前のページに戻る
   その3
 
    平成16年2月7日(土)〜8日(日) Vol.106
 
 
榛名湖わかさぎ釣りオフ
榛名湖のレポは平成12-314-815-115-1(リベンジ編)の方にもあります
住 所 群馬県群馬郡榛名町大字榛名山  027-374-5115  
アクセス 関越道−渋川・伊香保IC〜伊香保温泉より車で約20分
参考HP http://homepage2.nifty.com/harunako/
http://asobiba.jp/cgi-local/bbs/news/news.cgi?mode=view&no=264
料 金

駐車場は無料
入漁料 700円

毎年冬の恒例行事、榛名湖でのワカサギ釣り。寒いの嫌いなわたしはまだ一度も氷上に行ったことはなくて、ひたすら食べる専門。「働かざるもの食うべからず」の原則から言えば言語道断なのだが、心優しいキャンプ仲間のお陰で、いつも美味しいワカサギをたくさん食べさせていただいている。朝5時から一生懸命釣りあげた小菅さん、石川さんたち、どうもありがとう!
今回はわりと大き目のものが釣れ、「これシシャモ?」と訊いたほど大きな「子持ち」も混じっていた。何回食べても、ワカサギって美味しい。

榛名富士をバックに停まる、我が家のグランドサーベイヤーやウィネベーゴ。 駐車場前の道路から見た榛名湖。2月2日のワカサギ釣り解禁から5日目。
氷の張った榛名湖。テントや釣り道具などを運ぶソリの跡が幾条もついている。 他のテントと見比べてみても明らかに異質な釣りテント。まるで蘭を育てるビニールハウスだ。
このビニールハウス・・・じゃなくって釣り小屋を作成した小菅さん。大変な労作です。 中はとても暖かく、この通り薄着でもOK。ワカサギがつれたと喜ぶうちのデビパパ。
2日目の釣果。けっこう大きいのがいっぱい。 夜はスクリーンテントの中で宴会だよー。

冬だから絶対ないだろうと思っていた乗馬が
できました。昨年は大雪で、馬なんて見かけ
なかった。今年は雪が少ないようです。


利用した温泉
  レークサイドゆうすげ くらぶち相間川温泉ふれあい館

前回利用した温泉
  ハルナ温泉スパハウス悠遊湯 倉渕村亀沢温泉センター
 
 

 
 
    ■平成16年2月27日(金)〜29日(日) Vol.107
  
 
 伊豆食い倒れツアー
 
弓ヶ浜 海水浴駐車場
住 所 静岡県賀茂郡南伊豆町青市1031-1
Tel:0558-62-0141(南伊豆町観光協会)
アクセス 東名沼津ICよりR1、R414経由、下田方面へ2時間20分
参考HP http://www.minami-izu.net/kankou/
上原さん、あべけんさんが中心になって企画した、南伊豆や西伊豆の美味しい魚介類を食べに行こうという「食い倒れツアー」。
メインは「おか田」屋さんのタカアシガニだ。すでに木曜日の夜に集合したお二人に追いつこうと、我が家も金曜日の夜、伊東に到着。昨年1月もP泊した「道の駅 伊東マリンタウン」で一泊するため海側の大型レーンに駐車し、まずは温泉に入る。
温泉から戻ると10時になっていた。警備員が駐車場のチェーンを閉めると言ってくる。ブラボー@府中さんのB.Cヴァーノンも到着したことだし、あべけんさんからの「こっちにおいでよ」コールもあり、マリンタウンを引き払って出発することになった。
通路を挟んで反対側の駐車場は施錠されないようだ。昨年は海側の方も施錠されることはなかったのに、やはり利用者のマナーが悪かったのだろうか。私見としてはキャンピングカーのP泊より、地元の若者の騒ぎ方の方がよっぽどひどいと思うのだが。いや、ほとんどのキャンピングカー乗りはマナーを守って利用していると思いたい。どうしてこう目の敵にされるのか悲しくなる。
帰り道もこの道の駅に立ち寄ったが、金曜日の夜からP泊していた「OX」のフロントウィンドウに「長期間の駐車はご遠慮ください。さらに泊まるのなら1万円申し受けます」という警告文が挟まれていた。こうしてキャンピングカーによるP泊を制限するような動きは憂慮すべきことだ。
さて、ブラボーさんご夫妻のヴァーノンとともに伊東を発ったわたしたちは、途中ガストで晩御飯をとりつつ、深夜、上原さんとあべけんさんが待つ弓ヶ浜へ到着した。
ここは海水浴客のための駐車場だが、冬の今はまったく停まる車もない。
目の前は道路一本隔てて浜辺という抜群の景観に加え、松の木に囲まれた比較的目立たない一角。
それでいて大きなキャンピングカーやトレーラーでもバッチリの余裕のスペースだ。
今回はここを根城に美味しい店を食べてまわろうという、壮大な計画である。
さて、本邦初公開・・・ではないが、これが初お披露目となった新しいヘッド車「ハマー2」。
最終日、いきなり電気系の故障が連発してご迷惑をおかけしましたが、なんとか修復した模様です。
歩いていける距離に温泉もあり、車をちょっと走らせれば「青木サザエ店」や「おか田」などの店もある。そして、目の前は海。もうこれ以上ないほどの素晴らしいP泊地だ。ただし海水浴シーズンは非常に混むので、ここでのP泊が可能かどうかは不明。他の海水浴客に迷惑がかからないよう停めましょう。すぐ近くに民宿のような家があるので、騒ぐのは禁物です。
では、さっそく渡り歩いた魚介類のお店をご紹介します。

利用したお店
  青木サザエ店 伊豆の味「おか田」
  治郎鮨

利用した温泉
  伊東マリンタウン・シーサイドスパ 休暇村南伊豆

  みなと湯

伊東・熱海の温泉こちら
 
「おか田」近くの菜の花畑
休耕中の田んぼなのだろうか、とても広い土地に一面の菜の花が広がっていた。きれいなので皆で散策をしてみることにした。
でも、あまりの寒さに、わたしは途中からトレーラーに引き返していた。
伊豆は冬でも暖かいと思っていただけに、今回のツアーの寒さには参った。ましてここは南伊豆である。下田より南にあってこの寒さはちょっと意外だった。
帰る日には雨が降ってしまい、名物の河津桜も寒さに震えているようだった。
これまた楽しげなパパと、ファミレス「ガスト」で買ったワンちゃん入りバスケットを手にご機嫌ポーズ♪ の娘。
楽しげにポーズをとるデビ、上原さん、ブラボーさん夫妻


その2に戻る その4に進む




[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。