い施設だと思う。
静岡県
施設名 駅前温泉浴場  キャンプ日記を見る 
源泉名 熱海温泉
住所・電話 静岡県熱海市田原本町8-16 Tel:0557-81-3417
アクセス 電車・・・JR東海道本線熱海駅より徒歩2分
車・・・東名高速道路厚木ICより60分
営業時間 14:00〜22:00
定休日 木曜日
料金 500円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/48度/ph7.7
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性等
施設 男女別内湯2、備品なし
備考 東京に住む者にとって熱海温泉はかなり親近感のある、距離的にも近い温泉と言えるだろう。だがその割には一度も行ったことがなく、やはり温泉好きとしては経験しておかねばなるまい、という使命に燃えて訪れてみた。
「駅前温泉浴場」は熱海駅から徒歩2〜3分のところにある、銭湯のような地元用の公共浴場だ。券売機で入浴券を買い、受付のおじさんに渡して女湯へと向かう。
小さな浴槽がふたつあり、お湯はしょっぱいけれど、人のHPに書かれてあったような「非常に塩辛い」「つるつるする」というほどではない。水で薄めてあるのだろうか。女湯は無色透明だが、男湯は黒湯だそうだ。

浴槽にいくつも蛇口が出ていて、源泉名と思われる名前が張られてある。洗い場にシャワーは二基しかなく、あとはカランだけ。「やっぱ温泉ってさ〜ゴージャスな施設で、眺めのいい露天風呂入ってキレイな景色を眺めながらリラックスするのがサイコーじゃん♪」なんて人には決してオススメできない。

が、今までいろいろな公共湯に入ってきたが、これほどフレンドリーで親切なところは他にない。娘が公園ですりむいた膝が痛いから入らないと言うと、湯上り直後のおばさんがカットバンを取り出し、ご丁寧に二枚も包装紙をむいて中身を差し出してくれた。それでも傷口がしみて湯に入れない娘に、また別の入浴中のおばさんたちが色々、世話を焼いてくれた。次から次へと親切にしてくれる人がいて、子どもは地域でみるもの、という昔ながらの気風を感じた。大観光地なのに偉ぶらず、頭が下がる思い。
湯上り後も他の浴場を教えてくれ、福島屋旅館を薦めてくれたり、地図をくれたりした。浴槽が小さくても、入り口がしょぼくても、地元の人たちの優しさや人情に触れることができる、こういう公共浴場をいつまでも低料金のままで残していってほしいものだ。「また熱海においで」というおばさんの言葉掛けも嬉しかった。
静岡県

「海望の湯」の方はややオーバーフローあり
施設名 熱海後楽園ホテル  
源泉名 熱海温泉熱海331号
住所・電話 静岡県熱海市和田浜南町10-1 0557-82-0121
アクセス 東名厚木 I Cより小田原厚木道路〜熱海、下田方面
営業時間 11:00〜15:30
定休日 無休
料金 大人1600円(以上3項目は未確認なので、確認してからご利用ください)
泉質 カルシウム・ナトリウム-塩化物泉   源泉温度 55.0℃  ph7.7  湧出量209リットル/分
総成分 18.33g/s
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、筋肉のこわばり、冷え性、痔症、うちみ、くじき、慢性皮膚病、慢性消化器病等
施設 タワー館「海望の湯」・・・男女別内湯、露天風呂
みさき館「山望の湯」・・・男女別内湯、露天風呂
備品・ドライヤー・タオルあり
備考 取引先の忘年会がここの宴会場で開かれるため、夫婦二人で宿泊して参加してきた。極めつきの超大型・豪華ホテルで、いつになくゴージャスな気分。迷子になるくらい広くて、”タワー館”と”みさき館”とに分かれている。それぞれの館に大浴場があるが、宿泊料金は”タワー館”の方が高く、温泉のお湯の使われ方も少々違う。
”みさき館”の3階「山望の湯」は、山側にあるためか照明が暗いためか、全体的になんとなく薄暗い印象。内湯は塩素の匂いがする循環式。露天も吸水口ありの循環湯だが、塩素臭はしない。ただし、古臭い水の匂い(植木鉢にたまった水のような)がして、あんまり鮮度じゃなさそう。露天風呂とはいえ、展望もあまりない。崖の緑がちょっと見えるくらいだ。
一方、”タワー館”5階にある「海望の湯」は、晴れた日には遠く房総半島が臨め、手前には真鶴半島がせりだす絶景。夜の露天風呂で、沖合いの漁火を眺めながらの入浴もまたムードよし。あまりに気分がよいので、露天風呂に誰もいなくなった隙にトドってしまいました。

脱衣所に入る手前に「日本温泉組合」が発行する「天然温泉利用証」が掲げられ、それによると「放流一部循環濾過式、加水(冷却)、加温あり」と書かれている。
要は循環なのだが、塩素の匂いはせず、わずかだがオーバーフローしていた。加水もしているので塩分は薄め。長時間入っていても、それほど温まるという感じはない。
それに備えつけのボディソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸がオレンジ・オイル入りのシリーズで揃えており、みかんの香りがとっても素敵。タオルも使い放題で、脱衣所には冷却水も完備。泉質は駅前の共同湯や旅館に劣るが、設備の充実ぶりはリッチな気分に浸れる。
入り口に「宿泊客以外はご遠慮ください」という注意書きがある。日帰り入浴客は「みさき館」のみのようだ。でも機会があればぜひ「海望の湯」を。
静岡県
施設名 福島屋旅館  
源泉名 熱海温泉
住所・電話 静岡県熱海市銀座町14-24  0557-81-2105
アクセス 電車・・・JR東海道本線熱海駅より徒歩2分
車・・・東名高速道路厚木ICより60分
営業時間 10:00〜19:00
定休日 不明
料金 大人300円
泉質 カルシウム・ナトリウム・塩化物泉(泉質分析表の掲示なし)
効能 慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、神経炎、傷創、痛風、慢性皮膚炎、疲労回復等
施設 男女別内湯1、備品なし、シャワーなし
備考 非常に鄙びた、古い温泉旅館。駅前浴場の前の坂を下ったところにある。夜9時ごろ訪れて入浴を請うと、快く入れてくれた。浴室の壁などは「鄙び」を通り越して、もうボロボロ。脱衣所に使われている木材なども黒びかりしており、なんとも味がある。ドアのカラフルな彩りも、なかなかマニア心をそそられてしまう。地元の人たちが銭湯がわりに利用しており、脱衣所には洗面道具のキープがある。
浴槽は二つあるが、ひとつはお湯が抜かれていた。メインの浴槽には熱海らしく、熱くて塩っからいお湯が掛け流しになっている。わずかに濁りのある、無色透明なお湯だが、匂いがなんとも強烈。貝がくさりかけたような、磯の香りなのだ。先に入ってきた駅前浴場とも違う、個性あふれる匂い。さすが後楽園ホテルのような加水した循環湯とは違うわ、と感心したが、先客の女性によると、配湯管の中に溜まった温泉の析出物が出す匂いだろうとのこと。お湯本来の匂いじゃないの?と少しガッカリ。
先客の女性とおしゃべりに花が咲き、後楽園ホテルに泊まっていると話すと、「後楽園ホテルに泊まってて、なんでこんな所に来たの?」と不思議がられた。彼女は熱海に住んでて、家には温泉が引かれているそうだ。
わたしが「なぜ家に温泉があるのに、ここへ来たんですか」と聞くと、「たまには他の温泉がどんなか知りたくなって」との答えだった。それにしても羨ましい。熱海は冬でも比較的温暖で、過ごしやすい土地。そこへよく暖まる温泉が家に引かれていたら、もう鬼に金棒。老後は熱海に住もうか・・・いつになく真剣に思った。
とにかくよく暖まるという点では、後楽園ホテルとは比較にならない。とても濃いお湯で、匂いの正体はともかく、熱海でもっとも気に入ったお湯だ。
静岡県

たぶん掛け流しだと思う
施設名 浴場  キャンプ日記を見る  ※2009年に閉鎖されたそうです
源泉名 熱海温泉
住所・電話 静岡県熱海市渚町10-11 Tel:0557-83-3350
アクセス 電車・・・JR東海道本線熱海駅より徒歩2分
車・・・東名高速道路厚木ICより60分
営業時間 15:00〜22:00
定休日 水曜日(祝日も休業)
料金 350円(女性の洗髪は70円プラス)
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/48度/ph7.7
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性等
施設 男女別内湯2、備品なし
備考 「渚」というかわいらしい名前から想像すると、ちょっと裏切られたような気になるかもしれない、地味で小さな公共浴場。バス通りから一歩奥に入った飲食街の一角に位置するため、少しわかりにくい。
ドアを開けると靴を脱ぐ場所があり、そこで男湯と女湯に分かれている。女湯のドアを開けると、すぐそこに番台のおばちゃんが座って編み物をしていた。
細長い洗い場が、なかなか見られない雰囲気。その奥に小さな浴槽が鎮座ましましている。入ってみると、ちょっとぬるめで塩素臭。蛇口の湯が止まっていたのでドバドバ入れる。かなり熱い湯なので、小さな浴槽はすぐに身動きできないほど熱くなった。
蛇口の湯を洗面器に入れて匂いをかぐと、塩素の匂いはしない。加水した水道の匂いだったのだろうか。駅前温泉浴場でも同様に感じた。舐めると、ややしょっぱい。ナトリウム泉なので非常によく暖まるお湯だ。他に入浴客はいなかったが、番台のおばちゃんがいろいろ話しかけてきて、やっぱりフレンドリー。土地柄だろうか、心暖まる夜だった。
静岡県
施設名 網代観光ホテル    伊豆・網代温泉旅行日記へ
源泉名 網代温泉
住所・電話 静岡県熱海市下多賀134 Tel:0557-68-2345 
公式サイト http://www.ajirokankou.com/
アクセス 東名厚木〜厚木小田原道路の石橋インター〜国道135号線を熱海・伊東方面へ
熱海から伊東・下田方面へ10〜15分
定休日 水曜日(祝日も休業)
料金 1,000円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/61.8度/ph7.7
効能 切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性等
施設 男女別内湯1、有料貸切露天風呂1、シャンプー・ボディソープ、石鹸、ドライヤー有
備考 熱海と伊東の中間にある地味な漁師町・網代温泉に宿をとり、一泊した。従って日帰り利用時間については、聞き忘れてしまって不明。
全館畳敷きにリニューアルされてからまだ間もなく、とっても綺麗で高級感のある内装。観光ホテルという名前とはまたずいぶん雰囲気の違う、純和風旅館である。
二階の一室に通されたが、大人3人・子ども2人だけなのに、ふすまで3部屋に分割のできる非常に広い部屋だった。海側ではなかったため海が見られないのが、残念なところ。
内湯も一つきりで、露天風呂は有料貸切になっている。海側の道路に面した窓が大きく切り取られ、手前に畳二畳分の舞台のような上がりがある。最初そこに上がっていいものか迷ったが、座って竹の生垣越しに網代湾を眺めているととても気持ちがいい。
地下300メ−トルから直接浴槽に引き入れているという温泉は、加水せず、循環させていない掛け流し。しかも24時間いつでも入れるというのが嬉しい。無色透明のお湯は特徴ある肌触りもなく、しょっぱいという他はこれといって特筆すべきものがないお湯だ。源泉温度が61.8度のお湯をそのまま浴槽に入れているため、注ぎ口の湯温は50度もあり、非常に熱い。浴槽の中は43度以上あって、子どもにはちょっと厳しい。大人も長く浸かっていられず、涼む露天もないため、みな短時間で出ていく。湯上り後もなかなか汗が引かず、一晩中熱く感じた。冬場は湯冷めしにくくいつまでもポカポカと暖かい、いいお湯だと思う。が、やはりクセのなさすぎる泉質に物足りなさを感じる。後述の「磯料理・平鶴」の露天風呂のほうが海の真ん前にあり、お湯も濃いように感じた。が、清掃の関係で宿泊客も夜11までしか入れず、そこが宿泊を決めかねるネックとなった。
網代港で水産会社を経営し、毎朝魚市場に水揚げされる新鮮な魚介類の地魚・活き魚料理が自慢だとか。
静岡県
施設名 湯の宿 平鶴    伊豆・網代温泉旅行日記へ
源泉名 網代温泉
住所・電話 静岡県熱海市下多賀493 Tel:0557-67-2221  
公式サイト http://www.hiraturu.com/
アクセス 東名厚木〜厚木小田原道路の石橋インター〜国道135号線を熱海・伊東方面へ
熱海から伊東・下田方面へ10〜15分
営業時間 11:00〜16:00/18:00〜20:00
定休日 水曜日(祝日も休業)
料金 10,50円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/48度/ph7.7
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性等
施設 男女別内湯1、露天1
備考 上の観光ホテルのすぐ近く。絶景の露天風呂が素晴らしい。近くに小さな浜辺があり、油断するとそこから丸見えになるので注意が必要。
静岡県
施設名 休暇村南伊豆  キャンプ日記を見る 
源泉名 下賀茂温泉 下賀茂39号
住所・電話 静岡県賀茂郡南伊豆町湊  0558-62-0390
アクセス 東名高速道〜厚木IC〜小田原厚木道路〜R135号で弓ヶ浜へ
営業時間 10:00〜20:00(7・8月は9:00〜21:00)
定休日 火曜日
料金 大人300円、小人150円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉   ■泉温98.8度
源泉名:下賀茂温泉 下賀茂39号  ■ph7.8   ■成分総計13,230g/s
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打身、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進など
施設 男女別内湯各1、休憩所あり(ロビー)
備考 伊豆三大美浜のひとつ、弓ヶ浜に面した「休暇村」の内風呂。「青木サザエ店」のすぐ前にある。露天はなく、大きな内湯のみ。外来に開放される12時ちょっと過ぎに行ったので、浴室には誰もいなかった。<BR>
洗い場の備品もわたしの好きなオレンジシャンプーにオレンジトリートメント、オレンジボディソープなどが揃い、オレンジの香りに包まれ気分よく髪と体を洗う。<BR>
下賀茂温泉から引き湯しているお湯は塩分がちょっと薄めで、希釈している模様。いちおう浴槽のふちの一角から掛け捨てられているが、泉質的には物足りなさを覚えた。広いお風呂が好きっ!という方にはオススメだ。
静岡県

H16.2.28
H17.2.19
入浴
施設名 みなと湯    
源泉名 賀茂温泉 下賀茂39号
住所・電話 静岡県賀茂郡南伊豆町湊  0558-62-0535
アクセス 東名高速道〜厚木IC〜小田原厚木道路〜R135号で弓ヶ浜へ
営業時間 12:00〜16:00
定休日 火曜日
料金 大人500円、小人250円
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉  泉温100.2度
源泉名:下賀茂温泉 下賀茂39号  ph7.8  成分総計13,230g/s
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打身、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進など
施設 男女別内湯各1、サウナあり、休憩所あり(ロビー)
備考 共同浴場が大好きなわたしは、いかにもそれらしい和風な外観に狂喜乱舞しそうになった。受付も共同浴場らしさを湛えており、受付のおばちゃんも愛想よし。うんうん、温泉はこうでなくちゃね! と気分はうきうき。
だが、ここが共同浴場らしくないのは、ブロンズっぽいレリーフが飾られている点。それも結構なまめかしげな神話をモチーフにした感じのものだ。一見するとブロンズ製のようだが、触ってみるとプラスチック。この装飾がロビーと浴室の壁にでーんと掲げられていて、共同浴場とは思えない様子だったのが面白かった。<BR>
お湯はさすがに共同浴場! という迫力の濃さで、感服。「休暇村」と同じ下賀茂温泉から引き湯されているものだが、同じ湯とは思えないほどだ。湯に浸ったときの肌ざわりもまるで違う。ややツルツルしてまとわりつくような浴感がある。
本当によく温まり、湯上り後もポカポカ感がずっと持続。今までいろんなナトリウム泉に入ってきたが、ここがもっとも濃く、最高の泉質だと思う。木とタイルを使った浴室も温かみがあり、ぜひまた来たい温泉だ。

平成17年2月再訪:以前より質感、浴感ともに減退した模様。以前はなかった塩素臭も感じる。前回は掛け流しと判定したが、半循環に変更。
静岡県

H17.2.19
入浴
施設名 南伊豆町営温泉 銀の湯会館  キャンプ日記を見る 
源泉名 賀茂温泉
住所・電話 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂247-1  пF0558-63-0026
アクセス 東名道〜厚木IC〜小田原〜下田〜南伊豆町
営業時間 10:00〜20:00(7・8月は21時まで営業)
定休日 水曜日(他にメンテナンス休館あり)
料金 ■大人 900円  ■小人(3歳以上小学生以下) 450円
※2時間まで
泉質 ■ナトリウム・カルシウム-塩化物泉  ■源泉温度:100.7度  ■総成分:18.62g/kg
■湧出量:160リットル/分(自噴)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩
施設 男女別内湯1、露天2、備品あり
備考 内・外装、内湯、露天ともにありきたりの造りで面白みはない。これでお湯が良ければ文句はないのだが、塩素臭が強烈に匂う完全循環湯。舐めて味見をする気もしない。
露天には「掛け流し」表示の岩風呂があるものの、これも塩素臭がぷんぷん。こういうのを「掛け流し」とは言ってほしくない。もうひとつの露天も内湯も同様に塩素消毒されていた。ここに入るなら、まだ一つ上の「みなと湯」の方がまだいいと思える。
静岡県 施設名 エリゼ熱川  外来不可
源泉名 熱川温泉
住所・電話 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1248 
アクセス 伊豆急 伊豆熱川より徒歩5分
営業時間 -
定休日 -
料金 -
泉質 ナトリウム-塩化物 硫酸塩温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)/ 99.5度/pH8.1
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、きりきず、やけど、婦人病等
施設 男女別内湯1
備考 家族や友人などと3回くらい泊まったことのある、非常にゴージャスなリゾートマンション。父が勤めていた会社の保養所なので、外来入浴は不可です。温泉好きになるはるか前のことなので、どんな温泉なのか記憶にない。たぶん泉質名から、しょっぱい無色透明のお湯だと思われる。掛け流しだったか循環だったかも覚えていない。

     

[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。