前のページに戻る
 杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーとアルカディア22ft、温泉情報

 
   

   平成17年7月8日(金)〜10日(日)Vol.148


場所:海浜公園駐車場
千葉・勝浦にある海浜公園の駐車場で、上原さん、キャンプ友だちのブラボーさんたちとミニオフをした。
目の前は海で、海水浴場まですぐ近さ。背後にはちょっとした山があって、ウグイスやトビのさえずりが響き渡る。
海水浴客のための冷水シャワーを備え、綺麗なトイレもある公園である。
海水浴場までは歩いて数分。砂が白く、水も透明で綺麗。ウミガメが産卵のため上陸するということで、保護のための工事も成されたそうだ。防波堤に囲われているため、波は比較的穏やか。岩場もあるため、泳ぐというより磯遊びをしている人が多い。
岩の上に立っている右端の二人が、うちのパパと娘。浮き輪で泳いでいる人は少なかったらしい。

上原さんとパパが海に潜って、ムラサキウニとかシッタカという貝などを捕ってきてくれた。
これらは漁業権に引っかからない合法な海産物である。例えばサザエ、アワビ、伊勢エビなどは捕ってはいけない。
下は、一個だけ捕れたバフンウニ。中身は少ないけど、味は格別だ。
これは何というカニかな?
大小取り混ぜて十数匹の蟹が捕れたので、味噌汁にしたいて食べた。
土曜日の夜は大変な大雨と暴風で、トレーラーが大揺れ。一睡も出来ずに夜が明けてしまった。
が、天候が今ひとつだったお陰で駐車場が混まずに済んだ。
入り江なので波が穏やか、子どもが安全に磯遊びや海水浴を楽しむのにうってつけ、まさに穴場のの海岸。二泊三日のとても楽しいプチリゾートだった。

利用した温泉
 勝浦温泉 かんぽの宿 勝浦

















































 ■ランチしたお寿司さん 鴨川・丸藤
日曜日のお昼時、勝浦から帰宅途中に立ち寄った、鴨川の回転寿司店。他に土産物店などがあり、「潮騒市場」と名付けられている。
駐車場は広く、大型バスレーンが何台分もある。
大変な人気で、数十分待ってようやくテーブル席を確保、ブラボーさん夫妻と一緒にちょっと遅めのランチとなった。
これはアジ、金目鯛などが入った「地魚セット」。
他にトコブシの握りや岩のりの味噌汁など、ちょっと珍しいものなどが味わえた。

握りでも食べたトコブシの煮物。今回初めて食べたのだが、歯触りが良くてとても美味しかった。
ここは地魚が味わえる回転寿司ということで、2月の鴨川オフの時から行きたかったお店。美味しいネタが揃っていてとても良い店なのだが、混んでいたせいか注文した握りが出てくるのが遅かった。それはそれでしょうがないのだが、同じネタを後から続けて頼むと嫌な顔をされたのは、ちょっと気分のよくない出来事だった。

お寿司屋さんの横手にある足湯を順番待ちのあいだ利用してみた。
そばには無料でお湯をもらえる温泉スタンド(一人40リットルまで)もある。この源泉「なぎさの湯」(単純硫黄冷鉱泉)は鴨川一帯に配湯されている湯だが、湧出量が少ないのであろうか、わたしの知る限りではどこのホテル・旅館も循環である。この足湯も塩素臭く、硫黄の匂いなどもしないものだった。


平成17年その8に戻る 平成17年その10に進む

杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます