目次へ
          秋田県(8湯)


秋田県
水沢温泉

施設名 旅館青荷山荘    キャンプ日記を見る
源泉名 水沢温泉
住所・電話 秋田県仙北郡田沢湖町水沢温泉郷  0187-46-2256
アクセス 東北道 盛岡ICよりR46号線で約50分
営業時間 9:00〜21:00
定休日 無休
料金 大人350円
泉質 含硫黄・カルシウム・マグネシウム硫酸塩・塩化物泉(低張性中性高温泉)
源泉温度:57度  ph値:6.0
効能 高血圧、動脈硬化賞症、創傷、糖尿病、リュウマチ
施設 男女別内湯1、休憩所なし、備品なし
古くてあまりきれいとは言いがたいお風呂だが、お湯は素晴らしい硫黄泉。半透明なのだが、沈殿した湯の花をかき混ぜると真っ白になった。
洗い場は2人分だけだし、浴槽も狭くて3人も浸かったらもうぎゅうぎゅうという感じだ。それでも硫黄臭たっぷりの新鮮なお湯に幸せ気分♪ 受付の男性の対応もよく、帰るときも笑顔で見送ってくれた。来てよかったと思う。
乳頭温泉郷

施設名 乳頭温泉郷 黒湯温泉    キャンプ日記を見る
源泉名 黒湯温泉上湯
黒湯温泉下湯
住所・電話 秋田県仙北郡田沢湖町生保内字黒湯沢2−1  0187-46-2214
アクセス 東北道 盛岡IC〜R46号線で秋田方面へ〜田沢湖町へ入りR341号へ右折〜15km
営業時間 10:00〜15:00
定休日 不明
料金 大人500円 小人300円
泉質 源泉名:黒湯温泉上湯
 ◇単純硫黄泉(硫化水素型・低張性高温泉)  ◇源泉温度:71.0度
 ◇ph値:3.6  ◇溶存物質総量:151.4r/s
源泉名:下湯
 ◇酸性硫黄泉  ◇源泉温度:85.0度
効能 浴用:慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等
飲用:糖尿病、慢性中毒症、リウマチ性疾患、運動障害、痛風、尿酸素質、慢性便秘、慢性気管支炎
施設 男女別内湯各2、露天風呂各1、混浴露天1
車から出るのも嫌になるようなどしゃ降りの中、車を走らせ乳頭温泉郷のもっとも奥に位置する黒湯温泉へ。非常に混むと聞かされていたので、この天候なら空いてるかも。という考えはさすがに甘かった。ここは筋金入りの人気温泉だったのだ。
駐車場はまったく空きスペースがなく、びっしりと車が停まっている。観光バスまで待機しており、これが秘湯? と目を疑いたくなるような光景である。履いていた靴下を脱ぎ、サンダル履きで車を出た。宿は坂を下りていったところにある。
下方に、かやぶき屋根の建物が霧に包まれてひっそりと建っているのが見える。思わず「Dash村か?」と思ったほど、それは農村的な風景だった。
傘を差して宿へ向って降りていくが、ヒールのあるサンダル履きだったため、急な坂道にへっぴり腰。受付で料金を払い、まず混浴内湯に向かった。脱衣所を覗いたら、まったくの男女混合スペース。しかも、混んでいる。踵を返して、女性専用浴室へ。足元の悪い中さらに下へと歩いていくと、長屋のような建物が軒を連ねた通りに出た。なんだか映画村に迷い込んだような錯覚すら覚える。
洗濯物が干されている様子から、湯治客が泊まる自炊かなにかの建物らしい。風情があって鄙び具合も満点だ。
建物のあいだを進むと、なおいっそう濃い霧に包まれた女湯の建物が見えてきた。裏手には茶色の濁流が流れる川と、小さな湯畑のような設備があった。そこから樋を伝ってお湯が浴室内へと運ばれていく。脱衣所はロッカーはなく、棚にある籠に脱いだものを入れるようになっている。白濁した濃そうなお湯が大きめの木の浴槽に満ち満ちている。使い込まれた木が黒ずんで光沢を放ち、なかなか趣のある浴室である。
雨に晒されていたにもかかわらず、お湯は結構熱い。ここへ来るまでに体が冷えているので、最初はすぐに浸かれない。ここは単純硫黄泉を使用しており、弱酸性。硫黄臭が強い。ここには露天風呂も付いているが、こちらはわりと湯温が低い。傘を露天まで持っていって浸かっている人がいた。
お湯を軽く口に含んでみると、やや苦みのあるタマゴ味だ。お湯はよいのだが、人ばかりわさわさと多くてどうにも落ち着かない。人気の少ない平日などに来たら秘湯ムード満点で、さぞかしのんびりできるだろうと思う。一緒になった人が「昔は空いていたんだけどテレビで紹介されちゃったからね」と苦笑していた。
乳頭温泉郷

施設名 乳頭温泉郷 鶴の湯     キャンプ日記を見る
源泉名 白湯(冷えの湯)
黒湯(ぬぐだまりの湯)
中の湯
滝の湯(打たせ湯)
住所・電話 秋田県仙北郡田沢湖町田沢先達沢国有林50 Tel:0187-46-2139
アクセス 東北道 盛岡IC〜R46号線で秋田方面へ〜田沢湖町へ入りR341号へ右折
営業時間 10:00〜15:00
定休日 不明
料金 大人400円 小人200円
泉質 白湯(冷えの湯)
 ◇含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
黒湯(ぬぐだまりの湯)
 ◇ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
中の湯
 ◇含重曹−食塩硫化水素泉
滝の湯(打たせ湯)
 ◇含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉
効能 神経痛、胃痛、糖尿病、婦人病、慢性湿疹、切傷、慢性関節リウマチ、筋肉リウマチ、婦人科疾患、貧血、眼病等
施設 男女別内湯各3、露天女2、混浴露天1
乳頭温泉郷のひとつ「鶴の湯」はもっとも古くからあるとされており、秋田藩主佐竹氏の隠し湯だったとか。茅葺き屋根の本陣は二代目藩主・佐竹義隆公が湯治に訪れた際に警護の者が詰めた建物として有名。
そんな歴史的背景も人気のひとつなのだろうか、こちらはさらに殺人的な混雑ぶりで、駐車場からしてもう長蛇の列。交通整理の人まで立っており、諦めてUターンして帰る車も何台か見られた。
さっきの黒湯で疲れていたこともあり、わたしは入湯せず、夫にレポートを一任。だが、あまりの混雑ぶりに写真を撮ってくることができず、ちょっと浸かってきただけで帰ってきたという。それでも50分かかっていたのだが。というわけで、入湯レポはなし。ぜひリベンジしたい。
乳頭温泉郷

施設名 乳頭温泉郷 蟹場温泉     キャンプ日記を見る
源泉名
住所・電話 秋田県仙北郡田沢湖町田沢字先達沢50  Tel:0187-46-2021
アクセス 東北道 盛岡ICからR46号経由、約1時間
営業時間 8:00〜17:30
定休日 無休
料金 大人500円 小人300円
泉質 ◇単純硫化水素泉 ◇源泉温度:53.5度  ◇ph値:8.6
効能 婦人病、糖尿病、皮膚病、心臓病、神経痛等
施設 男女別内湯各3、露天女2、混浴露天
乳頭温泉郷の最北に位置する標高800mの蟹場温泉。あたりの沢にサワガニが多く棲息することが、名の由来だそうだ。ちなみに「がにば」と読むのが正しい。
江戸時代から湯治場としてにぎわった温泉だそうで、空いていればこの上なく秘湯感溢れる宿だろうと思う。乳頭温泉郷全体に言えることだろうが、連休中の混雑は凄まじく、秘湯ムードを味わうことは困難な印象だ。だからこそ、一度腰を据えて宿泊したいところなのであるが。
「木風呂」は文字通り木で造られた浴室と浴槽で、大変雰囲気がよい。名前の由来となった蟹が集まっていたという石が置かれている。お湯は無色透明だが、糸くずのような大きめの白い湯の花がぶわぶわ〜と舞っており、面白い。脱衣所にランドリー設備があったのは、自炊部もあるからだろう。
少し離れた所に内湯「岩風呂」があるが、規模は小さめ。混浴露天風呂「唐子の湯」は、本館より50メートルほど歩いたところにある。外から丸見え、男女を隔てる岩のひとつもないので、女性には少々敷居が高いように思われる。お湯の色はやや緑がかった透明なもの。やや硫黄臭あり。


  


[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。