前のページに戻る
 杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーとアルカディア22ft、温泉情報

 
   

   平成17年6月11日(土)〜12日(日)Vol.146


場所:藤澤BTキャンプ場
昨年秋もリンゴ狩りでお邪魔した藤澤BTキャンプ場。エノキダケ工場を経営する藤澤さん所有のプライベートなキャンプ場であり、HMCCの根城でもある。
まわりは果樹園に囲まれ、掛け流しの温泉へも歩いていける利便性がたいへん魅力的。
全面芝のサイトで、信濃の山々も見渡せ、眺めもとてもよい。



我が家は土曜日の夜に到着、この日のサクランボ狩りには間に合わなかった。
そして、翌日曜日10時からのサクランボ狩り。場所は、キャンプ場から歩いて5分ほどのところにある果樹園である。
藤澤さんのお計らいで特別に安くしていただいた。代金を支払い、鳥よけのネットをくぐって中に入る。
さあ、たわたに実ったサクランボが待ってるぞ!
それ採れ、それ採れ、制限時間は20分!
佐藤錦という品種に混じって、今ちょうどスーパーの青果売り場に並んでいるアメリカンチェリーの木も植わっている。だが、見かけの赤さに比べて、大して甘くない。やっぱり一番甘くておいしいのは、この佐藤錦。外観はさほど赤くなくても、ほんのり色づいていればOKだ。
藤澤さんの奥様は口に入れるたびにカウントし、100個まで食べた。わたしはそんな余裕もなくて、手当たり次第、口に放り込んでいた。だけど、ピッチが速かったから、きっと100個以上は食べたと思う。その後の腹具合から、もしかしたら300個位は食べたんじゃないのかな?
それに、食べると同時にお持ち帰り用をパックに詰める作業も平行しているから、忙しい、忙しい。
高いところにある実を採るときは、パパが大活躍。ハシゴに登ってパックに入れてくれた。
わたしはあっちの木、こっちの木とさまよい歩いたが、結局は最初に一番おいしいと思った木に戻ってきた。
一番甘い実がなるその木には、藤サナさんとわたしとで赤い実をほとんど採り尽くしてしまった。
お持ち帰りは、さくらんぼ山盛りパックが二つ。自宅に持ち帰り、冷蔵庫で冷やして食べた。
冷たくしても甘さが引き立って、さらにおいしくなっていた。だけど、3日で食べてしまって、とても残念。また行きたいな、さくらんぼ狩り。
お世話になった果樹園の方、藤澤BTキャンプ場の藤澤ご夫妻、本当にどうもありがとうございました。

利用した温泉
 長嶺温泉 豊田村温泉公園 もみじ荘

前回利用した温泉
 間山温泉ぽんぽこの湯

小布施温泉穴観音の湯

 
お蕎麦屋さん 「岩本そば屋



  
  
  
  平成17年6月24日(金)〜26日(日)Vol.147
 

場所:小野上村温泉センター第2駐車場
 今年もやってきた、ホタル・シーズン。毎年、この小野上村温泉センターの第2駐車場をお借りしてホタル観賞オフを開催しているが、今回は過去最高の台数が集結した。
 おまけに後から別のキャンカーグループもやってきて、ここはキャンプ場か?というくらいの大賑わいとなった。
 毎年この季節は、とにかく暑い。小野上あたりは周囲こそ山に囲まれているものの、まだまだ平地である。夜は涼しくなって上着の一枚も羽織りたくなるが、昼間はうだるような暑さだ。
 子どもたちはプールに入ってご機嫌。一方、大人たちはオーニングの下でビールをぐびぐび。飲んだビールはたちまち汗と化し、トイレに行く回数が少なくなるくらいだ。
 駐車場の水道をホースで引いているので、お鍋でお湯を沸かすときも重宝する。たまに、暑さにたまりかねた大人がどぼんと入ったりする光景も見られた。
 ここで洗ったナスを食べた人たちが、「そう言えばなんかショッパイ。いいダシが出たんだね」と言い、大受けだった。上原さんと伊藤さんのダシは、やっぱり濃かった!?
 
 下の画像2枚は、あみりパパさんからいただきました。お嬢さんとうちの娘がゴーカートで楽しんでいる光景。なんと15、6周もまわったそうである。
 
 
小野上村温泉センター
住所:北群馬郡小野上村村上305-2
пF0279-59-2611
第2駐車場で車中泊する際は、必ず温泉センターのフロントに申し出て、許可証をもらってください。ゴミは必ず自分で持ち帰りましょう。
ゴーカートは公園の方の管轄で、日曜日のみ可。有料。


利用した温泉
 小野上村温泉センター 根古屋温泉センター

前回利用した温泉
 村営あづま温泉 桔梗館 温川温泉 白雲荘
 薬師温泉 鳩の湯温泉 三鳩楼
 金島温泉 富貴の湯  伊香保温泉


平成17年その7に戻る 平成17年その9に進む

杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます