H o m e 成11年Top 成12年Top 成13年Top 成14年Top 成15年Top 成16年Top
別キャンプ地一覧 別温泉一覧 こでも温泉 どもと一日遊べる場所 示板
戻る



みろく温泉元湯
住 所 金沢市横山2−24 076-221-8096                   
営業時間 PM13:00〜PM23:30(日曜・祝日は10時から
定休日 火曜日
料 金 350円
泉 質 ナトリウム−塩化物炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)/泉温39.6度/湧出量419リットル/pH8.00
効 能 慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症
設 備 男女別内湯2、備品なし、シャワーあり
ルネス金沢の温泉が予想外によかったので、他の施設も確かめたいと思い、金沢城下へと向かった。今年の大河ドラマ「利家とまつ」の影響か、金沢城周辺の駐車場あたりでは交通渋滞が起きていた。
兼六園の坂の下の方にあるここ「みろく温泉」、なぜか接骨院と同じ場所にある。どうもコインランドリーなどと一緒の多角経営らしい。
浴場は昔懐かしい銭湯風で、番台がある。浴槽は小さい内湯が一つで、左側に薬湯、右側が源泉と仕切られている。紅茶色というよりコーヒー色の源泉は、期待通りのヌルヌルすべすべ。ヒノキの香りがして、舐めるとしょっぱい。番台のおかみさんに尋ねたら、お湯は半循環で、すぐ裏に源泉があるそうだ。それにしても、このヌルヌルは癖になる。毎日入りたい。完全な掛け流しだともっといいな。

追記:平成15年8月9日再訪
デジカメで撮影した画像を消去してしまったため、執念の再訪。前回、おかみさんに洗い場の隅にある蛇口から源泉が出るよと言われてたのを思い出し、上がり湯に使わせてもらった。下の画像は、再訪したときに撮影しなおしたもの。

交通量の多い道路沿いにあり、知らなければ通り
過ぎてしまうような間口。
奥へ進むとこうなっています。
浴槽はこれだけ。左端の浴槽は真湯のよう。
あとはほとんど洗い場で占められている。






兼六温泉
住 所 金沢市暁町18−36                               
営業時間 14:00〜23:00
定休日 金曜日
料 金 300円
泉 質 「みろく温泉」とほぼ同じ
効 能 きりきず、やけど、慢性消化器病
設 備 男女別内湯1、露天1、備品なし、シャワーあり、ドライヤー有料
名前に反して、「みろく温泉」より兼六園から離れた場所にある。表通りからちょっと住宅街の方に入ったところに建つ。やっぱり番台のある銭湯風だが、新しい印象を受けた。
こちらは露天風呂付きで、池かと思うような小さい箱庭風。ぬるくて心地よかった。内湯は小さな浴槽が二つ、ザァザァと掛け流しになっている。浴槽内に吸い込み口がなかったので循環ではないと思われるが未確認。「みろく温泉」のような、ヒノキ臭や塩味は感じられなかった。
帰り際、下駄箱の鍵を紛失して大騒ぎをやらかした挙句、財布の中から見つかるという呆れた結末だったが、おかみさんの終始親身な応対には頭が下がる思いだ。北陸の人って、本当に親切だ。

追記:平成15年8月9日再訪
上の「みろく温泉」と同じ理由で再訪した。入り口あたりはごくあっさりとした雰囲気でなんでもないのだが、脱衣所に入るとこれぞ銭湯! といった風情でノスタルジーを感じる。番台の人は前回、中年の女性だったが、若い女性に替わっていた。上にヒノキ臭は感じないと書いたが、しっかり匂った。ヌルヌルぶりも健在。総合的にみて、金沢市内ではここが一番好きな温泉だ。

簡素な造りの温泉銭湯。 入り口を入った上がり口。
脱衣所の目の前がいきなり露天風呂。でも、なぜか誰も入っていない。 内湯。二層に分かれており、手前側は浅め、向こう側は少し深めになっている。注ぎ口の向こう側には「源泉」という文字が刻まれている。
脱衣所の壁には、こんな掘削風景を映した
写真が掲示されていた。










児童科学館 エンゼルランドふくい
住 所 福井県坂井郡春江町東太郎丸3-1 0776-51-8000              
公式HP http://www.angelland.or.jp/
アクセス 北陸道 丸岡ICより約20分
営業時間 9:30〜17:00(夏季は18時まで)
休館日 月曜日(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)
年末年始(12月28日から1月4日まで) ※臨時に休館・開館する場合がある
料 金 スペースシアター、プラネタリウム、全天周映画 大人500円 小中高生250円 
幼児100円
展示エリア 大人100円、高校生以下は無料
春江町の文化センター「ハートピア春江」の隣にある、子どものための科学館。宇宙飛行士・毛利衛さんが名誉館長を勤めている。(お父さんが隣町、丸岡町のご出身という縁かららしい)
プラネタリウム、プレイエリア、宇宙と科学のなぞときゾーン、サイエンスラボ、コンピュータ教室、太陽と風の砦・屋外広場などなど、とても楽しい催し、体験が一杯。科学好きの息子はすっかり気に入ったようだ。







セントピアあわら
住 所 福井県坂井郡芦原町温泉4丁目305番地 0776-78-4126       
公式HP http://www.mitene.or.jp/~saintpia/
営業時間 10:00〜22:00(最終受付は21:30まで)
定休日 毎週火曜日、元日と二日
料 金 300円
泉質 ナトリウム・カルシウム 塩化物泉(弱アルカリ性低張性温泉)/40.3℃
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
設備 男女別内湯2、サウナ、備品あり、シャワーあり
非常に前衛的な超近代建築物を前にして嫌〜な予感。施設にお金をかけた温泉で、掛け流しだった例はあまりない。予感は的中、見事に塩素臭ただよう循環湯だった。芦原温泉は名湯として有名と聞いていたのでけっこう期待していたのだが、なんの特徴もない循環湯に失望。

     ピラミッドみたいな外観 温泉についての展示物があり、お湯への期待を掻き立ててくれるのだが・・・










榛名湖温泉ゆうすげ
住 所 群馬県群馬郡榛名町榛名山845-1 027-374-9131
公式HP http://www7.wind.ne.jp/yuusuge/
アクセス 関越道 渋川伊香保IC〜伊香保温泉〜榛名湖
営業時間 10:00〜19:00
定休日 無休
泉 質 ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉/37.2度
料 金 400円
設 備 内湯1、シャワー、備品あり
「ゆうすげ元湯」の方は新しい建物で、二年前はそっちに行った。「元湯」という名に反してお湯は循環で、塩素臭が漂っていた。今回訪れた「ゆうすげ」の方は少し見劣りする建物ながら、掛け流しの極上湯だった。榛名湖に面した展望風呂からの眺めは大変よい。が、湖からも見えてしまうわけで、釣り船に乗って釣りをする振りをして覗きを働く不届き者もいるので、ご注意を。

”覗き魔”騒ぎで外観の撮影を失念したため、平成15年1月25日に改めて撮影。 内湯の撮影は、8月15日のリアルタイムのもの。



戻る



[平成11年Top] [平成12年Top] [平成13年Top] [平成14年Top] [平成15年Top] [平成16年Top]
[県別キャンプ地一覧][県別温泉一覧] [トレーラーってなに?] [子どもと一日遊べる場所][掲示板]

Copyright(C) 2002−2004 Clara 画像、記述内容などすべての転用を禁じます。