H o m e 成11年Top 成12年Top 成13年Top 成14年Top 成15年Top 成16年Top
別キャンプ地一覧 別温泉一覧 こでも温泉 どもと一日遊べる場所 示板
他の伊豆の温泉はこちら
駒の湯源泉荘
住 所 静岡県田方郡韮山町奈古谷 055-9490-3091 
アクセス 東名道 沼津ICよりR1〜R136経由、約17キロ
公式WEB http://www.komanoyu.jp/
営業時間 9:30〜19:00(18時受付終了)
定休日 無休
料 金 大人300円 小人200円(カラスの行水コース:40分)
泉 質 アルカリ性単純泉
源泉温度 38.8℃  ph9.1  湧出量209リットル/分
効 能 疲労回復、美肌効果、高血圧、手術、ケガの後遺症等
施 設 内湯 男性5つ、女性3つ
男女別露天風呂各4
混浴露天風呂(冬季は休止)
備品なし
目的地の熱海温泉に向かうため、沼津インターチェンジから車を走らせていると、「畑毛温泉」の看板が目に入った。ちょっと立ち寄ってみようと、看板に従って左折してみる。しばらく走ると、こじんまりとした温泉街に行きついたが、気軽に日帰り入浴できそうな宿が見あたらない。あとで調べてみたら、畑毛温泉は源頼朝が馬の疲れを癒したという、知る人ぞ知る名湯だそうだ。
そのまま走りすぎたところで、「駒の湯源泉荘」の大きな看板。「日帰り300円から」という文字に、そちらにすることに決まった。畑毛温泉からさらに1キロほどである。田園地帯を抜け、山のほうへ少し登っていく。「源泉荘」の隣りには廃業したらしい「奈古谷温泉」という看板の旅館もある。
「源泉荘」には斜面に作られた駐車場が3つある。意外なほどたくさんの車が停まっていて、驚く。温泉を汲みだすタンクを写真に撮りながら、旅館の建物へ。玄関は広く、人の出入りも多い。
料金を支払って浴室へ。廊下を進んで左に露天風呂への階段、右側に女湯がある。まず内湯だが、ぬるめと熱め、泡風呂の3つがある。いずれも塩素の匂いが鼻につくが、オーバーフローされている。循環させているような吸水口は見つからない。「源泉掛け流し」を認定する表彰状が飾られており、どうやら非循環のようだ。箱根の弥坂の湯がそうだったように、保健所から無条件に塩素投下を指導されているのかもしれない。浴室の張り紙には、「全部の浴槽は同じお湯」というようなことが書いてある。
お湯の質はどうということもない特徴のないものだが、露天風呂の雰囲気はまあまあよい。女湯には薬湯の「はっか湯」と2つの浴槽。山に接しており、ただ木の幹が眼前にあるだけの景色だが、それなりに野趣に富んでいる。

女湯に比べると明るくて広々とした男湯。
男湯の露天風呂。







熱海後楽園ホテル
住 所 静岡県熱海市和田浜南町10-1 0557-82-0121  
アクセス 東名厚木 I Cより小田原厚木道路〜熱海、下田方面
公式WEB http://www.atamikorakuen.com/top.html
営業時間 11:00〜15:30
定休日 無休
料 金 大人1600円(以上3項目は未確認なので、確認してからご利用ください)
泉 質 カルシウム・ナトリウム・塩化物泉
源泉温度 55℃  ph7.7  残留蒸発物 18.33g/kg
効 能 慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、神経炎、傷創、痛風、慢性皮膚炎、疲労回復等
施 設 タワー館「海望の湯」・・・男女別内湯、露天風呂
みさき館「山望の湯」・・・男女別内湯、露天風呂
備品・ドライヤー・タオルあり


取引先の忘年会がここの宴会場で開かれるため、夫婦二人で宿泊して参加してきた。
それはもう極めつきの超大型・豪華ホテルで、いつになくゴージャスな気分。迷子になりそうなくらい広くて、”タワー館”と”みさき館”とに分かれている。
それぞれの館に大浴場があるが、宿泊料金は”タワー館”の方が高く、温泉のお湯の使われ方も少々違う。
まず昼間、わたしたちの部屋のある”みさき館”の3階、「山望の湯」に入る。山側にあるためか、照明が暗いためか、全体的になんとなく薄暗い印象。内湯は塩素の匂いがする循環式。露天も吸水口ありの循環湯だが、塩素臭はしない。ただし、古臭い水の匂い(植木鉢にたまった水のような)がして、あんまり鮮度じゃなさそう。露天風呂とはいえ、展望もあまりない。崖の緑がちょっと見えるくらいだ。
それでも静かな雰囲気を独り楽しんでいたのだが、おばちゃん3人組がわーっと突入してきたので、すごすごと退散した。
この日は雲ひとつない晴天で、海は素晴らしいコバルトブルーに輝いている。こんな美しい海、まるで南の島に来ているみたい。
そういえば、熱海は日本のハワイとも呼ばれていた時代もあった。(今でもか?)
大きなバナナの木、花をつけ巨大化したアロエ、パームツリーなどなど南国ムードいっぱいの熱海。近年、宿泊客の減少、お湯の枯渇化など暗い話が聞かれているが、もっと日本のハワイとしての道を突き進んでいって欲しいものだ。
さて、夜は宴会だ。建設業会の集まりなので、参加者は男の人ばっかり。女性はわたし一人、コンパニオン付きの宴会なのでちょっと居心地が悪い。
でも、コンパニオンさんがわたしにもいろいろと配慮してくれて、けっこう楽しかった。こうしたプロの人の気配りってすごいなと思う。
余興の「トリビアの泉」にコンパニオンさんも参加して、大いに盛り上がる。参加者がおのおの出題し、「へぇ」数を競うもので、わたしたち夫婦は5位を獲得しました。
そのあとは冬の花火大会。ロビーからも正面玄関前からも大変よく見え、ブラボーな眺めでした。
花火を見ながら車に乗り、熱海駅前通りへ。前回行ったことのある「駅前浴場」と、かねてより行ってみたかった「福島屋旅館」で入浴。
ホテルに戻り、最上階のラウンジでカクテルをいただく。場違いにも浴衣姿の二人だったが、きれいな夜景を眺めながらの一杯はやっぱり最高の気分。
そのあと、”タワー館”5階にある「海望の湯」へ行ってみた。入り口には「宿泊客以外はご遠慮ください」という注意書きがある。日帰り入浴客は「みさき館」のみのようだ。それでも絶対に、こちらの「海望の湯」の方がお薦め。晴れた日には遠く房総半島が臨め、手前には真鶴半島がせりだす絶景。夜は沖合いの漁火を眺めながらの入浴で、これまたムードよし。
脱衣所に入る手前に「日本温泉組合」が発行する「天然温泉利用証」が掲げられ、それによると「放流一部循環濾過式、加水(冷却)、加温あり」と書かれて
いる。要は循環なのだが、塩素の匂いはせず、わずかだがオーバーフローしていた。加水 もしているので塩分は薄め。長時間入っていても、それほど温まる感じはしない。だが、露天風呂で海を眺めながら出たり入ったりを繰り返し、いい気分だった。
それに備えつけのボディソープ、シャンプー、コンディショナー、石鹸がオレンジ・オイル入りのシリーズで揃えており、みかんの香りがとっても素敵。タオルも使い放題で、脱衣所には冷却水も完備。泉質は駅前の共同湯や旅館に劣るが、設備の充実ぶりはリッチな気分に浸れる。
翌朝、部屋の窓から見た景色。あ〜南国気分。
(寒かったけど)
帰り際、ホテルの正面玄関を撮影。バブリ〜な気分が味わえる、素晴らしいホテルでした。また泊まりたい!

熱海温泉のいわれ

太古の昔、熱海湾のあたりは富士山火山帯の東端に位置し、最後まで活動の激しいところだったため、海はいつでも暖かかった。西暦491年、海中よりお湯が噴出し、湾内の海水が熱湯となった。
この状態が長く続いたので、いつしかこの岬一帯は「熱海(あつうみ)が崎」と呼ばれるようになり、陸地にもお湯が湧き出したので、郷の人は湯治の湯として利用するようになった。
時を経、多くの人がこの地を訪れるようになり、いつしか「あつうみ」が「あたみ」と呼ばれるようになったとか。







福島屋旅館
住 所 静岡県熱海市銀座町14-24  0557-81-2105  
アクセス 電車・・・JR東海道本線熱海駅より徒歩2分
車・・・東名高速道路厚木ICより60分
営業時間 10:00〜19:00
定休日 不明
料 金 大人300円
泉 質 カルシウム・ナトリウム・塩化物泉(泉質分析表の掲示なし)
効 能 慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、神経炎、傷創、痛風、慢性皮膚炎、疲労回復等
施 設 男女別内湯1、備品なし、シャワーなし
非常に鄙びた、古い温泉旅館。駅前浴場の前の坂を下ったところにある。夜9時ごろ訪れて入浴を請うと、快く入れてくれた。浴室の壁などは「鄙び」を通り越して、もうボロボロ。脱衣所に使われている木材なども黒びかりしており、なんとも味がある。ドアのカラフルな彩りも、なかなかマニア心をそそられてしまう。地元の人たちが銭湯がわりに利用しており、脱衣所には洗面道具のキープがある。
浴槽は二つあるが、ひとつはお湯が抜かれていた。熱海らしく、熱くて塩っからいお湯が掛け流しになっている。わずかに濁りのある、無色透明なお湯だが、匂いがなんとも強烈。貝がくさりかけたような、磯の香りなのだ。先に入ってきた駅前浴場とも違う、個性あふれる匂い。さすが後楽園ホテルのような加水した循環湯とは違うわ、と感心したが、先客の女性によると、配湯管の中に溜まった温泉の析出物が出す匂いだろうとのこと。お湯本来の匂いじゃないの?と少しガッカリ。
先客の女性とおしゃべりに花が咲き、後楽園ホテルに泊まっていると話すと、「後楽園ホテルに泊まってて、なんでこんな所に来たの?」と不思議がられた。彼女は熱海に住んでて、家には温泉が引かれているそうだ。
わたしが「なぜ家に温泉があるのに、ここへ来たんですか」と聞くと、「たまには他の温泉がどんなか知りたくなって」との答えだった。それにしても羨ましい。熱海は冬でも比較的温暖で、過ごしやすい土地。そこへよく暖まる温泉が家に引かれていたら、もう鬼に金棒。老後は熱海に住もうか・・・いつになく真剣に思った。
とにかくよく暖まるという点では、後楽園ホテルとは比較にならない。とても濃いお湯で、匂いの正体はともかく、熱海でもっとも気に入ったお湯だ。

女性を表す女偏の字が書かれた、脱衣所への扉。 棚があるだけの脱衣所。
男湯。 お湯のアップ。レトロな丸いタイルが透けて見える。




他の伊豆の温泉はこちら



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。