H o m e 成11年Top 成12年Top 成13年Top 成14年Top 成15年Top 成16年Top
別キャンプ地一覧 別温泉一覧 こでも温泉 どもと一日遊べる場所 示板
戻る
館の川 矢板温泉
住 所 栃木県矢板市館ノ川695-28  Tel:0287-43-4100  
アクセス 東北道 矢板Cから4.8キロ、約5分
Webサイト http://www.tabite.net/inn/htm/100834a.htm
営業時間 10:00〜22:00
定休日 不定休
料 金 大人500円 小人300円
泉 質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉温度:72.7℃  ph8.9  湧出量 125.3リットル/s 残留蒸発物 2,829r/kg
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 男女別内湯1、露天1、備品あり、休憩所あり、夏季はプールあり
ここの温泉の駐車場の一角がオートキャンプ場となっており、そこでP泊させてもらった。民営の施設だが、キャンプ料金は取られなかったので、通常料金がいくらかはわからない。
温泉は、以前はぬめりのある個性的なお湯だったようだが、ほとんど無味無臭、肌触りにも特徴が見られなかった。ただ高温の天然温泉が注がれた温泉は、お湯がとても新鮮。露天風呂はやや湯温がぬるく、外気温が低いため長湯できる。

横に貸山荘が併設されている。 湯気がすごくて露天は写真がうまく撮れなかった。
これは内湯。







矢板温泉 城の湯温泉センター
住 所 矢板市川崎反町295 Tel:0287-44-1010   
アクセス 東北道 矢板ICから県道30・242号経由、5km
営業時間

9:00〜20:30

定休日 第1・3月曜日
料 金

大人400円 小学生・65歳以上300円、小学生未満無料

泉 質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉   源泉温度 73.5℃   ph8.1
残留蒸発物 2,813r/s
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 男女別内湯2、露天1、備品あり
上の「館の川 矢板温泉」から車で数分のところにある公共の日帰り温泉施設。内湯は塩素の匂いのする循環湯だが、露天風呂は掛け流しと思われる。喜連川温泉によく似た、灯油のような匂いのモール臭がうっすらと漂う。おそらく稀釈されて薄くなっているのだろうが、なかなかいいお湯だと思った。

広大な田園地帯の中に立つ建物。 温泉スタンドもある。
男湯内湯。 同じく男湯露天風呂。







喜連川温泉 町営露天風呂
住 所 栃木県塩谷郡喜連川町喜連川871-1 Tel:028-686-5047  
アクセス 東北道 矢板ICから約15分
営業時間

通 常 期   8:00〜21:00
12月〜2月 9:00〜21:00

定休日 第2月曜日
料 金

大人300円 小人150円 乳幼児は無料

泉 質 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉名 喜連川温泉第2泉   湧出量 225リットル/分
源泉温度 50.1℃   ph7.8   残留蒸発物 10490r/s
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 男女別露天1、備品なし
露天風呂のみの町営施設。脱衣所から屋根のついた通路を通り、露天風呂へ。途中に洗い場があるが、「洗髪禁止」と書かれてある。禁止されなくても、これだけ寒ければとても髪など洗っていられない。さっと掛け湯して、広々とした岩風呂に身を浸す。茶色のような緑のような黄色いっぽいお湯が掛け流されており、強力な油臭がする。これが喜連川の匂いである。しかも非常にしょっぱい。
以前行った「早乙女温泉」は白濁した硫黄泉だが、やはり塩辛い油臭のするお湯。見た目は違うが味と匂いは同じで嬉しくなってしまった。肌触りはややツルツルする程度だが、肌がなめらかになる。
入浴客はほとんどが地元のおばちゃんたち。賑やかな会話が飛び交う中、雪見温泉を楽しんだ。








喜連川温泉 町営もとゆ温泉
住 所 栃木県塩谷郡喜連川町喜連川6620-1 Tel:028-686-3284  
アクセス 東北道 矢板ICから約15分
営業時間

7:00〜21:00

定休日 第1月曜日
料 金

大人300円 小人150円

泉 質 含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉名 喜連川温泉第1号、第3号混合泉  湧出量 365リットル/分
源泉温度 48.6℃   ph7.8   残留蒸発物 2,813r/s
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 男女別内湯2、露天1、備品あり、休憩は有料
正面玄関に温泉開発を推進した町長の銅像がある。循環との事前の情報があったが、内湯の一つは掛け流し。緑がかった黄色いお湯は、やはりしょっぱく、油の匂い。露天風呂も同様で掛け流し。塀で囲われていて周辺の展望はないが、澄んだ青空を眺めながらの入浴は気分がよかった。








町営喜連川城
住 所 栃木県塩谷郡喜連川町喜連川5478 Tel:028-686-3633  
アクセス 東北道 矢板ICから約15分
営業時間

8:00〜21:00

定休日 第3月曜日
料 金

大人300円 小人150円 *乳幼児は無料

泉 質 含硫黄‐ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)
源泉名 喜連川温泉第1号、3号混合泉  湧出量 365.0リットル/分
源泉温度 48.6℃   ph7.8
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 男女別内湯1、備品あり、休憩は有料
地味な喜連川町の唯一の観光地「お丸山公園」のタワーの足元にある温泉施設。「お風呂はいいからコーヒー飲んで休憩したい」と言う主人に、「入場券を買わないと入れないよ」と言うと、受付の人が「どうぞ休憩所に行って休んでください」とおっしゃってくださる。気さくで親切、しかも低料金。とっても嬉しい。
浴室の方は、せっかく展望のよい立地条件でありながら、露天風呂がないのには少し物足りない。窓ガラスは湯気で曇って、なにも見えない。ただお湯を重視するならば、他の町営施設の中ではもっともよいお湯のように思った。黒い湯の花もチラホラと見え、なかなか濃い感じ。お湯が熱いので長湯できないのが残念。

高台にある高さ40メートルの喜連川スカイタワーは、喜連川町の至るところから見ることができる。 その側にあるお城を模した温泉施設。ここお丸山公園は足利氏の末裔である喜連川氏の城があった場所だ。
浴槽の中央から熱いお湯がこんこんと
溢れだしている。







道の駅きつれがわ温泉・クアゾーン
住 所 栃木県塩谷郡喜連川町喜連川字辻畑4145-10 Tel:028-686-8180
                                         
アクセス 東北道 矢板ICから約15分
営業時間

10:00〜23:00(クアゾーンは21時まで)

定休日 第4月曜日
料 金

大人500円 小人300円 *乳幼児は無料

泉 質 含硫黄‐ナトリウム-塩化物泉(硫化水素型)
源泉名 喜連川温泉第4号泉  湧出量 250.61リットル/分  ph7.0
源泉温度 71.7℃
効 能 腰痛、筋肉痛、むち打ち症、五十肩、神経痛、関節痛、皮膚病、創傷、アトピー、やけど、動脈硬化、痛風、婦人病等
施 設 温泉施設:男女別内湯2、露天1、備品あり
クアゾーン:流れるプール、子どもプール、寝湯、ジェットバス、樽風呂、電気風呂等
道の駅にある温泉とクアゾーンの施設。500円という低料金で両方利用できる。6歳の娘はなんと無料である。わたしは水着を持ってこなかったので500円でレンタルし、子どもたちに付き合った。
クアゾーンの規模は今まで行ったことのあるどのプールにも及ばない小さなもので、滑り台もない。それでも子どもたちは大喜び。わたしは寒いのでほとんどジャグジーに寝そべっていたのだが、喜連川温泉独特の油臭のする天然温泉で、半循環だろうが、オーバーフローもされていた。ここで温まり、また子どもたちが遊ぶプールに戻るというのを繰り返し、1時間ほど遊び、今度は温泉へ。
内湯は循環だが、露天はしっかり掛け流し。「飲めません」と書いてあったが、ちゃんと掛け流しになっている。稀釈されているのか、「もとゆ」などに比べたら色も匂いも薄め。でも低料金でプール遊びできて、洗髪して温まれて、なかなかいい施設。遅くまで温泉に入れるのもポイント高い。ここでP泊するのも便利でよいと思った。

 ■クアゾーン


これが天然温泉使用のジャグジー。

  温 泉


外を喜連川が流れ、上空をトビが何羽も旋回している。露天風呂のすぐ上にも飛んできて、見上げなが
らの入浴になった。







芦野温泉
住 所 栃木県那須町芦野1461 Tel:0287-74-0211     
アクセス 東北道 那須ICよりから14キロ、約20分
公式サイト http://www.asinoonsen.co.jp/
営業時間

8:00〜21:00

定休日 無休
料 金 大人1,500円(午後4時から630円)
小人500円(午後4時から300円)
泉 質 アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性低温泉)  源泉名 喜連川温泉第4号泉
ph9.8  源泉温度 28.67℃  成分総計 224r/s
効 能 神経痛、関節痛、筋肉痛、脳卒中の後遺症、貧血症、慢性胃炎、貧血、胆石、糖尿病、通風等
施 設 男女別内湯1、薬湯2、露天1、備品あり、休憩所あり
「母と一緒の温泉」というキャッチフレーズで有名(?)な芦野温泉。新聞紙面でも、息子が老いた母を背負っている広告が時おり見られる。親を連れて行きたくなる温泉なんだそうだが、廊下の壁一面に張られた「病気が治った」という体験談がそれを裏づける。それらの体験談を読むと、新聞や雑誌の広告でよくある「みるみるガンが治った!」というような文章を思い起こさせ、思わず苦笑した。
では、それだけ数々の病を治すお湯がどうかというと、肌ざわりがヌルヌルする他は、ごく普通のアルカリ泉といった印象。味は「苦いタマゴ味」。
わたしはヌルヌルのお湯が好きなので、そうしたお湯を求めていろんな温泉に行っているが、その点ではまずまず。白馬八方温泉と同じようなお湯で、最初はヌルヌルするが体を洗った後はそうでもなくなる。これは肌の角質層を重曹成分が溶かしてしまうからだろう。
他に人参臭い薬湯風呂があり、そちらの方が薬効は高そう。午後2時〜3時は薬湯のお湯と薬を入れ替えるので利用できなくなるので、注意したい。
露天風呂もあるが、周囲を壁に囲まれていてなにも見えない。芦野温泉ホテルが改修中のため、重機の姿が見えたりする。お湯はよいが料金が高いのが玉にキズ。ここを訪れるときは午後4時以降にすべきだった。

賑やかな神社のような入り口。 温泉の入り口。 玄関前の飲泉所。
アルカリ泉の内湯。 薬湯の浴槽。 アルカリ泉の露天風呂。



戻る


[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。