キャンプ日記に戻る

 平成19年1月1日訪問
 
グランドホテル太陽
住 所 千葉県南房総市白浜町白浜3535-5  Tel:0470-38-3331
アクセス 京葉道・館山道(約60分)〜木更津南I.C〜R127(約20分)〜富津中央I.C〜富津館山道(約20分)〜富浦I.C〜R127(約30分)〜白浜
公式サイト http://www.grandhoteltaiyo.co.jp/
日帰り入浴時間 不明。各自お問い合わせください。
定休日 不明
料 金 不明
泉 質 源泉名:白浜女来島温泉  泉質:弱食塩泉
施 設 大浴場、露天風呂あり
 年越しキャラバンで、パパと子どもたちがクラブメンバーたちとで行ったホテルの温泉。わたしは別の温泉を狙っていたので、こちらには入っていない。
 上原さんが事前に交渉してくださり、入浴することができた。
 
 写真が撮れなかったので、HPより転載。
 なかなか雰囲気がよさそうだが、お湯は塩素臭のある循環とのこと。
  
 
    
   
安房自然村 不老山 薬師温泉
住 所 千葉県館山市布良600  Tel:0470-28-1111
アクセス 東京からアクアラインまたは京葉道路・館山自動車道〜木更津南IC〜R127(34キロ)〜館山〜安房自然村
公式サイト http://shizenmura.awa.or.jp/index.htm
日帰り入浴時間 10:00〜20:00
定休日 無休
料 金 大人600円、小人300円
泉 質 源泉名:不老山 薬師温泉  泉質:メタホウ酸・メタ珪酸、重炭酸そうだ
源泉温度 18.8度  ナトリウムイオン164.1mg、カリウムイオン17.21mg、カルシウムイオン5.494mg、塩素イオン60.88mg、メタホウ酸イオン0.454mg、ヒドロ珪酸イオン1.611mg、メタ珪酸64.72mg、メタホウ酸6.140mg、成分総計 0.7167g/kg
施 設 内湯1、露天風呂1。備品あり。休憩所はなし(お食事処)。
 年越しキャラバンで白浜海岸に滞在中、とみーさんちのおじょうと二人で約10キロ離れた薬師温泉に行ってみることにした。
 「自然村」という看板を発見し、矢印に従って坂道を登る。最初、ロッジ風のホテルが温泉なのかと思って車を降りかけたが、どうも違うようだ。
 さらに坂を少し登り、古びた和風の小屋?みたいな所を通り過ぎかける。一見、ただの蕎麦屋かと思ったが、小さな看板に「薬師温泉」の文字を見つけて慌てて停まった。
 夜なのでよくわからなかったのだが、この鄙びた木造家屋が温泉の受付をしている食事処だったのだ。
 先ほどのロッジ風は「正翠荘」というホテルで、この自然村の宿泊施設だそうだ。別の場所には蕎麦処、名主の館という和食処、さらに山を登ればキャンプ場などもある。
 「薬師温泉」前に車を停め、ガラスの引き戸を開けて中に入る。
 ホテル客用の食事処なのだろうか、浴衣を着た人たちが座敷で食事を取っている。店内には天ぷらの匂いが立ちこめていた。
 ちょうど忙しい時間帯のようで、何度か声をかけてようやく店の人が現れた。
 実はここへ来るにあたって、わたしは昨年のうちに電話をかけて確認しておいた。返答は「大晦日と元日でもOK、ただし宿泊客で一番混む3時から6時をご遠慮いただければ」というものであった。
 そこで6時ちょうどくらいに到着し、入浴を頼んだ。
 受付の人の雰囲気から一瞬断られるのではと危惧したが、無事にお金を払い中に入ることができた。
 しかし、構造がわかりにくく、中で迷子になりそう。
 どうも思っていたのとはだいぶ雰囲気が違う。「自然村」というネーミングから、なんとなく「休暇村」っぽいリゾートホテル系かと思っていたからだ。
 階段を下りて浴室へ。脱衣所は細長いウナギの寝床で、お風呂への入り口は二つある。
 お風呂の内部は不思議な造りで、大きな丸い浴槽を挟んで2カ所の洗い場があり、両方に脱衣所へのドアが付いている。
 同様に露天風呂へのドアも2カ所あり、あとから増築した雰囲気の浴室だった。
 お湯は琥珀色というか、黄色がかった黒湯。にゅるにゅるというほどのぬめりはないが、お湯の中で肌をこするとツルツルと感触がいい。
 木と、若干砂が混じった臭気を感じる。
 露天風呂。目の前が崖になっていて、根っこが剥き出しになった木が覆いかぶさるように迫ってくる。左は建物、右は男湯との仕切りで箱庭のような狭さだが、目の前の崖とそこに生えた草木が雰囲気を和らげている。
 露天風呂のお湯には少しドブ臭があり、これは配管につまった析出物の放つ匂いではないかと思った。
 かなりB級な雰囲気漂う温泉ではあるが、お湯はなかなか好み。これでもっとにゅるにゅるしたら言うことなし。
 1時間くらいゆっくり入浴して廊下へ出たら、気になる通路を発見。先がまるで洞窟のようになっている。おじょうと恐る恐る見に行ったら、こんな入り口から外に出た。
 どうやらホテルに宿泊している客が温泉に来る際、この入り口を利用するらしい。夜なので怖い雰囲気だったが、昼間見たらどうだろうか。鄙びかB級か、あるいは造りこみすぎかの判定は微妙なところだ。
 ともあれ、わたしが知っている南総の掛け流しはここ一軒。次の南総キャンプではまた来ようと思っている。
   


キャンプ日記に戻る



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[平成18年Top] [県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。