前のページに戻る
 杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーとアルカディア22ft、温泉情報

 
   

   平成17年5月2日(月)〜5日(木)Vol.144


場所:茨城県大洗町・マリンタワー
大型連休中、くららはお友だちとヨーロッパ旅行に行っていた。
お留守番組のパパと子どもたちは、同じくママがヨーロッパ旅行中のブラボーさん、独身の上原さんと茨城県・大洗で「独り身キャンプ」をすることになった。
ん、ということは、くららとブラママは一緒に旅行ってことか!?(笑)
石川@埼玉さんファミリーもご夫妻と二人のお子さんを伴って参加した。
あともう一家族、現地で知り合いになったファミリーも交えての賑やかなオフとなった。
P泊場所は「大洗マリンタワー」の駐車場。
アクアワールド・大洗で水族館見学した。


 アクアワールド・大洗
   開園時間 9:00〜19:00
   入館料 大人 1,800円
           小中学生 900円
          幼児 300円
   問い合せ先 029-267-5151

マリンタワーにあるミニ遊園地に向かう長男と、石川家のナオ君。
入場は無料、乗り物も低料金のミニ遊園地で遊びました。
那珂湊の市場でお買い物。カニなどをかなり値切り倒したそうで・・・。
戻ってから、カニや壺焼きにしたサザエを食べたり、久々にまったりゆったりしたオフだったそうだ。右下は、久々オフに参加の石川@埼玉さん親子。
 
利用した温泉
 大洗町健康福祉センターゆっくら健康館
 
 

 
  ■平成17年5月27日(金)〜29日(日)Vol.145

場所:御殿場プライベートキャンプ場
今回は、加山さんのプライベートキャンプ場に泊まり、御殿場高原ビールに行って飲み放題を楽しもうという企画のオフ会である。
先月も下見の際に泊まらせていただいたが、芝の美しいサイトで、富士山も臨めるという、たいへん素晴らしい環境だ。(芝にタイヤの跡が付いているのは、農薬のせいらしい。)
20台近くのキャンピングカーとトレーラーが集結し、遠くは大阪から風来坊家族さん(またの名を酒飲みさん)が来訪。また、愛犬とともに一人旅をなさっている”しう”さんが飛び入りで参加、初対面とは思えない馴染み具合で、いつにも増して楽しいオフ会となった。
昼間はおしゃべりなどしながらまったりと過ごす。ZILにお乗りの”おおきに!@神奈川大和”さんが「愛知万博でも大人気! 名古屋名物 たません」を作って振る舞ってくださり、子どもたちにも大人気だった。

 おおきにさん、美味しかったです。ご馳走様♪
そして、子どもたちによるラジコンレース。うちの娘、また優勝できなかった・・・。でも、勝てないからと言って泣かなくなっただけでも、大進歩というものかもしれない。
ところで、うちの長男はこの時、電車に乗ってこちらに向かっている最中だった。土曜日も学校があるため、午前授業が終わってから駆けつけようしているのである。
あらかじめネットの乗り換え検索で電車の乗り継ぎ方法を調べてプリントアウトしておき渡しておいたが、ちゃんと来られるのか心配だ。
東京は大江戸線(都営12号線)の某駅から新宿に出て小田急線に乗り換え、さらに御殿場線に乗り換え・・・4回は乗り換えが必要である。
携帯を持たせてあるし、わからなくなったら人に聞きなさいと言ってあるので、まさか来られないと言うことはないだろうが・・・。
やがて夕方の5時になった。御殿場高原ビールからの迎えのバスがキャンプ場にやってきた。前もって予約をし、人数が揃えば来てくれるという、まことにありがたいシステムを利用させていただいたものだ。
バスに乗ってしばらく走ると、息子からの電話が鳴った。最寄り駅の岩波駅に着いたと言う。そこから御殿場高原ビールへの無料シャトルバスも出ているのだが、1時間に1本しかないため、あと45分待たなければならない。そこで、タクシーに乗るよう指示して電話を切った。
プライベートキャンプ場から御殿場高原ビールへは約20分ほどで到着。先に温泉に入ろうと、バスを御殿場高原ビールの敷地内にある日帰り温泉施設の前に横付けしてもらう。するとちょうどその時、携帯が鳴った。息子が到着したという。なんというぴったんこなタイミング。みんなで温泉に入ろうというまさにその時、息子は現れた。
家を出てから3時間半の長旅だった。お疲れ様。成長したね。
さあこれで安心してビールが飲める。わたしたちはお風呂に入り、飲み放題&食べ放題に臨んだのだった。(上の画像はあみりパパさんが提供してくれました)
さあ楽しい宴会の始まりだよー。わたしはただちにビールに突撃。ジョッキに半分だけ注いで、次に楽しみにしていたタイ料理のコーナーに直行した。
ビール飲み放題はこちらでーす。
定番の4種類の他、季節限定ビールが左端にある。
「やってみたい」という息子にビールを注いでもらった。差し込み口がにょきっと出てきて、ジョッキの下まで入っていくのが面白い。
わたしが大好きなタイ料理のコーナー。ここのお兄さんがいい人で、「パッタイ(焼きビーフン)、もうないんですか?」と訊くと、「2分で出来ます」と、すぐに作ってくれた。
他のコーナーはお寿司、スパゲティ、ステーキなど、本当になんでも揃っている。
今回も先月と同じバンドがステージに。何曲か演奏した後、降りてきて各テーブルを回ってくれる。この時がまた、大変な盛り上がりなのである。
ずーっとあっちのテーブルで「YMCA」をやっていると、こっちのテーブルでも「わーいえむしーえむ!」と振り付きで謳っているという、面白い光景が見られるのだ。
踊るぽんぽこりん・・・ではなくて、踊るnikonikoさん。元ニコン会長ながら、とても気さくな紳士である。(カメラのことならお任せ!)
娘も踊る!(というより、タンバリン振るっ! だけじゃないか!)
隣ではブラママさんが踊っている。明るい人だ。金子さんは手拍子。静岡のKazuさん、黙々と飲む。わたし、黙々と食べる。だって80分しかないんだも〜ん、踊ってる場合じゃないぞ。
そうか、これがここの作戦なんだな。バンドを回らせ、客が踊っている間に制限時間が来てしまうという罠に違いない。そう睨んだわたしは最後のラストスパートに突入したのだった。
※先月も御殿場高原ビールに来てます。その様子はこちら

翌日のお昼近く。そろそろ撤収準備開始の我が家。ちょうど背後に富士山も見えてきた。
ここは本当に素敵なキャンプ場だ。御殿場高原ビールも楽しかったし、芝のサイトも美しく、とっても静か。
しかもはるか向こうの山からカッコウやホトトギスのさえずりも聞こえてきて、初夏だなぁと感じさせられる週末だった。


利用した温泉
 御殿場高原 気楽坊 源泉 茶目湯殿
前回利用した温泉
 ヘルシーパーク裾野 ごてんば高原 御胎内温泉
子どもが遊んだ場所
 ぐりんぱ


平成17年その6に戻る 平成17年その8に進む
 
杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます