前のページに戻る
 杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記
                〜31フィートのキャンピングトレーラーとアルカディア22ft、温泉情報

 
   

   ■
平成17年10月28日(金)〜30日(日)Vol.158
 

場所:山梨県笛吹市御坂町 御坂路さくら公園(多目的グランド) Map
 紅葉真っ盛りの秋のキャンプ会は、パパイヤ@山梨さんが幹事を務めてくださって行われた。それも、奥様の実家である福島県相馬から新鮮な魚介類を大量に取り寄せ、それらをどんどんさばいて食べさせてくれるという、至れり尽くせりの食い倒れキャンプなのである。
 場所は周囲を色づき始めた山に囲まれ、甲府の街を見下ろす絶好のロケーション。パパイヤさんが事前にキャンプの許可をもらっておいてくれたため、非常に安心して過ごすことができた。
 ただし、朝6時になると防災無線からチャイムが流れ、いきなり叩き起こされる。日曜の朝だろうとお構いなしである。
 昨夜は1時過ぎまで飲んでたんだから勘弁して〜と、わたし毛布を頭からすっぽり被る。
 相馬から直送のワラサ。鰤(ブリ)になる手前、60〜80p大の若い魚を稚鰤(ワラサ)と呼ぶのだそうだ。いわゆる出世魚ってやつだね。
 80p以上になると鰤(ブリ)と呼ぶが、養殖のものは大きさにかかわらずハマチと呼んでお寿司屋に並ぶ。
 それにしてもデカイっすねー。これが一家族1匹だもんね。中には2匹頼んだ強者もいるけど、さぞかし食べごたえがあったことでしょう。
 これを豪快にさばいてくださったのは、パパイヤさんの奥様しほさんと、satop@富士宮さん。
 しほさんのご実家は魚を商っているということで、実に鮮やかな手つきだ。イカでもイワシでも、なんでも器用にさばいてしまう。
 一方、satopさんは釣りが趣味なのかな? 初めての魚でも上手に切りさばいておられた。お二人とも朝から夕方までずーっとさばき通しで大変だったと思います。いやはや、お疲れさまでございました。
 切っていただいたお刺身はとっても美味しくて、いくらでも食べられてしまいます。特に脂の乗った部分は大トロ並みのまったり具合。
 他にもイカを内臓と混ぜてホイル焼きしたものやホタテなど、もの凄く美味しいものばかりだ。
 「シャトレーゼ」のアウトレットに出かけた大仏@神奈川さんからの差し入れ。アップルパイはご家族用に買ったものをわざわざ分けてくださいました。大仏さん、ありがとうございました。
 夜はけっこう冷える。今回は静岡からの初対面の参加者が多くて、焚火を囲んでの宴会も新鮮で楽しいものだった。
 パパイヤさんが地元の美味しいワインを次々と出してくる。それらは凄まじいピッチで飲み干され、開けるや否や空になったビンが足元にゴロゴロ転がっているような状況となった。それでも、さらに飲むわ飲むわ。そのうち静岡のメンバーさんが持っていたウクレレを上原さんが弾きだし、気がつくと演奏会になっていた。
 そして、お台場全国大会でのコンサートの模様が上映され、噂の「しーしー、しししし、ししーし〜♪」に場内大いに沸く。
 甲府市内に出かけて温泉を満喫でき、美味しい魚貝をたくさん食べられて大満足のキャンプ会でした。
 ここは春はまわりじゅう桜で一杯になるとのことで、来年もここでキャンプ会をやりましょうということになった。次は「ホタテ食べ放題キャンプ」らしい。う〜〜っ、今からとっても楽しみ!
 魚の手配やワインの用意など幹事をしてくださったパパイヤさんご夫妻、どうもありがとうございました。また来年のキャンプ会を楽しみにしています。これからもよろしくね〜♪
  
利用した温泉
 黄金温泉 正徳寺温泉初花
 石和温泉ホテル平成 御坂町温泉みさかの湯
 石和温泉銭湯
  
  
    
  
  ■平成17年11月4日(金)〜6日(日)Vol.159

場所:藤澤BTキャンプ場
 昨年11月のりんごオフ、今年6月のさくらんぼオフに続き、ここを利用させてもらうのも3回目。
 このBTは個人のプライベートキャンプ場で、掛け流しの温泉まで徒歩2分。周囲を果実園に囲まれたのどかな田園地帯にある。
 左の画像中央にあるタモリの顔みたいな丸いテントは、上原さんがクラブ用のテントとして購入したもの。今回初お目見えとなった。2個目のテントはhaya@富山さんが自分用に購入したもので、こうして2連結させるとなかなか圧巻である。
 このテントのいい所は、組み立ても畳むのも簡単なこと。こうして何人かで協力し合うと、折りたたみ傘を畳むのと大差ない手間で収納できてしまう。
パタパタと畳んで、はい、完了! このあとケースにしまいます。これが結構重い。
 今回は、雨の日に映らなくなるBS放送のアンテナを上原さんに治していただいた。朝、こちらが起きるより早く屋根に登って作業してくださり、映りもバッチリ。ありがとうございました!
 りんご料理対決 
 金曜日の夜に行われた、りんごを使った料理対決。これはhaya@富山さんの作品。プレミアムクラッカーの上にハムを巻いたりんご、その上にパルメジャーノチーズを粉状にして固めたものが乗っている。昨年も見事なりんごのカービングを披露したhayaさん、さすがに手先が器用な実力者だ。
 釣船@富山さんのりんごと鶏肉、タマネギなどのごった煮。昨年の優勝者だけに、非常に美味しかった。
 うちのパパは昨年に続きりんご入りタイカレー。
 でも、優勝は最後の方に出てきたとみー@神奈川さんのアップルケーキが見事にさらった。りんごが入ったふんわりとした素朴なケーキで、意外と(ごめんなさい)美味しいのだ。翌日の審査会?では拍手が最も大きかったため、優勝決定。とみーさん、次回のキャンプ会でも作ってくださーい。
 りんご狩り 
 今年もたわたに実ったリンゴを狩らせてもらう。BTキャンプ場のすぐ近くの果樹園だ。
「わっ、これ真っ赤でおいしそう。これにしようっと〜」 「うーん、なかなか取れないよー!」
「よし、これを取ろう!」 「うん、おいしい、おいしい」
カゴに一杯とったよー。重いぞ、よいしょよいしょ 箱に詰めてもらって・・・

 とったリンゴは我が家で食べたほか、来られなかったメンバーさんたちにも送りました。
 農園の人がかなりの量をおまけしてくれました。ありがとうございました。
 りんごの皮むき競争 
 去年もやった皮むき競争を今年も。
 わたしも参加したけど、刃の欠けた包丁でぜんぜん切れなくて途中でリタイヤとなってしまった。
 あっちでもこっちでも座りこんで皮をむく熱心な姿が見られた。
 優勝は昨年のチャンピオン、hayaさん↓。昨年のリンゴのカービングもそれは見事で、手先の器用さをいかんなく発揮していた。
 
 子どもの部では、なーんと。不器用だと思っていたうちの息子が優勝しました。


利用した温泉
 長嶺温泉 おぶせ温泉あけびの湯
 前回の湯めぐりはこちら
  

平成17年その16に戻る 平成17年その18に進む

杉江家のどこでも別荘 キャンプ日記

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容など
すべての転用を禁じます