H o m e 成11年Top 成12年Top 成13年Top 成14年Top 成15年Top 成16年Top
別キャンプ地一覧 別温泉一覧 こでも温泉 どもと一日遊べる場所 示板
戻る
新野地温泉 相模屋旅館
住 所 福島県福島市土湯温泉町字野地2番地 Tel:0242-64-3624  
アクセス 東北自動車道 福島西ICからR115〜土湯峠方面へ約45分
公式Web http://www6.ocn.ne.jp/~sagamiya/page01.html
営業時間 10:00〜15:00
定休日 無休
料 金 大人500円
泉 質 単純硫黄泉/85.8℃/ph7.3
効 能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病等
施 設 男女別内湯1、露天1、内湯にボディソープ、リンスインシャンプーあり、シャワーなし
TMLオフ会場で受付・案内係の藤原さんお勧め、海抜1200メートルの新野地温泉。アルツ磐梯からは30キロほどの距離だが、かなりハードな峠道を経て、鷲倉温泉、赤湯温泉、新野地温泉へと至る。
磐梯朝日国立公園内にあり、安達太良山塊・箕輪山の北、鬼面山の中腹にあるブナの原生林に囲まれた一軒宿だ。MapFanに新野地温泉は載っていないが、すぐ隣の野地温泉の分家だそうだ。

駐車場はほぼ満車、かなり人気がありそう。近代的な鉄筋コンクリートの建物に入ると、かなりの人が日帰り入浴利用をしている様子だった。温泉の建物は昔ながらのものを使用しており、古い木造の渡り廊下を通って浴室へ向かう。
内湯の脱衣所で脱ぎながら露天風呂を探すが、見当たらない。先客に尋ねると「ここから(脱衣所)、外に出て廊下を左に行くとあるよ。バスタオルを巻いたまま行けばいいのよ」と言う。また服を着るのも面倒なので、構わずバスタオル巻きで屋外へ。木の橋を渡っていると全裸の男の人が前だけタオルで隠してこちらに来る。露天風呂慣れしてくると、こういうのも平気になってくるから怖い。

露天風呂に到着すると簡単な脱衣所があり、年配の女の人が服を着ているところだった。わたしが「あらーここにも脱衣所あったんだぁ」と笑うと、「大胆だわねぇ〜」とおばちゃんも笑う。露天風呂ってコミュニケーションが取りやすくて好き。
お湯はこれまででもっとも白濁度が強いかと思う。硫黄の香りも濃厚で強い。味は硫黄泉そのまんま、酸っぱくも苦くもない、ゆで玉子味。展望が開けているわけではないけど、開放的な露天風呂が大変魅力的だ。混雑する日を避けて、静かに秘湯ムードを楽しみたい温泉だ。

露天風呂の脱衣所。冬だと寒くて辛いかも。やっぱり内湯の脱衣所で脱いで、バスタオル巻きで来たほうがいい。 かなり濃い乳白色の硫黄泉。硫黄の匂いも濃くてサイコ〜。温度があまり高くないのもいい。
目の前にガス蒸気の噴出し口がある。ガス抜きしている豪快なさまが目の当たりにできる。 危惧したほど混んでおらず、露天風呂は意外に人が少なかった。途中から独りになったのでのんびり、まったり。永遠に浸かっていたいと思うひとときだった。
こちらは男湯の露天。男女日替り入替制なんだろうか。女湯の方が圧倒的に雰囲気はよい。 男湯の内湯。こちらは無色透明だが硫黄臭はしっかりとしていた。







高湯温泉 玉子湯
住 所 福島県福島市町庭坂字高湯7  Tel:0264-591-1171 
アクセス 東北自動車道 福島西ICから約16キロ
公式Web http://www.naf.co.jp/tamagoyu/
営業時間 10:30〜15:00(水曜日の午前中は清掃のため不可)
定休日 無休
料 金 大人500円
泉 質 <内湯成分表より>硫酸塩泉(含石膏明ばん硫化水素泉)/47.8度/ph2.7
効 能 リウマチ、皮膚病、神経痛、神経炎、水虫、痔、胃腸病、潰瘍、婦人科疾患、金属中毒症、糖尿病、切り傷、やけど、常習便秘等
施 設 男女別内湯1、露天1、外湯1、内湯に備品・ドライヤーあり
新野地温泉を発ち、磐梯スカイラインを通って高湯へ。この有料道路が1570円とめちゃくちゃ高いのには参ったが、途中の景色は十分に堪能できた。標高の高さと火山性ガスのせいで、二人とも同時に軽い頭痛になった。車の窓を開けていないのに、硫黄臭が強烈に匂ってくる。おまけに急カーブの連続で少し車酔いを起こしながら、高湯温泉玉子湯に到着した。もっと鄙びた秘湯の宿を想像していたが、相模屋を上まわる観光客の多さにビックリ。ツアー客が観光バスで乗りつける近代的なホテル旅館だった。

4階のロビーでお金を払い、エレベータで1階に降りて湯小屋のある庭園に出る。こちらは昔ながらの風情を残し、秘湯情緒満点。ここの温泉は慶長年間に自然湧出しているのを発見して以来、手を加えずそのまま利用しているのだそうだ。
標高が高いせいだろうか、なんだか疲れていたわたしは、湯小屋で少し浸かっただけで旅館内の内湯に髪を洗いに戻ってしまった。本当は湯小屋の近くに露天風呂もあったのだが、気づかなかったのだ。

内湯はこぢんまりと小奇麗な浴室、シャワーがあるので洗髪できてスッキリ。昨日の昼からずっと髪を洗っていなかったからだ。浴槽には透明な硫黄泉が注がれ、大きい湯の花、細かい湯の花が舞っている。注ぎ口から飲んでみると、子どもの頃よく食べたガマズミの実のような、酸っぱい味がする。苦味や渋みはあまりなく、爽やかな酸味だ。
しかし注がれる湯量は少なく、掛け湯などで汲み出してしまった後なのだろう、浴槽から溢れだすには至っていない。浴槽は男湯とつながっており、男湯で誰かが浸かると少し溢れるが、上がるとお湯嵩が減るという始末で、なかなか掛け流し状態にならない。他の階にもお風呂があるし、浴槽数がこれだけあると湯量が足らないのだろう。お湯の汚れが気になり、鮮度という点では今ひとつのような気が。ちょっと物足りなさを感じた。

スカイラインから見た景色。火山性ガスのため、木が生えない荒涼とした景観が広がる。かなりワイルドな峠道が続くため、あまり小さなお子さん連れにはお奨めできない。 観光バスでどんどこ人が押し寄せる混雑ぶり。
若い女性に人気があるのだろうか。
創業以来130年もそのままの形を留める湯小屋と、その内部。昔ながらの共同湯のよう。
野天風呂「天翔の湯」 最近できたという足湯
湯小屋の隣にある源泉。しめ縄がかけられ、
大切にされている。







スパアルツ おおるり
住 所 福島県耶麻郡大字更科字清水平6838-2  Tel:0242-73-5300
公式サイト http://www.alts.co.jp/spa/ooruri.htm
営業時間 ●夏期(4月〜)10:00〜21:00
●冬期(スキー場営業期間)10:00〜22:00
●冬期深夜営業22:00〜翌8:00(特定日のみ)
定休日 ●夏期:毎週月曜日
●冬期:アルツ磐梯スキー場営業期間中は無休
料 金 大人:1500円 小人(小学生以下):700円
冬期深夜利用(21:00以降)追加料金:1500円
泉 質 ナトリウム-塩化物強塩泉/85.8度/ph7.9/
効 能 神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、痔病、切傷、やけど、慢性皮膚病等
施 設 温泉浴槽1、ジャグジー等あり、露天1、サウナ1、備品あり
土曜日の夜、一家揃って入浴したアルツ磐梯スキー場の温泉施設。お隣のサイトの二人の姉妹も同伴した。こういう田舎にしては法外な料金だが、わたしたちオフ会の参加者は無料で入ることができた。オフの幹事さんのご尽力に感謝する。
お湯はまったく期待していなかったものの、意外なことに薄茶色のお湯が掛け流しで、肌触りツルツル。ぬるめの露天風呂も同じお湯で満たされていた。独自源泉を近くに持っているそうだ。ただ本当に掛け流しかというと、正真正銘とは確信できない。成分表に湧出量が書いていないし、半循環かなぁという気もする。

追記:平成16年元旦、スキーで再訪したため、今度はお金を払って利用。高い。こんな料金を取りながら、シャワーの故障がやたら目立つ。それでいて「故障中」の表示もなく、従業員不足・メンテナンス不足の現状に腹だたしいことこの上ない。
おまけにロビーは喫煙者天国で、待合用のソファの前には煙がくすぶる灰皿だらけ。湯上り直後に喫煙者の吐き出す煙を浴びて、タバコ臭くなってしまった。まったく癒されない。
で、お湯の方だが、露天風呂では塩素が少し匂った。内湯も以前のようにツルツルを感じないが、単に感覚の問題かも。温度が高すぎて、すぐのぼせる。

ロビーのゲームコーナーでスマッシュホッケ
ーをやる子どもたち。あると必ずやるほどの
ファンなのだ。







翁島温泉 玉の湯旅館
住 所 福島県耶麻郡猪苗代町磐根2336-7  Tel:0242-65-2611
アクセス 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原ICから8km10分
営業時間 不明
定休日 不明
料 金 大人500円
泉 質 単純炭酸鉄泉/ph7.2
効 能 神経痛、リウマチ、痔疾、胃腸病、皮膚病、婦人病、外科疾患等
施 設 男女別内湯1、備品なし
スキー場から道を下って猪苗代湖方面に向かった辺りには、けっこう温泉マークがあったりする。いい温泉を紹介してくださる藤原さんの口に上らない温泉地は果たしてどんなんだろう、もしかしたら掘り出し物があるかもしれないと、夫婦二人で立ち寄ってみた。
あまり高級感のない(失礼)建物で、玄関は広い。丁寧に応対していただき、お風呂の場所を教わって浴室に向かう。入り口は結構、温泉らしいあつらえになっている。
浴槽もまずまずの大きさで雰囲気も悪くない。シャワーもちゃんとある。お湯は無色透明、無味無臭。肌触りに何の特徴もない。炭酸泉ということで期待して入ったが、泡付きもない。鉱泉なので沸かしているからだろうが、本当にこれ温泉なの? と思うくらい温泉らしさがまったく感じられない薄いお湯だった。
しかも浴槽の底に吸水口があり、強く吸われている感覚が。手で押さえると、注ぎ口のお湯がピタリと止まった。お湯嵩はまったく増えていかないし、循環は間違いないが塩素臭はしない。まあこういうハズレもたまにはあるさ・・・と思い直し、すみやかに次の温泉地へと発った。従業員に若い女の子が多く、みな丁寧に挨拶して見送ってくれた。








磐梯高原リゾートインぼなり
住 所 福島県耶麻郡猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855 Tel:0242-64-3333
アクセス 磐越自動車道 猪苗代磐梯高原IC〜R115を福島方面、中ノ沢温泉街へ
公式Web http://www.bonari.or.jp/(音楽が鳴ります。かわいいHP)
営業時間 10:00〜16:00
定休日

第1・第3水曜日

料 金 大人500円
泉 質 硫化水素含有酸性明礬泉/源泉温度57度/ph 1.85/蒸発残留物2636mg(1kg中)
効 能 慢性皮膚病、月経障害、虚弱児童、慢性婦人病、胃腸病、リウマチ等
施 設 男女別内湯1、露天1、備品あり
6キロ離れた安達太良山の中腹からパイプでお湯を引いている。噴火による多数の死者を出しながらも、21年の歳月を経て完成した大工事だという。ここ中ノ沢温泉と隣りの沼尻温泉へは同じ湯が配湯されている。日本で四番目の湯量を誇る硫黄泉だそうだが、とてもそうは思えない物静かな温泉街だった。
「ぼなり」というのは地名らしい。勤労者保養センターの宿だが、意外によいお風呂だった。内湯・露天ともに掛け流しで、特によしずに囲まれた露天風呂の風情がいい。深夜に男女入れ替わりとなるそうで、川に面した「かわせみの湯」の方が断然、野趣に富んでいる。

お湯はわずかに白く濁った硫黄泉で、ガマズミの実のような爽やかな酸っぱさ。真っ白ではなく透明で、硫黄臭はさほど強くない点が草津の湯を思い出させる。ph1.85というのも、草津でもっとも強酸泉である万代鉱源泉に匹敵する酸度だ。細かい小さな湯の花がたくさん舞っている。

男湯の内湯。
左、男湯の露天風呂「やませみの湯」。右が女湯の露天風呂「かわせみの湯」。いずれも後か
ら造られたもので、内湯から短い階段を降りて渡っていくようになっている。


以降は群馬県です






根古屋温泉センター
住 所 群馬県吾妻郡東村岡崎字根古屋309-1 Tel:0279-59-3361 
アクセス 関越自動車道 渋川伊香保IC〜R35を小野上、中之条方面へ。右側に二箇所、看板がある
ので、そこを右折
営業時間 11:00〜23:00
定休日

毎週月曜日

料 金 大人400円 小人250円
泉 質 ナトリウム-塩化物泉/34.2度/ph.8.1/成分総計1540mg(1kg中)
効 能 慢性皮膚病、月経障害、虚弱児童、慢性婦人病、胃腸病、リウマチ等
施 設 男女別内湯1、露天1、備品あり
小野上村温泉センターの駐車場でオフをした時、「入ったことない温泉に行こう」と、アイタスカさんの奥さん、ブラボーさんの奥さん、としざきさんの奥さんを誘い、女ばかり4人で根古屋温泉センターをめざした。(小野上の温泉には皆さん、入ったことがあるから)

ここは掲示板友だちのよしかさんご推奨の温泉。名前に「温泉センター」とつくため豪華な建物を想像しながら車を走らせる。R35号線沿いに現れた道案内の看板には「根古屋乃湯」と書かれている。左折し、細い道を下って「根古屋乃湯」前に到着したが、建物は「センター系」とは少々おもむきが違う様子。門の看板にも「センター」の文字がない。ここじゃないのかなぁ、と前を素通りして別な温泉を探すが、どうやら今のところしか温泉はなさそう。
あれこれ探して時間を消費するのも嫌だったので、すぐさま引き返して駐車場に車を乗り入れる。たぶんここなんだろう・・・と思いながら荷物を持って建物に歩いていくと、玄関前に出ている看板に「根古屋温泉センター」の文字が。R35号線に二箇所看板が出ているが、いずれも「センター」の文字がない。これでは違う温泉と思ってしまうのも無理はない。

玄関を入り、受付でおのおのお金を払う。脱衣所にロッカーがあるか尋ねると、受付の若い男性は「500円で鍵を貸します」と言う。返すときに500円はバックされるというのを、どこかのWebページにあったので迷わず借り受けた。
ここの露天風呂は景色が素晴らしいと聞いていたので、内湯の洗い場で体を洗い流すと、露天へ直行。左右に目隠しの仕切りがあるので限られた視野だが、確かに絶景。車で走っていたときは、こんな見晴らしのいいポイントだとは思わなかった。崖の上にでも建っているのだろうか、正面やや右寄りに赤城山と赤城高原の稜線がなだらかに続いているのが見える。なるほど、これだけの絶景が拝める露天は、なかなかそうはない。番傘の形をした屋根もついていて、全天候型だ。
ぬるめのお湯に体を沈めると、真っ先に硫化水素の匂いが鼻につく。ちょっとドブ臭い匂いと紙一重だが、温泉好きには堪えられない匂いだろうかも。しかもお水で薄めていない、掛け流しだそうだ。
この湯温だと冬は厳しいかもしれないが、暑い時期にはありがたい、まさに適温。アイタスカさんの奥さんたちと長話をしながら、30分以上浸かっていた。それくらい浸かりっぱなしでも全然のぼせない、心地よいお湯だった。

一見、普通の民家風の建物。 女湯の露天風呂。なかなか素晴らしい眺め。右奥の東屋へも行けるが、男湯から丸見えになる。







金島温泉 富貴の湯
住 所 群馬県渋川市川島99-1 Tel:0279-23-0001 
アクセス 関越自動車道 渋川伊香保IC〜R35を小野上、中之条方面へ約15分
関越自動車道 赤城ICより10分
公式web http://www4.ocn.ne.jp/~horikatu/
営業時間 夏:10:00〜21:30(最終受付21:00)
冬:10:00〜21:15(最終受付20:50)
定休日 毎月15日(土日・祝日の場合営業。翌日休)
料 金 大人400円 小人200円(2時間)
泉 質 カルシウム・ナトリウム-塩化物泉(中性低張性低温泉)/33.1度/ph6.75
成分総計2.44g(1kg中)/湧出量170リットル(毎分)
効 能 関節痛、神経痛、うちみ、慢性皮膚病等
施 設 男女別内湯1、露天1、備品なし、休憩所あり
ここの看板は草津や小野上の行き帰り、353号や35号線沿いに何箇所か出ている。これまで何度も目にし、そのうち行こうと思いながらも、なんとなく後回しになっていた。小野上でのオフを解散したあと思いついて、新潟から来たりゅうさんと一緒に立ち寄ることにした。
35号線から横道に入ってすぐ、吾妻線金島駅隣りという、利便性の良いところにさりげなく佇んでいた。大きな看板に反して、比較的地味で小さな建物だ。広い駐車場を備えているがトレーラーは停められないので、前の道路に路駐させてもらった。
ここは平成7年に、(有)平成クリエイトというセメント会社の社長が、会社と関連会社の社員、家族の福利厚生のために設立したのだそうだ。一般にも開放され、利用することができる。(駐車場の隣りがセメント工場)

玄関と受付は小ぢんまりとしていて、庶民的な雰囲気。受付の小窓の中に愛想のいいおじさんとおばさんが1人ずつ。券売機ではなく、直接、現金を支払うというのも好ましい。
脱衣所もほどほどの広さ、内湯も10人ほどが入れるくらいの細長い浴槽。緑がかった薄い茶色のお湯が掛け流されていて、ほっこり。湯質は、ここから6キロほどのところにある伊香保温泉と似ている。肌触りはわずかにツルスベ。湯口に置かれたコップで飲んでみると、やや塩味、やや鉄味といった印象。伊香保の源泉のように鉄臭くて飲めないというほどではない。人が浸かるたびにザーッとお湯が溢れ、小気味がいい。

露天風呂に出てみると、柵際にアジサイなどの植物が植えられ、小さな庭園風のつくり。周囲を柵で囲まれているので展望はない。10度加温しているという張り紙があるが、ぬるめなのでゆっくり浸かれる。
少し不満なのは、洗い場にシャンプー・ボディソープの備えがなく石鹸のみということ。民間で低料金を実現するためには仕方ないのかな。わたしはどこへ行くにも(例え新幹線の旅行でも)洗面カゴを持参するからいいけど、手ぶらで立ち寄った人は不便かも。
脱衣所には温泉の「自然度」を示す日本温泉協会のプレートが掲げられており、それによるとここ富貴の湯は完全放流式、加水なし、加温ありだそうだ。「温泉の利用に関する項目」は源泉、泉質、給湯方式、加水など、すべてにおいて「適正」を示す二重丸がついていた。どこの温泉でもこのプレートを掲げ、お湯の正体をはっきりとさせてほしいものだ。

帰るとき、受付のおじさんが外に出てきて、笑顔で見送ってくれたのが印象的。トレーラーがUターンしようとしているのを見て、広い場所がこの先にあるからと教えてくれた。

左側に飲泉所があり、大小いろいろなペットボトルが用意されている。気軽に持ち帰れるようにという配慮なのだろう。 ヒノキと石のタイルの浴室。ここは男湯だが、女湯も左右対称で同じ造り。
露天風呂。 これが今年から日本温泉協会が導入した、加熱、加水の有無などの「自然度」を表示した看板。お目にかかるのはここが初めて。これが掲げられていることからも、ここのオーナーの温泉への理解の深さを窺い知ることができる。



戻る


[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。