前のページに戻る
 杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーとアルカディア22ft、温泉情報

 
   

   ■
平成17年11月11日(金)〜13日(日)Vol.160
 

場所:木更津無料駐車場
 クラブ主催者上原さんが格安でいいソーラーパネルをまとめ購入し、希望者に取りつけてくれるというキャンプ会。この取りつけオフは今後も毎週のように続き、これはその第一弾である。
 バッテリーや電気、配線からソーラーに至るまでキャンピングカーに関することなら本当に何でも詳しい上原さん。おまけに面倒見もよくて、こうして一日中、メンバーのキャンピングカーに乗って取りつけに精を出しておられた。
 わたしも金曜日の夜から参加したかったのだが、息子の学校やらいろいろ雑用があったので、土曜日の午後から乗用車で駆けつけることになった。結局息子は来ないことになったため、娘と二人アクアラインで東京湾を越えて木更津へやってきた。
 その夜は銭湯に入り、宴会でワインを飲んで楽しく過ごさせてもらった。
 翌朝は雲は多いが良い天気。日が当たっていると暖かいが、ちょっと陰ると薄寒く感じる。もういよいよ冬だ。
 娘は芝生でボールを蹴ったり、橋を登って島へ渡ったりして遊んだ。今回は同じ年頃の子どもがいなかったので、最初は独りで遊んでいた。そのうち娘が見つけた格好の遊び相手は、としざき@江戸川さん。単身でのお手伝い参加だったため、午後はずっと娘と遊んでくださった。としさん、たくさん遊んでくれてありがとうね。
 この駐車場、港の奥のわかりづらい場所にあるにもかかわらず、次から次へ車が入ってきて釣りをしたり、島に渡ったりする人々が訪れる。
 特に初夏は潮干狩りの家族連れが、夕方になるとカップルの姿が多くなるのが特徴だ。
 夜になり、わたしたちは皆でお寿司を食べに行くことになり、車に乗り合って近くの回転寿司店「やまと」を訪れた。
 以前来たときは長時間並んだが、この日は日曜日の夕方早めの時刻だったため並ばずにボックス席に着くことができた。
 この回転寿司、なかなかいいネタが揃っていて、房総で揚がった地魚なども食べることができる。上原さんら男性チームとは別々の席で、ブラママさんや愛+華マリさんと「白子おいしい」とか「そのカキとって」などとワイワイ楽しくお寿司を楽しんだ。
 食事が済んだ後、わたしと娘は乗ってきた車でそのまま帰宅の途についた。アクアラインを渡り、首都高で都内へ。快調に走れたのも束の間、すぐに夕方恒例の渋滞につかまってしまった。嫌になっちゃうなぁ、もう。
 すると前方に、一足先に木更津を後にしていた浅川@埼玉さんのドリーバーデン発見。追いつきざまクラクションを鳴らして窓越しにおしゃべりしてたら、あっという間に渋滞をやり過ごすことができた。
 首都高を早稲田で降りたところで、娘は温泉に寄って帰りたそうにしている。いつもは帰りを急ぐパパに遠慮して立ち寄り湯をして帰ることができないのだが、この日は二人だけ。どこかへ寄って帰ろうか? と、一番近そうな温泉をノートパソコンで調べ始めた。実は心当たりが一軒、池袋にあったのである。
 ちょっと道に迷ったが、無事に池袋にある温泉銭湯にほっこり湯けむりに包まれることができた。それにしても、メトロポリタンホテルの高層ビルが見える場所に温泉が湧いているとは・・・
 しみじみ感嘆しつつ、ゆっくり温まって家に帰り着いた。
  
利用した温泉
 宮の湯(銭湯) 桃仙湯(池袋の温泉銭湯)
他の入浴施設
 湯の郷かずさ(ミネラル地下水によるスーパー銭湯) 人参湯(銭湯)
 青堀温泉静養園ホテル(真っ黒なお湯の天然温泉)
食事の場所
 活き活き亭 回転寿司やまと
  
  
  

  
  
   ■平成17年11月25日(金)〜27日(日)Vol.161
 
  
場所:茨城県東茨城郡城里町
 道の駅「かつら」に併設された無料のキャンプ場。無料とは思えない広々としてきれいなキャンプ場である。
 わたしは娘の学芸会が土曜日にあったので、今回は不参加。近県なら後から乗用車で駆けつけるのだが、茨城県はちょっと遠い。とても良さそうな場所だっただけに、とても残念だった。
 
  
利用した温泉
 ごぜんやま温泉保養センター「四季彩館」
  
  



   ■平成17年11月18日(金)〜20日(日)Vol.162
 
 
場所:茨城県東茨城郡城里町
 今月二度目の木更津、ソーラー取りつけキャンプ会。詳細についてはこのページの初めにありますので、参照してください。
 わたしはまたまた土曜日に用事があり、土曜日の夕方、独り乗用車での参加となった。娘は前日からパパとトレーラーで来ており、母の心配をよそに拳さんちの息子さん二人と楽しく遊んでいる最中であった。
 その夜、テントの中で宴会。クマ親父さん持参の96度のウォッカ「スピリタス」をショットグラスで回し飲みしたりして、盛り上がる。
 このウォッカ、一口舐めるのが精一杯というほど強烈なもので、唇がヒ〜ッ。でも、クマ親父さんがレモンで割ったのをまわして下さると、うん、これはなかなか美味しいゾ。
 うちのパパ、何杯か飲んだ後おもむろに外に出ていった。どうしたのかと思っていると、テントの外で紅蓮の炎が上がった。なんと、独りでファイヤーショーをやったのだ。
 何が起こったのかと、みな外に出る。「今なにやったの、もう一回やって〜!」というリクエストに応じて、バーナーでスピリタスに点火! 時代劇に登場する火吹きおじさんみたいだ。これには皆さん大受け。わたしは大笑いしている反面、夫が火だるまになったらどうしようと、ちょっと心配してしまった。
 ところで、今日はなぜか「奥様が後から駆けつけるDay」なのだろうか、後からYuza2(ゆざゆざ)さんの奥様サラママさん、次いでクマ親父さんの奥様がそれぞれ電車で合流した。
 このサラママさん、韓流スターの通訳などで活躍なさっている方で、わたしは初対面なのに「韓流スターってどういう人たち?」などと質問してしまった。とても明るく楽しい方で、次回またお会いするのが楽しみなのである。
※サラママさんのサイトはこちら→「YEO&SARAH
他に、お台場全国大会に出演して下さった林家種平師匠の姪御さん、北斗の拳さん奥様とも色々なお話をさせていただき、楽しい宴会だった。
 翌日曜日のお昼過ぎ、皆でP泊場所から近い「活き活き亭」に行き、お昼ご飯をとった。わたしは前にも食べた「うにイクラ丼」を今回も注文した。
 ※前に行ったときの画像がこちらにあります。 
 午後4時半頃、どこかお風呂に入って帰ろうと思い、娘と少し早めに車に乗って失礼した。
 今回もとしざき@江戸川さん父子にマリナがたくさん遊んでもらいました。
    
■入った入浴施設
 かずさのお風呂屋さん(銭湯です)
周辺の銭湯
 宮の湯 人参湯
 湯の郷かずさ
周辺の温泉
 青堀温泉静養園ホテル(真っ黒な天然温泉)
食事の場所
 活き活き亭 回転寿司やまと
   

平成17年その17に戻る 平成17年その19に進む

杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます