前のページに戻る
   その13
 

 ■
平成16年9月11日(土)〜9月12日(日) Vol.125


 場所:新潟県松代町
住 所 新潟県東頸城郡松代町大字松代  пF025-597-2561
アクセス 関越道 六日町IC〜R253
公式サイト http://www.dab.hi-ho.ne.jp/wakaikyh/
料 金 大人3,800円 小学生以下3,300円
1、2号館は薪代で1,050円、冬期は暖房費1,050円、別途かかる。
貸民家というのも聞き慣れない言葉だが、つまり古い民家を丸ごと一軒、貸別荘として貸します、というもの。今回、新潟のアウトドア仲間であるMSRのメンバーさんたちと一緒に宿泊することになった。
このメンバーとは今年5月にも福島潟で一緒にアウトドアしたことがある。中心になって企画・予約などを取り計らってくれたのは、杉江家のキャンプ仲間・りゅうさん。りゅうさんは今年3月に結婚したばかりで、先月は新居を購入した。でもって今月は念願のキャンピングトレーラーも購入し、まさに新しいものゲット尽くし。まさに乗りに乗ってるりゅうさん、ナイスな企画でした。

貸し民家は3号館まであり、今回利用したのは1号館。空きの出た民家をワカイ測量という会社が買い取り、貸別荘として貸し出しているのだそうだ。
なんかここ、来たことあるぞ・・・と思ったら、裏山の様子から建物の雰囲気、間取りに至るまで、福井にある母の実家にそっくりだった。
仲間の女の子も「おばあちゃんちにそっくり・・・」とつぶやいている。誰もが一度くらいは行ったことのある田舎に、ふと帰ってきたような郷愁を覚える意匠だった。
玄関を入ったところにある土間にはかまどが、奥の座敷には囲炉裏があって、黒光りした木の味わいも素晴らしい雰囲気である。

薪風呂が外にあり、その手前に屋根付きのテーブルがある。そこでビールを飲んだりお菓子を食べたりしながら、しばし歓談。ハエがやたらと多いので、対策が必要である。
夜になってハエ取り紙を部屋に吊したら、人間の方がたくさんかかってしまった。
夜は蚊が出てきたため蚊取り線香を炊いたら、みな頭痛を起こした。なにせ一度に5コくらい置いたんだもんね、部屋が白い煙で霞んでいたくらい。田舎に来たら多少の虫は我慢しなくてはいけないですね。(でも凄い数だった)

薪で沸かす薪風呂。野趣にあふれ、眺めも最高。
夜は囲炉裏で水炊き。(りゅうさん作) ビールをついで、かんぱ〜い♪
ご飯を炊くことになり、土間にあるかまどに火をくべる。 お米を入れたお釜を乗せ、火を調節。

じゃ〜ん。ご飯が炊けました。薪でご飯を炊くなんて、初めての体験。少々固かったけど、とってもおいしかった。お焦げもグーだったなぁ。
みな味噌をつけたり塩をふったりして「貧乏くさ〜」と言いながら、むさぼるように食べた。

翌朝、MSRのメンバーと記念撮影。皆さん、とってもお世話になりました。またどこかでご一緒しましょーね!

利用した温泉
 松之山温泉鷹の湯 千手温泉千年の湯
 



 


 ■平成16年9月17日(金)〜9月20日(月) Vol.126


 場所:石川県松任市CCZ海浜公園駐車場
住 所 石川県松任市徳光町相川町   地図
アクセス 北陸道金沢西IC〜約15分
1999年に創設された「キャラバン・メーリングリスト」の第6回全国大会が、今年は石川県で開催された。うちのパパも幹事連の末席に連なり、幹事長の広島@能登さんを中心に打合せオフ・準備オフなどを経てきた。
幹事連の奥村さんが市側とねばり強く交渉した結果、CCZ駐車場を会場として借り切ることができた。しかも、水道と流しの設置、ゴミの処理まで市側が引き受けてくださり、CCZ温泉の無料券まで配布してくださることになった。市民プールもすぐ隣りにあり、コンビニも歩いて行ける距離。これほど好条件の会場を借り受けられるというのは稀なことだが、さらに新聞社まで後援についてくださり、キャラメルの全国大会が報じられるというありがた〜い出来事もあった。
参加台数106台は過去最大規模。たいへん賑やかで楽しいオフ会となった。
前回、CCZで打合せしたときのレポはこちら。温泉も、リンク先を参考にしてください。→平成16年5月CCZ海浜公園駐車場


約3万6千平方メートルの広大な敷地にずらりと居並んだキャンピングカー&キャンピングトレーラー。
CCZ温泉の2階から撮影したもの。
幹事連の奥村@石川さんのダイナスティ・モナコ。とにかくでっかい。壮観。最近金色に塗り直したので「ゴールデン・モナカ」と呼ばれている。この作業の途中、脚立から転落した奥村さんは足を骨折。強引に退院して車椅子での参加となった。本当にご苦労様です。
で、この左側が受付。18日はわたしもここに座って「でむ@大阪」さん、「katamuraママ」、「XFOさんママ」、「広島幹事長おかーさん」らと一緒にお手伝いをさせてもらいました。とっても楽しかったです。受付はすべて女性だったので、「受付美人妻連」と勝手に名乗ってました。
この日は、北海道・小樽で知り合いになった大山@岡山さんご夫妻もご来場。わたしたち夫婦がお誘いしたので8月にキャラメルに入会してくださり、今回の初参加となった次第。我が家と同じハマーにお乗りです。
生ビール100リットルと餃子、岡山銘菓など、手土産と呼ぶにはかなり凄い差し入れを大量にいただきました。どうもありがとうございました。
奥様はたいへんエレガントでチャーミングな方。またぜひ一緒にキャンプをさせていただきたいです。(モノをもらったからヨイショしているわけではありませんヨ〜)


会場のキャンピングカーと、奥の建物がCCZ温泉。
下の画像は、雑談する「ゆうちゃん@天竜」さん、四国の「あやちゃん」、そしてキャラメル発起人「ma-さん」と上原さん(あやちゃんの陰に隠れちゃってます)。
右下は、取材にいらした記者さんと、ギブスも痛々しい奥村さん。
スキヤキの準備にとりかかるHAYA@富山さんたち。網にてんこもりになっているのはシイタケではありません。
マツタケです。富山での打合せオフに続いて、今回もマツタケ入りスキヤキを食べることができて、最高にハッピーなわたくしでした。用意してくださったkatamuraご夫妻、hayaさん、どうもありがとうございました。
イベント編
その1:航空自衛隊小松基地航空ショー
希望者のみ、奥村さんが用意してくれた車で小松基地へ向かったのは、朝の7時。参加者の中にはいろいろな航空ショーを見てきている森田さんのような方もいらっしゃる。わたしは初めてなので、いろいろ教えてもらいながらの見学だった。
この日は前夜の大雨が嘘のような快晴でたいへん暑い。
到着してすぐに滑走路の前に場所取りをしたが、前から10番目くらいの位置。
最初、椅子の上に立ったりして見学していたが、次第に前の人が帰ったり移動したりして場所が空いていく。そのたびに少しずつ前に移動していったら、最終的に前から二番目の好位置を占めることができた。
格納庫で、戦闘機を見学。 コクピット横から見た尾翼。コクピット内は残念ながら撮影禁止だった。
複葉機のアクロバット・チーム「AIR Lock」の岩崎氏がサインをしているところ。
ジェット戦闘機のアクロバットとはまた一味違う曲芸飛行がとても素晴らしかった。「ぶ〜〜ん」というエンジン音もどこかのどかで、心地よい。

訃報:平成17年4月21日午前11時20分、兵庫県豊岡市の但馬空港にて搭乗していた1人乗りの曲芸用小型飛行機が墜落、お亡くなりになりました。また素晴らしい曲芸飛行を観に行こうと思っていただけに、とても残念です。
陸上自衛隊の観測連絡機「OH-6」。最高スピードは241キロだそうだ。はや〜。 新田原基地からの来た飛行教導隊のF-15DJだそうです。

ズラリと並ぶ「ブルーインパルス」チームの7機。実際に飛んだのは6機で、一番向こうに置いてあるのはどうやらスペアらしい。
T-4という機種で、最大スピードは約マッハ0.9(約1,000km/h)。
「ブルーインパルス」は航空自衛隊唯一のアクロバットチームであり、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」の通称。
               (パンフレットより転載)

奥に見えるのが、フライト前の「F15J要撃戦闘機」。日本における主力戦闘機で、世界最強を誇る。このカラーリングは航空自衛隊創立50周年記念塗装機だそうである。

搭乗人員:1名
全長:19.4メートル
最大速度:マッハ約2.5
航続距離:約4,600q


一緒に見学した、キャラバンML全国大会初デビューの「りゅう@新潟」さんご夫妻。アメリカから一ヶ月かけ海を渡ってきたトレーラーが、前日納車になったばかり。
以上の機種名、解説などは一部「MadBase」のMad様のご好意により引用させていただいた箇所があります。どうもありがとうございました。
その2:yosieさんのフラダンス教室

本当のハワイ人と間違えられるくらい完璧にハワイアンなyosie@沼津さんと、レッスンを受ける子ども&おとなたち。底抜けに明るいyosieさんらしい企画でした。

その3:流しそうめん

すでにキャラメル名物となりつつあるか? 杉江パパによる流しそうめん。この長いシューターをトレーラーに積んでくるのは、そりゃあ大変でした。
そうめんを食べるブラボー@府中さん、yosie@沼津さん。 美食ハンター・メグちゃんが、貸し切り状態でそうめんをむさぼっています。

その3:ラジコンカーレース

これもキャラメル名物となりつつあるか? ラジコンカーレースです。これは子どもの部。参加者も景品もたくさんでした。

夜の宴会編

で、さらなるお楽しみは夜ってわけで、お約束の宴会シーン。
これは餃子を焼くAKIRA@栃木さん。美食ハンター・メグちゃんの旦那さんです。

ちょうちんが、いかにもという雰囲気を醸しだしてる宴会場。関東と北陸のメンバーがほろ酔い気分で雑談中。
爆睡中のma-さん。お酒が入るといつも寝ちゃう人です。
鈴木@寄居:かわせみ亭さんのトレーラーを訪問する、りゅうさん夫妻と杉江パパ。このあと、ラーメンを注文して食べました。
鈴木さんは実際にトレーラーでラーメン屋さんを営んでおり、今回は全国大会のために出張してくださいました。

引き継ぎ式
全国大会恒例の、来年への引き継ぎ式が執り行われた。来年の開催地は関東・中部方面と決まり、うちのパパが幹事長をさせていただくことになったため、キャラバンMLのプレートを幹事長・広島さんより引き渡された。(撮影:上原さん)
集合写真 
これも恒例の集合写真。すでに帰った人あり、外出していた人ありで、全部ではありません。わたしたちは小松基地の航空ショーから帰ったとき撮影中だったため、慌てて後ろの方に加わりました。いい位置を確保できなかったので、どこに映っているのやら・・・?  (撮影:西田さん)

で、右が地元の北陸新聞に掲載された記事。すっごいですね〜、これ読むと「キャラバンMLって、なにやらどえらそうな団体だなぁ」って思われてしまいそう。そう、確かにどえらい団体なんです。日本各地離れたところに住むメンバーたちが、まるで昔っからの親友のように集い、飲み明かす。素晴らしいです、キャラバンML!
今回も初めてお会いするメンバーさんがいっぱいで、一度だけではお顔と名前が一致しませんでした。ここに紹介したのがいつも会ってるメンバーばかりになってしまったのがちょっと残念。西の方のメンバーさんとも、もっと交流したかったです。来年の全国大会に向けて、これからさらなる交流を増やしていきたいものです。  (新聞記事提供:katamuraママ)
最後に、この大会の準備に労力の限りを尽くされた幹事長・広島さんを初め幹事連の皆様に、厚くお礼を申し上げたいと思います。無事に終えることができてよかったです。大変お世話になりました。






 ■平成16年9月9日(金)〜10日(日) Vol.127


 場所:神川町広場
住 所 埼玉県児玉郡神川町小浜1341 (この場所をオフ会会場として借りるのは神川町役場から許可をもらってください。温泉施設は関係ありません)
アクセス 関越道 本庄児玉IC〜R462―254経由、約14`
最近、この町営広場でオフ会を行う団体が増えてきたが、ここはキャラバンMLの管理人・上原さんとそのキャンプ仲間が発見し、粘り強く許可申請交渉を行ない、維持に努めてきた場所です。
オフ会開催の許可申請を頂くにあたっては色々な方々にご尽力をいただき、たびたびオフ会を開くようになってからは広場内だけでなく周辺のゴミ拾いもしてきた。キャンピング・トレーラーを牽いてらっしゃる鈴木さんなどは、芝刈りの前の小石拾いまでお手伝いされたという。
そんな利用する側の尽力が、町側にわたしたちを認めてもらえた要因だと思う。が、最近、芝にキャンピングカーを乗り上げて設営したり、走り回ったりする団体がいたり、洗い場にゴミを散乱させたまま帰るキャンパーがいたりする。
少しでも役場や町民の眉をひそめさせるような事態が発生したら、すぐに使えなくなるかもしれない広場だということを、利用する方々は忘れないでいただきたいと思います。

今回は台風接近中の暴風雨の中で行われたため、気づくと一枚の写真も撮っていませんでした。
夜9時に「白寿の湯」に行ったけど、こちらも臨時で早じまい。これには超がっかり。
でも、どんな嵐の時にも宴会だけは怠らない我がキャラメルメンバーのこと、加山@座間さんのドリーバーデンで午前5時まで飲み明かして楽しいひとときを過ごさせていただきました。でも、その無理がたたって、翌夜の宴会はちょっと早めのお開き(それでも午前1時だけど)。楽しい仲間たちとの、楽しいオフでした。

 
 
その12に戻る その14に進む
 
 
 
[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。