前のページに戻る
  その8
 
 
    ■
平成16年6月18日(金)〜20日(日) Vol.119
 
 
第3回群馬ホタルオフ
 場所:小野上村温泉センター第2駐車場
住 所 群馬県北群馬郡小野上村大字村上305−2  Tel:0279-59-2611
アクセス 関越道 渋川伊香保ICから国道17・353号を草津方面へ約20分
吾妻川の傍にある、温泉センターの駐車場。温泉まで徒歩2分、子どもの遊具、テニスコート、ゴーカート場などを備えた公園が併設されている。
ひんぱんにここの駐車場をお借りしてオフを行なっており、ホタル・オフもその一つである。今回はキャラバンMLに告知したこともあるので温泉センターさんに許可をいただき、3年目となるホタルオフを開いた。
接近する台風6号の影響か、ときどき通り雨に降られたものの、おおむねよい天気に恵まれた。遠くは石川県から片村さんが、また初めての参加者が所沢や長野からもあり、ローカルオフのわりには各地からたくさんの参加者に来ていただくことができた。
ホタルは到着した金曜日の深夜0時と、土曜日の午後7時に、東村の箱島で見学。深夜の方はポツポツしか飛んでいないが、他の見学客がいない中で見るホタルはまた格別に幻想的だった。
土曜日の方はアベック、ファミリーを中心にたくさんの見学客が集まり、賑やかな見学会。数年前まではこんなに混雑していなかったのに、ずいぶん有名になったものだ。
それにしても素足にサンダルという女性があまりに多い。無防備にブヨに噛まれているのを見過ごせず、お節介とは思ったがいろいろと忠告させてもらった。彼女たちの足は、今頃どうなっていることだろう。
箱島の画像とブヨについてはこちら
吾妻川沿いの第2駐車場。河では解禁になったばかりの鮎釣りが行なわれていた。 日中は暑かったので皆ビールをよく飲みました。日曜日、撤収間際にもビアサーバーに集まる面々。
小菅さんが早朝から釣った鮎を酢でしめて作ってくださった鮎寿司。絶品です。 もうすぐ帰ります。テーブルを片づけて、ヘッド車をつなげて・・・楽しかったけど早く帰らなくちゃ。
すっきり片づき、キャンピングカーも少なくなった駐車場で、名残惜しげにキャンカー談義に花を咲かせる人たち。左の長いのは、八王子のDaiさん所有シボレー・サバーバンとトレールライト。
 
利用した温泉
 子持村温泉センター 小野上村温泉センター
 草津温泉大滝の湯

以前入った周辺の温泉(近い順に掲載)

 村営あづま温泉 桔梗館

根古屋城温泉センター
 金島温泉 富貴の湯  伊香保温泉
 温川温泉 白雲荘 薬師温泉
 鳩の湯温泉 三鳩楼
 
 
 
 
   ■平成16年7月2日(金)〜4日(日) Vol.120
 
 
ma-池釣り尽くしオフ
 場所:柏倉フィッシングパーク
住 所 栃木県栃木市柏倉町大阿久平1507  Tel:0282-20-5222
アクセス 東北道 栃木ICより「柏倉温泉太子館」の看板に従って走る。「太子館」を左手に見ながら行き過ぎ、奥1km 農道・林道を登る。栃木ICから約15分。
非常に細い道なので心細くなって引き返してしまう人もいるとか。途中、牛小屋のある畜産農家まで行き着いて引き返した人もいるが、心配ご無用。池はもうすぐである。「アレグロ」や「ドリーバーデン」のようなクラスCのキャンピングカーでも通れるが、我が家のハマーU&グラサベは入っていけませんでした。
料 金 1日3,500円、半日2,500円
営業時間 夏季6:00〜18:00、冬季7:00〜17:00
ジープ店経営のma-さんが、釣り道楽が高じて造ったという釣り池兼キャンプ場。ma-さんは上原さんと共にキャラバンMLの共同管理をなさっておられ、ハンドル・ネームにちなんでフィッシングパークは「ma-池」と呼ばれている。
夏の水温上昇で釣り池の魚が大量死してしまうので、その前に釣り尽くしてしまおうと、ma-さんが小菅さんを通じMLに呼びかけ、「釣り尽くしオフ」が実現した。
二度目のma-池だが、改めて自然に囲まれ素晴らしい場所だと実感。昼はウグイスが、夜はフクロウが鳴き、タヌキやキツネが出没する。携帯もときおり圏外になって繋がりにくい。
「太子館」からフィッシングパークまでの道が細いので、我が家はトレーラーでのアクセスを断念。いきなり道が細くなる直前でトレーラーを停め、ヘッド車のみで池に向かった。停めさせていただくにあたって、傍の家の住人とご本家のほうに了解を得ることができた。いろいろとご協力下さった地主の方、ma-さん、従業員さん、ありがとうございました。
前回来たときのレポはこちら
* m a - 池 っ て こ ん な 所 *
管理棟とバーベキュー棟。もともと豚舎だったものだそうだ。 管理棟より土手を上ったところにあるメインの釣り池。

ビーパル雑魚釣り池。2年前の4月に小学館ビーパル誌が企画して、読者有志により日本初の雑魚池を設立したものである。環境破壊や外来魚の進入などによって滅びつつある在来種の雑魚釣り場を保存する目的で造られた。上部の池は観察のみとし、下部の池で雑魚釣りが楽しめる。
我が家もこの雑魚釣り池設置工事の折、キャラバンMLの呼びかけでお食事世話係として参加した。その模様はこちら
他の子どもたちと仮設プールで水遊びするうちの娘(中央)。 池のある土手から管理棟とバーベキュー棟を見たところ。日差しの元では暑いが、日陰だとけっこう涼しい快適な環境。みな屋根の下でまったり中である。

* 釣 り キ チ た ち *
夕暮れ迫る中、お借りした竿で釣りに熱中する我が家の長男。何匹釣れたかな? こちらも釣りに夢中の娘。お風呂に行こうと誘うと、「もっと釣っていたい!」と駄々をこねられました。
翌日、下の位置にある池で大きな鯉を釣り上げる浅川パパ。 同じ池でフナを釣り上げた長男。バケツに入れてしばらく見入った後、優しくリリースしていました。

* 釣 り 果 と 食 べ 物 *
バーベキュー棟でニジマスのフリッターを調理中の藏守@浦安さん、XFO@富山さん、Haya@富山さんら。XFOさんは投網を持参、一網打尽で「釣り尽くし」に貢献していた。 浅川さんがお得意の薫製を制作中。この方、ここへ来る前にアオリイカを釣りに熱海に行っていたという、純正の釣りキチさんである。
中身は鳥のモモ肉と、下段は釣ったばかりのニジマス。 薫製されたニジマス。いい色にいぶされました。


小菅さん、ティアラパパさん、うちのパパたちで作ったニジマスのにぎり寿司。お酢をちょっと強めに効かせ、非常に美味。ご馳走様でした。
魚をさばきまくっていた石川さんも、お疲れ様でした。

* m a - 池 名 物、薪 風 呂 *
沢の水を薪で加熱した薪風呂外観。以前は、ブルーシートで覆っていただけの設備だったものだとか。 入浴しているのは、キャラバンML2世のメグさんと、3世を嘱望されるよういち君。かぁ〜いい♪
温泉ではないけど、ミネラル成分を豊富に含んだ沢の水のお風呂は、意外によく暖まる。夜、野鳥の声を聞きながら入っていると、ムード満点よ。
 
利用した温泉
 柏倉温泉 太子館




その7に戻る その9に進む




[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。