H o m e 成11年Top 成12年Top 成13年Top 成14年Top 成15年Top 成16年Top
別キャンプ地一覧 別温泉一覧 こでも温泉 どもと一日遊べる場所 示板
戻 る


御神火温泉センター
住 所 東京都大島町元町仲の原1-8  04992-2-0909
アクセス 元町港から徒歩5分
日帰り時間 土・日・月曜 6:30〜21:00
火〜金曜   9:00〜21:00
定休日 第2木・金曜日(2・3・8月は無休)
料 金 大人1,000円  小人600円
※早朝(6:30〜8:00)割引あり
泉 質 泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
源泉名:大津温泉温度
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童、きりきず等
設 備 男女別内湯各2、備品あり、ドライヤーあり、休憩所あり。
町営の温泉センター。「御神火」と書いて「ごじんか」と読む。まるで「マジンガーZ」みたい。センターとつくから循環かなと予想してきたが、やはり塩素消毒された温泉だった。ナトリウム泉だけど塩味はほとんどしない。
窓は目隠しのシールが貼られていて、海はまったく見ることもできない。これでせめて景色が眺められたらよかったのだけど・・・。
プールがついているものの、1,000円はかなり高い。浅海館のご主人がくれた割引券で安く入れたが、プールを利用しない場合はいかにも高すぎる。







元町浜の湯
住 所 東京都大島町元町トンチ畑882  я蜩町観光課(04992-2-1441)
アクセス 元町港から徒歩3分
日帰り時間 13:00〜19:00(7・8月は11:00〜)
定休日 不定休(天候による)
料 金 大人400円  小人240円
泉 質 御神火温泉センターと同じと思われる
効 能 同上
設 備 混浴露天1、備品なし、休憩所なし
水着着用を義務づけられている混浴露天風呂。サンセット時の眺めは素晴らしい。晴れていれば、遠くに富士山や伊豆半島の景色が眺められるとか。お湯はどうやら御神火温泉と同じもののようだ。塩素臭こそしないが、塩分もほとんど感じず、特徴のないお湯である。







三原山温泉 大島温泉ホテル
住 所 東京都大島町泉津字木積場3-5  04992-2-1673
アクセス 元町または岡田より三原山登山線・登山バス18分〜三原山温泉下車〜
公式サイト http://www.oshima-onsen.co.jp/hotel-top.html
日帰り時間 5:30〜9:00、13:00〜21:00
定休日 無休
料 金 大人800円  小人400円
泉 質 【三原山温泉 大島温泉ホテル6号井】
単純温泉(低張性中性高温泉)  83.3度 ph6.39 成分総計0.806g/kg
湧出量:80リットル/分(掘削・動力揚湯)

【三原山温泉 大島温泉ホテル6号井】
単純温泉(低張性弱酸性高温泉) 69.3度 ph6.34 成分総計0.903g/kg
湧出量:108リットル/分(掘削・動力揚湯)
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進等
設 備 男女別内湯各1、露天風呂各1、備品・ドライヤーあり、休憩はお風呂前のコーナー、ロビー、レストランで。
ひじょいに濃い霧の中、三原山を登り、大島温泉ホテルへと向かう。10m先が見えないほどで、対向車がいきなり現れてひやっとする。看板もよく見えなくて、こっちでいいのかな? とホテルの駐車場へ入ったものの、建物の姿も見えない。なんとか街灯の明かりを頼りに玄関そばに車を停め、ロビーに入る。すると、ドアから入り込んだ霧でロビーも霞んでいるほどだった。
入浴割引券を浅海館のご主人からもらってきた・・・つもりだったが忘れてしまった(わたしってば)ので、フロントの人にその旨伝えると、「いいですよ」と快く割り引いてくれた。なんでも浅海館のご主人とは同級生だとか。
昨日までの温泉がハズレだったので、けっこう期待して入る。内湯は緑がかって見えるが、タイルの色のせいらしい。お湯は無色透明、無味無臭。やや塩素の匂いがしたが、加水した水道水の匂いだろうか。
露天風呂のほうは、磯の香りがする透明なお湯。他に特徴はない。晴れていれば三原山が見渡せる展望自慢の露天なのだが、この通りの霧である。生け垣の向こうはなんにも見えず、ただ真っ白なだけ。ここで三原山を拝むことをなにより楽しみにしてきただけに、とても残念な天候だった。ただし、公式HPによると源泉掛け流しだそうで、御神火温泉のような循環に比べるとはるかに気持ちよかった。
ホテルはちょっと老朽化しており、シャワーの設備なども古い。お風呂の入り口の休憩所もなんだか薄暗い印象である。もっと明るいと雰囲気も違ってくるのだけど。晴れたときにもう一度来たい。




戻 る



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。