前のページに戻る
  その10
 
 
    ■
平成16年7月30日(金)〜8月1日(月) Vol.121
 
 
高杖夏祭りオフ
 場所:会津高原たかつえスキー場
住 所 福島県南会津郡舘岩村高杖原535  Tel:0241-78-2220
舘岩村観光協会Tel:0241-78-2546
アクセス 関越自動車道 湯沢I.C〜約5km、車で約12分
福島県の舘岩村が毎年開催する「会津高原たていわ夏まつり」。この会場からちょっと離れたスキー駐車場を借り切り、「東和遊友倶楽部」、「キャラバンML」他、いくつかのキャンピングカー、キャンピングトレーラーの団体で合同オフを行なうのが恒例となっている。今年ですでに4回目だ。
記念すべき平成13年の第1回開催のとき、まだオフ慣れしていない杉江家も参加させていただいた。このときは土曜日の夜着だったので、すでにお祭りも花火も終わってしまっており、あまり楽しくなかった覚えがある。
その後参加することはなかったが、今年、「キャラバンML」管理人の上原さんより直々に幹事を依頼された。石川さんと共同幹事を引き受けたパパ、がぜん張り切って流しそうめんの準備やら、「Caravan ML」と書かれた横断幕の作成やらにいそしんだ。
台風が東から西へ移動する異常気象の中で心配された天候も晴天に恵まれ、流しそうめん、花火、深夜の露天風呂と大いに楽しむことができた。

たかつえスキー場の横にある「アストリアロッジ」。この向こう側にスキー場があり、こちら側が駐車場になっている。
わたしたちが到着したのは金曜日の深夜。先着していたブラボー@府中さん、AKIRA@宇都宮さんたちと宴会し、翌午前3時に無人の露天風呂へ。
囲いもなく脱衣所もない、ただ風呂桶がありお湯がふんだんに掛け流されている温泉だ。そこで星を見上げながらの混浴。白々と夜が明ける寸前、駐車場に戻って就寝した。


朝の様子。けっこう入っているが、これでまだ半分の入り。これからまだまだ増える。
景色が抜群で、アストリアホテルの周辺には白樺の林もあっていかにも高原らしい風情。早起きしてそぞろ歩いたら素敵だろう。(早起きできないけど)

「キャラバンML」の横断幕。団体ごとに区画が設けられ、ここらへんがキャラメルのサイトである。
今回はオフ初参加というファミリーが多かったが、そうした人たちとの交流はあまりなかったような気がする。オフに参加するようになった最初の1、2年はわたしたちもそうだった。パパはわりとすぐになじんだようだが、わたしはなかなか駄目だった。今ではなんでもないようなことでも、当時はちょっと苦痛だったなぁ。そうした原点に帰ったような高杖オフ、感慨深いものがある。

お昼近くになって、キャラメル・メインイベント「流しそうめん」の準備。
パパはこのためにシューターを造り、アメリカ軍が使うという大火力バーナーを購入。石川さんには本場・讃岐産のそうめんを調達していただいた。

そうめんが流れてくるのを今か今かと待ちかねる子どもたち。でも、まだ麺を茹で始めてもいないんですけど・・・
うちの娘なんか、箸まで入れて待ってる。だから、これから茹でるんだってば〜あ!!


「ハイ、お待たせ〜そうめん入れるよ〜」とお手伝いして下さったのは金子さん。初対面でしたが、ものすごく面倒見のよい方でした。
そうめんの他にはゆで卵も流し、子どもたち大苦戦。箸ですくうのに難航し、卵が跳ねる、跳ねる。(「この卵、生きてるよ〜、パパ!」)
うまく取ってね〜。
まず子どもたち優先ですくってもらい、次に大人も参加。お父さんたちは座りこんで食べてます。石川さんが調達してくれたそうめんはちょっと太めでコシがあり、本当においしいものでした。
「ぼくも!」と金子さんちのサスケくん。 こちらは・・・子守り組。

その夜は8時から花火大会。風向きが悪くて煙が少しかかっちゃったけど、心配された雨もなく、約50分間上がり続けた。キャンピングカーやトレーラーのそばに椅子をだして花火を見られるなんて最高に贅沢。

こういう場所を毎年提供してくださる舘岩村に感謝。そして、今回の合同オフをとりまとめてくださった「東和モータース」の堀さん、「東和遊友倶楽部」の加藤さんにも感謝です。
最後に全団体集合写真を撮って解散。お疲れ様でした〜。
(クリックすると拡大されます。我が家は右端の方です。)

利用した温泉
 高杖温泉露天風呂 白樺の湯
 湯ノ花温泉 湯端の湯 湯ノ花温泉 天神湯
 夢の湯
 

 
帰り道のおそば屋さん
たいへんおいしいお蕎麦でした。ここのご主人も高杖の花火を見に行ったそうです。


塩原の素晴らしい景色
トイレ休憩に立ち寄った駐車場にて。

その横を走り抜けていった一団
絶景に見とれていると、クラクションの音。高杖祭りオフに参加していたキャンピングカーの団体さんが、追い抜きざまに挨拶していったのでした。ずらりと信号待ちした大型キャンカーの列はさすがに圧巻。
 


その9に戻る 北海道キャラバン@へ




[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top] [平成17年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板][HOME]

Copyright(C) 2002〜 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。